とうとう五十路になりました ~ いなきち

タグ:XF 56mm F1.2 R ( 17 ) タグの人気記事


XF 56mm F1.2 R の新型が出るそうで

FUJIノンレンズの中でも評判の良い、56mm/F1.2を使っていると、時々背景がうるさく感じることがあります。


e0308416_23024506.jpg
【高橋公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F3.6 AF / ISO320 / RAW

e0308416_23024536.jpg
【葵区・曲金】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F4 AF / ISO200 / JPEG(PROVIA?)


そう言えば、このレンズの新型が出るようです。
決して安くはないレンズを無理して買った身としては、すぐに後継?レンズを出すなんて、少々複雑な気分なのですが、新型はアポなんとかと言うボケの滑らかさをコントロールする機構が付くとか・・・

ん?そう言えばソニー機を使っていた時に、一時期アポなんとかレンズをを使っておりましたね~。
ちょっと昔のフォルダを漁ってみましょうか。


e0308416_23073130.jpg
【島崎町】 SONY α900 / SONY 135mm F2.8 [T4.5] / T4.5 AE / ISO200 / RAW

e0308416_23073140.jpg
【撮影地不明】 SONY α900 / SONY 135mm F2.8 [T4.5] / T6.3 AE(+0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_23073193.jpg
【撮影地不明】 SONY α900 / SONY 135mm F2.8 [T4.5] / T4.5 AE / ISO200 / RAW

e0308416_23073200.jpg
【撮影地不明】 SONY α900 / SONY 135mm F2.8 [T4.5] / T4.5 AE(-0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_23073295.jpg
【撮影地不明】 SONY α900 / SONY 135mm F2.8 [T4.5] / T4.5 AE(-0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_23073183.jpg
【撮影地不明】 SONY α900 / SONY 135mm F2.8 [T4.5] / T6.3 AE(-2.3) / ISO200 / RAW


もう前のことなので、使用感などあまり覚えていませんが、ボケが滑らか過ぎて違和感を覚え、手放してしまったのでした。
しかし改めて見ると・・・これは良いですねぇ(笑)

このレンズはMFレンズでしたので、中望遠域ではピントの歩留まりが悪く、運用は結構面倒くさかったのですが、今度出る56/1.2の後継?レンズがAFなら、買っても良いかなと思い始めたりして・・・(爆)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-09-26 23:16 | 路傍の花 | Comments(4)

傍観者と代弁者

人様が撮られたスナップ写真を拝見していて、感じたことがあります。

スナップ写真は、
 1.被写体を淡々と、ありのままに捉えた写真。
 2.被写体が見るものに語りかけている声が聞こえる写真。

大ざっぱに言って、その2つに分類されるような気がするのです。

e0308416_21000898.jpg
【岡町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F5.6 AE / ISO400 / RAW

e0308416_21013468.jpg
【銀座】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F4.5 AE / ISO250 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21014571.jpg
【入江】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2.8 AE / ISO640 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21015496.jpg
【岡町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F1.8 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(PROVIA)


例えば一般的な風景写真などは、前者1に相当するのではないでしょうか。
もちろん風景写真でも、壮大な風景を前にして、自然の雄大さとか神秘さなど、撮り手が伝えたいことを考えながらシャッタを切っているとは思います。
でも、後者2と決定的に違うことは、後者2が被写体を擬人化しているということじゃないかと思うのです。
被写体の視点に立つ、或いはそのものになりきる、と言うことは、明らかに自分と同等の意識を持つものとして扱っています。
被写体が人間の場合は、その人の感情を写真に納める、静物を撮る場合は、擬人化して声なき声を写真で伝える・・・
言ってみれば、被写体の代弁者になると言うことだと思います。

対して前者1は、言わば傍観者の視点、と言ってしまうとちょっと違いますでしょうか。「傍観者」には、主体性が感じられませんから。
言いたいことは、被写体に強く寄り添わず、或いは同化せず、少し離れた冷めた視線で写真を撮っているのではないか、と言うことです。
そして、写真を見る者に物語を紡がせる・・・
そんな気がするのです。


e0308416_21351597.jpg
【上】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2.8 AE / ISO400 / RAW

e0308416_21351576.jpg
【入江】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F1.4 AE / ISO400 / RAW ※トリミング


e0308416_21351555.jpg
【相生町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21351476.jpg
【岡町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F5.6 AE / ISO640 / RAW


