とうとう五十路になりました ~ いなきち

出会えてちょっと嬉しい虫たち

ここ数日の間に、出会えてちょっと嬉しかった虫をご紹介します。


e0308416_17444455.jpg
【山原】 NIKON D4 / SIMGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F14.7(F20)・1/160 / ISO640 / RAW

e0308416_17444453.jpg
【山原】 NIKON D4 / SIMGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F14.7(F20)・1/160 / ISO800 / NIKON R1C1 / RAW

ムラサキシジミ。
珍しいチョウではないと思いますが、平地にある家の周りでは全く見られません。
標高が少し高い山原では、柑橘系の木の傍でかなり見かけることが多いです。

フラッシュ有り無しで撮り比べてみました。
今回のシチュエーションでは、フラッシュ有りの方が見た目に近い色合いだと思います。
ただし、フラッシュ無しは日向、フラッシュ有りの方は完全な日陰だったので、そのあたりが描写に影響した可能性が大です。


e0308416_17520500.jpg
【山原】 FUJIFILM X-T1 / XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS / F4.8 AE / ISO320 / JPEG(PROVIA)

e0308416_17521237.jpg
【山原】 NIKON D4 / SIMGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5.7(F7.1) AE / ISO160 / NIKON R1C1 / RAW

サトキマダラヒカゲ・・・だと思うのですが、100%の確信は持てません。
いずれにしろ、このようなジャノメチョウやマダラチョウは、街中では全く見られないので、見つけると途端に嬉しくなります。
この手のチョウは日陰が好きなようで、やや撮りにくいのが難点です。


e0308416_18010911.jpg
【山原】 NIKON D4 / SIMGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F7(F8)・1/640 / ISO500 / RAW

ナガサキアゲハ。
山原でもあまり出会うことがないチョウですし、出会えたとしても、写真に納めることは難しいでしょうね。

道を歩いていて急に二頭が目に入ってきたので、慌てて撮りました。
ピントがイマイチだったのが残念っ。


e0308416_18041682.jpg
【山原】 NIKON D4 / SIMGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F9.6(F13) AE / ISO800 / RAW

ミヤマアカネ。
そこそこ珍しいトンボじゃないかと思いますが、山原のある場所に行くと、かなりの確率で見ることができます。
詳しい場所はヒ・ミ・ツ、うふ。


e0308416_18074807.jpg
【山原】 NIKON D4 / SIMGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F17.1(F25)・1/200 / ISO1600 / NIKON R1C1 / RAW

e0308416_18074843.jpg
【山原】 NIKON D4 / SIMGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F17.1(F25)・1/125 / ISO1600 / NIKON R1C1 / RAW

ネキトンボ。
かなり鮮烈な赤色をしているので、遠くからでもよく目立ちます。
この色は、フラッシュを焚いた方が綺麗に出ると思います。


e0308416_18114658.jpg
【下野緑町】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F19.8(F36)・1/200 / ISO800 / NIKON SB-910 / RAW

e0308416_18114660.jpg
【下野緑町】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F19.8(F36)・1/200 / ISO800 / NIKON SB-910 / RAW

このハチ、バイパス脇にある側道の植え込みで見つけたのですが、色々と調べたのですが同定まで至っていません。
どうやら、ルイスアカマルハバチではないかと思うのですが・・・

パソコン内の未同定フォルダには、今現在で439枚の写真が収まっています。
果たして、ゼロになる日が来るのであろうか・・・


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-09-02 18:20 | 昆虫たち | Comments(11)
Commented by mjiiji_hbaaba at 2014-09-02 20:48
こんばんは

SB-910での光の当て方はどうされてるのですか?

私には、逃げられるの覚悟で直接ということくらいしか思いつきません ^^;
Commented by slowhanded at 2014-09-03 21:13
あの鮮やかな赤とんぼさんはミヤマアカネという
名前でしたか。φ(□□ヘ)メモメモ

そういえばアサギマダラもそろそろ飛来する時期
ですかねぇ。^^
Commented by inakichi88 at 2014-09-03 22:30
mjiiji_hbaabaさん、

ワタクシが昆虫にSB-910を使う場合は、100%直射です。
リモート発光にも対応しているフラッシュですが、悠長にセッティングしている暇が無く、そのままダイレクトに当てています。
ただし、ほとんどの場合に、KENKOの影取ジャンボを付けて、光を虫の下などに回るようにしています。

もっとも、150mmクラスの望遠レンズでTTL調光を使う場合、光の直進性が高いため、ディフューザの効果はそれほど高くはないので、ワイドパネルでも目的は果たせるかも知れません。
Commented by inakichi88 at 2014-09-03 22:33
mjiiji_hbaabaさん、続きです。

複眼構造をしている昆虫のほとんどが、フラッシュ光には無反応か、少し嫌がる素振りを見せるだけで、逃げることはありません。
複眼はたくさんの目の集まりですが、一つひとつの受光量は極端に少ないため、光に対しての反応が少ないからだと考えています。
ただし、セセリチョウなどのチョウの一部や、ハエ・アブの一部には、光に対して非常に感度が良い虫もいます(個体差もありますが)

虫の場合、光よりこちらの動きに敏感なので、近寄ることができればフラッシュ撮影は容易です。
Commented by inakichi88 at 2014-09-03 22:36
slowさん、こんばんは。

鮮やかな方は、ネキトンボだと思います。
かなり鮮烈な赤なので、一度見たら忘れられませんね!

以前slowさんに、アサギマダラは丸子でよく見かけると教えて頂きましたね~。
今年こそは撮ってみたいものです。
Commented by mjiiji_hbaaba at 2014-09-03 23:01
inakichi88さん

こんばんは

へ~~~そうなんですか! ご説明、なるほど!と勉強になりました

私も、ライト持ち歩いて真似してみようと思います

ありがとうございました
Commented by みき♂ at 2014-09-04 04:03 x
こんにちは。
ナガサキアゲハ、左が♂、右が♀のようですね。なかなか♂♀同時に撮れることはないので、良い瞬間を撮られたと思います。
自分も撮ってみたいです。
Commented by kame3z at 2014-09-04 23:02
これは、珍しい昆虫ばかり !
貴重なショットですね !!
ストロボも上手に使いこなされています。
どうも、私は苦手と言うか、ろくな写真が撮れません。

それにのしても、ムラサキシジミ、実に美しいですね !
以前、自宅裏の雑木林で撮影しましたが、
今年はかなりの木が伐採され、薄日を好む昆虫は殆ど見掛けなくなりました。
残念です。。。
Commented by inakichi88 at 2014-09-07 20:44
mjiiji_hbaabさん、こんばんは。

フラッシュではなくライトですか?
う~ん、ライトにも色々あるかとは思いますが、大抵は光量不足で、超クローズアップ時などを除けば、ほとんど役には立たないと思います。
フラッシュを使いこなされた方がよろしいかと思います。
Commented by inakichi88 at 2014-09-07 20:46
みき♂さん、こんばんは。
ご無沙汰しております。
ナガサキアゲハのご教授、ありがとうございます。
この時はナンパの最中だったのですね(笑)

不意に来たのであれこれ考える暇が無かったのですが、それが却って良かったのかも知れません。
Commented by inakichi88 at 2014-09-07 20:47
フォトンさん、こんばんは。
ムラサキシジミは本当に美しいです。
宝石よりずっと美しいと思います。

ワタクシの家の周りも、随分と開発が進み、自然がどんどん無くなっています。
このように気軽に昆虫が捕れる時代は、もうすぐ終わってしまうのかも知れませんね・・・
<< 再びチョウを... 本日の虫たち(9月1日) >>