2つの内、分かりやすい写真は、「代弁者」の方でしょうね。
撮り手の言いたいことが間違い無く伝わるかどうかは分かりませんが、「撮り手が写真を通して何か言いたいことがありそうだ」、とは分かります。

問題は「傍観者」の方。
一見すると、たわいもない光景を写真に納めただけのように思えることが多いからです。
その理由は、撮り手に感性や技術がないのか、はたまた鑑賞者にも感性や眼力がないからか・・・

ま、ワタクシの写真に限って言えば、感性と技術の欠如以外の何物でもありません。。。
実に、実に残念です(涙)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-09-24 21:43 | 清水区散歩 | Comments(6)

美術館で考えたこと

今日は、久しぶりに県立美術館に行ってきました。
お目当ては、「アニマルワールド-美術の中のどうぶつたち」展。
ほとんど下調べせず、タイトルだけで見ようと決めました。


e0308416_20334120.jpg
【静岡県立美術館】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + ND8 / F2.8 AE / ISO800 / JPEG


現代絵画があるかと思っていたのですが、さにあらず。
展示物の大半は、屏風と掛け軸でした。

もちろん、いにしえ人の素晴らしい作品ばかりで、大いに堪能しました。
特に、渡辺省亭画伯の「十二ヶ月花鳥図」が気に入りました。
四季豊かな日本の自然を、見事な観察眼と卓越したタッチで描かれていたことに、素人ながら感銘を受けました。


e0308416_20441167.jpg
【静岡県立美術館】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + ND8 / F5.6 AE(+0.3) / ISO2500 / JPEG


ところが、中にはどうしても納得できない作品がありました。
例えば、武者が乗った馬が走っているところを描いた掛け軸の解説には、「素晴らしい躍動感が表現されている」とありましたが、ワタクシは全然躍動感を感じませんでした。
また、アゲハチョウが飛んでいる掛け軸には、「チョウの立体感・存在感が素晴らしい」とあったものの、やはりそのようには見えませんでした。

この絵は、誰もが名前を知っている超有名な絵師が書かれたので、ワタクシの鑑賞眼がおかしいのは間違いありません。
絵画にはそれほど造詣が深くないからだろうと思うのですが、それにしても、何故このような感想を持ったのか・・・


e0308416_20523606.jpg
【静岡県立美術館】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + ND8 / F2 AE / ISO200 / JPEG


二つの掛け軸をじっと見ていたワタクシは、ふとあることに気が付いたのでした。

被写体の精細感がないゾ。
被写体の後に背景が何も描かれていないぞ、と。

それに続けて思ったことは、
「ワタクシって、絵画を写真のように見ていないかしら?」

・・・
そもそも、「被写体」なんて言葉を使うこと自体、写真鑑賞的な目で見ている証拠ですね(笑)


e0308416_21020348.jpg
【静岡県立美術館】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + ND8 / F5.6 AE(+0.3) / ISO640 / JPEG


要するに、被写体の解像度(笑)ばかりに注目し、絵が持つ雰囲気を感じることができない・・・
立体感をボケた背景とシャープな被写体で表現することに慣れてしまい、写実的な雰囲気(3D的表現)を絵画に求めている・・・
そんな気がします。


e0308416_21091889.jpg
【静岡県立美術館】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + ND8 / F3.6 AE(+0.3) / ISO400 / JPEG


う~む・・・これではイカンのではないでしょうか。
昔はもっと純粋に絵画を楽しんでいた気がしますもの。

写真を趣味なんかにしたのがいけなかったのか。
それとも、カメラやテレビなどの媒体に慣れすぎたせいなのか。
はたまた、ジジイになるに従って即物的になってしまったのか・・・

何となく、自分にガッカリした展示会行でした、まる。


e0308416_21143050.jpg
【高橋1丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + ND8 / F2.8 AE / ISO320 / JPEG


ま、ガッカリは横へ置いておいて、X-T1とこのレンズの組み合わせは久しぶりでしたが、相変わらず良い感じです。
何と言っても、解像感が素晴らしい!!

あ、即物的!(爆)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-08-02 21:34 | 駿河区散歩 | Comments(8)

ネタがな~んにもありません

毎回毎回「暑いぃ~」と叫ぶのは、いささかみっともないとは思いますが、暑いものは暑い。
特にワタクシの場合、頭頂部がかなり薄くなってきており、直射日光が文字通り「直射」する訳で、正常な皆様方より数段暑さを余計に感じる理屈。
ま、写真なんて撮る気になれるはずがございません。

よって、いつも通り蔵出しです。
季節感がずれている場合がございますが、大した写真じゃないので見逃して下さい。


e0308416_23292053.jpg
【八坂北】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + CANON 500D / F8 AE / ISO400 / JPEG

e0308416_23292957.jpg
【北脇】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + CANON 500D / F2 AE(+0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_23293885.jpg
【撮影場所不明】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F4.8 AE / ISO200 / JPEG

e0308416_23293401.jpg
【高橋1丁目】 FUJIFILM X-T1 / VIVITAR 135mm F2.8(M42) / ISO1250 / RAW

e0308416_23294283.jpg
【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F4.8 AE / ISO200 / JPEG

e0308416_23294607.jpg
【鶴舞公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F11 AE(+0.7) / ISO3200 / RAW

e0308416_23294930.jpg
【二の丸町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F8 AE / ISO400 / JPEG

e0308416_23295219.jpg
【北脇】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F1.2 AE / ISO4000 / RAW ※トリミング


マクロシーズンになってからは出番が少ないX-T1ですが、やはり良い色が出ていますね。
もう少し使ってやらないと、とは思うのですが、たまに写欲が湧く時は、ついついデジイチを持ち出してしまいます。
我ながらもったいないなぁ・・・


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-07-16 23:42 | 清水区散歩 | Comments(7)

忘れていた訳では無いけれど・・・

ワタクシのX-T1。
決して忘れていたり、ないがしろにしていた訳ではありません。
がしかし、この時期はマクロがメインになるので、あまり出番が無いのです。

今日は時折降る小雨の中、久しぶりに持ち出して見ました。
(以前撮り溜めていた写真も含みます)

e0308416_21115229.jpg
 【高橋3丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2 AE(+1.3) / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21125776.jpg
 【高橋3丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2 AE / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21132488.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55mm-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F4.5 AE / ISO200 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21134459.jpg
 【高橋1丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 55mm-200mm F3.5-4.8 R LM OIS + VILTROX EXTENSION TUBE / F8 AE / ISO400 / JPEG(PROVIA)

PROVIAモードで撮ると、花の色がとても綺麗に出ます。
とても自然な色合いで好感が持てますが、PRO NEG. HI で撮った方が、実は本物に近い色合いなんじゃないかと多います。


e0308416_21213016.jpg
 【能島】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F8 AE / ISO800 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_2122219.jpg
 【八坂西】 FUJIFILM X-T1 / XF 55mm-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F5.6 AE(+0.3) / ISO400 / JPEG

e0308416_21225671.jpg
 【高橋3丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2.2 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_212324.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55mm-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F8 AE(+0.7) / ISO400 / JPEG

撮っていてとても楽しいカメラとレンズ達ですが、出番が多くなる秋口までは、今しばらくは防湿庫でゆっくり休んでいてくださいな。

・・・ちょっともったいないなぁ。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-06-28 21:27 | 路傍の花 | Comments(6)

早く秋にならないかなぁ(笑)

とうとう恐れていた夏が来てしまいました・・・

ん?
ひょっとして、まだ来てないの?(爆)


e0308416_22295029.jpg
 【静岡市役所】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F5.6 AE / ISO200 / JPEG(トイカメラ)

e0308416_22295238.jpg
 【静岡市役所】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F2.8 AE / ISO200 / RAW

そう言えば、夏の前には、あの鬱陶しい梅雨がやってくるのでした。
それを考えると、今からとても憂鬱になります。

秋までは、メタボには辛い季節が続きます。
撮れる写真には、心なしかそんな気持ちが表れているようです。


e0308416_22343532.jpg
 【飯田町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + CANON 500D / F1.2 AE(-0.7) / ISO200 / JPEG

e0308416_22353553.jpg
 【入江1丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2.2 AE(+0.7) / ISO400 / RAW

56mmでの街中スナップは楽しいのですが、やはりもう一歩寄れたらなぁ、と思います。
クローズアップレンズやエクステを併用すれば良いのですが、一々付けたり外したりするのが面倒くさいのです。

となると、より撮影倍率が高い32mmの出番が増えることになりますね。


e0308416_2240134.jpg
 【高橋東バス停】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F1.8 AE / ISO200 / JPEG(PROVIA)

e0308416_22411622.jpg
 【高橋1丁目】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F1.8 AE / ISO400 / JPEG(PROVIA)

e0308416_22465242.jpg
 【高橋南町】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F2 AE / ISO400 / RAW

それにしても、ちょっと前までは、街中スナップでこんなに絞りを開けて撮らなかったんですよ。
フルサイズだと、F5.6とかF8ばっかり。。。

我ながら、どんな心境の変化なのでしょうか。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-05-28 22:47 | 路傍の花 | Comments(6)

Zeissのコク、Fujiのトーン

分かった振りして言っちゃいますけど、

「Zeissで撮るとコクが出る、Fujiで撮るとトーンが豊か。」

同じものを撮り比べた訳では無いけれど、そう思うんですよね~。


e0308416_21131185.jpg
 【大手】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F2.8 AE(-1.3) / ISO400 / RAW

e0308416_21154239.jpg
 【大手】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F5.6 AE(-0.7) / ISO400 / RAW

e0308416_21171493.jpg
 【撮影場所不明】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F2.8 AE / ISO200 / JPEG

e0308416_2118197.jpg
 【高橋4丁目】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F5 AE / ISO400 / RAW

ZEISSのこのコクって、何なんでしょうね。
色の「濁り」と言えるかも知れませんが、その正体はよく分かりません。

すぐ上の車が写っている写真、RAW現像で色々調整してはありますが、本当に好きな色が出せました。


e0308416_21231949.jpg
 【天王西】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + CANON 500D / F2 AE(+0.3) / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_21232665.jpg
 【能島】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F1.4 AE / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21233174.jpg
 【JR清水駅東口】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2.5 AE / ISO400 / RAW

e0308416_21233361.jpg
 【JR清水駅東口】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F1.2 AE(-0.7) / ISO400 / RAW

こちらも、すぐ上の灯籠の写真がお気に入りです。
我ながら、夕暮れ時の寂しい雰囲気が出せたかな、と思っています。


どちらのレンズも撮影を楽しませてはくれますが、どちらかと言うと、ZEISSの方が撮っていて充実感を覚えるかな。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-05-21 21:32 | 清水区散歩 | Comments(6)

街歩きにはどちら? 32 or 56

X-T1用の32mmと56mmレンズ。
街歩きに持って行くならどちら?

そりゃあ32mm(換算48mm)の方が、色々な場面で使い勝手が良さそうです。
ワタクシが散歩する環境は、寄れないことより引けないことの方が多いので、本当は換算35mmや28mmの方が都合が良いかな、とも思います。

いえいえ、56mmも外せません。
確かに画角的な使い勝手は32mmに一歩譲るとして、被写体の存在を際立たせるならこちらが得意です。

じゃあ、2本持って行けば良いのじゃないかしら(笑)


e0308416_20122188.jpg
 【入江2丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F4 AE / ISO200 / 内蔵フラッシュ / RAW

e0308416_2018635.jpg
 【江尻台町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2.8 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PROVIA)

e0308416_20201447.jpg
 【江尻台町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F5.6 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(PROVIA)

e0308416_20201635.jpg
 【江尻台町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

このレンズで撮る時は、どうしても被写体をメインとサブ(背景)に分けて考えてしまいます。
そうすると、主従関係をハッキリさせるために絞りを開けて撮ることが多くなります。
画角は違いますが、広角マクロと同じような表現ですね。

絞りを開けても合焦部は鮮鋭で、ボケが滑らか。
大変良いレンズだと思うのですが、緻密さや凝縮感は画像からはあまり感じられません。

例えばすぐ上の古い民家の写真。
淡々とした描写で、あまり人の息吹が感じられません。
生活が凝縮した感じでは無いのですね。

何でだろう・・・?
ワタクシの撮り方の問題だとは思うのですが。。。


e0308416_20323752.jpg
 【高橋4丁目】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F3.6 AE(-0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_20323958.jpg
 【高橋南町】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F2.8 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PROVIA?)

e0308416_20324168.jpg
 【浜田町】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F2.8 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_20324367.jpg
 【上】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F6.4 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

対してプラナー君は、絞りを開けた場合はそれほど目を惹く写りではないものの、よく見ているとじんわり来ます。
バランス重視、でしょうか。

ところが、F4を超えるあたりから、一見してキレが出てきます。
いえ、キレと言うよりはズドーンと腹に響く写り、と言った方が似合っていますね。
何と言うか、こう見える物全てをギュッと濃縮して写し込んだ感じです。
だから、人の匂いまで感じるのですね。


と言った感じで、どちらのレンズも素晴らしい写りですが、ワタクシ的には32mmの方が、使っていてうより楽しさを感じますね。


あ、ちなみにキティーちゃんの写真は、民家では無く無人のモデルハウスです。
盗撮のご心配は無用です(笑)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-05-12 20:45 | 巴川散歩 | Comments(8)

クモのお仕事

クモは特別好きな虫ではありません。
ハナグモなどは可愛いので好んで写真に撮りますが、ジョロウグモなど大型のクモとなると、それほど撮る気が起きません。
でも、クモの貯蔵庫に関しては、観察するのが面白く、感心しながら眺めることがあります。

どうやったらあのように糸を操れるのでしょうか。
もはや芸術に近いものがあると思います。


e0308416_2141525.jpg
 【下野】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F8 AE(+0.3) / ISO1600 / JPEG(PROVIA)

まぁこの程度なら、左官屋さんならやってのけるかも・・・いや、左官屋さんじゃなくて縫製屋さんかな(爆)
しかし、もっと高度な作品があります。


e0308416_21443548.jpg
 【八坂東】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F8 AE / ISO1400 / RAW

う~む、これはお見事ですね。
実に立派な貯蔵庫です。

が、上には上がいるもので、真に芸術的なのがこちら↓。


e0308416_21465511.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F8 AE(+0.7) / ISO500 / 内蔵フラッシュ / JPEG(PROVIA)

これだと、イマイチ状況が分かりませんね。
それでは拡大して見ましょう。


e0308416_2148365.jpg


こ、これは!
噂に聞く「亀甲縛り」じゃないでしょうか(笑)
必要最低限の糸で、よくぞまぁここまで縛り付けたものです。
アラーキーに紹介してあげたい被写体ですね~

ちなみに、この写真を撮ったちょうど一週間後に同じ場所に行ったら、まだそのままでした。


e0308416_21521971.jpg
 【秋葉山公園】】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F6.3 AE / ISO100 / NIKON SB-910 / RAW

ひょっとして、貯蔵したまま忘れちゃったのかしら。

ワタクシの家内も、食材を冷凍庫に保存したまま数ヶ月放置、なんてことがありますもの。
クモだって忘れることもありますよ、ね(笑)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************

[PR]

by inakichi88 | 2014-05-08 21:54 | 昆虫たち | Comments(10)

さらばゴールデンウィーク

明日で終わりですね、お休みも。

ワタクシはちょっとした仕事が入ったりして、結局どこへも行けませんでした。
そして明日も仕事の関係で、家からそれほど離れることができません。
まぁ、日頃が休みみたいなもんだから、仕方が無いと諦めるしかありませんね~。


e0308416_21105383.jpg
 【江尻台町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F5.6 AE(-0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_21115820.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + CANON 500D / F2.8 AE(+0.7) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

e0308416_2114931.jpg
 【高橋1丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2 AE(+0.7) / ISO400 / RAW

e0308416_2114625.jpg
 【高橋公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F5.6 AE(+1.0) / ISO400 / JPEG(VELVIA)


当初は違和感を覚えた換算85ミリの画角にも、段々と慣れてきました。
慣れてくると、街中でも意外と使いやすいのですが、それでももう少し広角よりの方がワタクシには合っているように思えます。


e0308416_2118690.jpg
 【高橋1丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + CANON 500D / F1.2 AE(-1.0) / ISO400 / RAW

e0308416_2118980.jpg
 【銀座】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + CANON 500D / F1.2 AE(+0.7) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

e0308416_21181154.jpg
 【高橋1丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F4.5 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

e0308416_21181349.jpg
 【天神】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + CANON 500D / F1.2 AE / ISO6400 / JPEG(VELVIA)


クローズアップレンズを付けても、マクロレンズに比べれば驚くほど被写界深度が深いので、ピント合わせにもそれほど不安は覚えません。
画質も全くと言って良いほど乱れを感じないので、花を撮る時はマクロレンズがいらないと思います。

が・・・、やはり何となく違和感を覚える画です。

それが何なのか、自分でもよくわかりません。
何となく「不自然さ」を感じてしまうんですよねぇ。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-05-05 21:27 | 路傍の花 | Comments(6)