とうとう五十路になりました ~ いなきち

タグ:X-T1 ( 102 ) タグの人気記事


X-T1 に思うこと

X-T1 を購入してからもうすぐ一年。

画質面に関しては、概ね素晴らしいと思います。
フィルムライクな色が楽しいし、良いレンズが揃っていることと相まって、撮った画像を見るのが楽しいカメラではあります。
ただ、ハイライトの階調が、なぜあんなに圧縮されているのか、そこが疑問です。
後処理をかけると、失っているように見える階調が引き出せることから、データ的には十分な階調性を持っていると思われます。
てことは、このような画作り、と言うことなんでしょうか。
また、使用するレンズに関わらず、ハイライトの輪郭がごく微妙ながら滲む傾向があるようで、その部分のコントラストが低下します。
具体的には、ハイライトの隣にシャドーがあると、シャドーが浮いて締まりが悪くなるのです。
これはどうにかして欲しいなぁ。


e0308416_13470394.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / 多重露光 / JPEG(VELVIA)


さて、問題は操作性。
巷でもよく言われていますが、ストレスなく使うのが難しいカメラです。
もちろん、操作性の悪さに対する許容度は人それぞれでしょうし、撮るものや撮り方によっても違ってくるでしょう。
それ故、あくまでも「ワタクシの場合は」と言う注釈付きですが、理解に苦しむ点が多々あります。
先ほど「撮った画像を見るのが楽しい」と述べましたが、「撮っていて楽しい」とは思えないんですよ。

そもそも、X-T1 の外観を見た瞬間、誰もが操作性に気を配ったカメラだと思うでしょう。
シャッタ速度、ISO感度、露出補正がダイアル式ですし、ほとんどのレンズには絞り環が付いています。
初心者ならそれほど恩恵はなさそうですが、カメラに慣れた人ほどそそられる仕様な訳で、操作性の良さに多大な期待をかけ購入するのでしょうが・・・結果ガッカリ、と。
だって、その他のダイアルが小さい上に突起が少なく、クリック感も頼りないせいで、非常~に押しにくいんだもの。


e0308416_13470312.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / 多重露光 / JPEG(VELVIA)


ここで不思議に思うのが、なぜ FUJI はこの操作性の悪さをそのまま善しとし、販売したのでしょうか?
社内で問題視されなかったのかしら?
試作機をプロの方が試用した段階で、当然指摘があったと思うのですが、まさかの無視?
ま、大人の事情、ですかね(笑)

極寒の地で X-T1 をメインカメラとして使われ、その画質を絶賛されているプロの方がいますが、グローブを付けたままこのカメラをまともに操作できるとはとても思えません。
それでも愛用されているのだから、よほど画質に惚れているのだなぁ、とは思いますが、よくここのカメラで撮る気がするなぁ、とも思います。
きっと、言いたいことを我慢しているのだろうなぁ。
ワタクシは、メーカのプロパガンダに乗せられるほど若くはありませんが、特にカメラでは実際に使ってみないと分からないことが多いので、べた褒めばかりで悪い点を指摘しない方の話しは、プロ・アマ問わず、話半分に聞いておく方がよさそうに思えます。
アマチュアの機材選定の大きなファクタとして、プロの方の作例やレビューは大いに参考になる訳で、プロには是々非々でいってもらわないと、あまりの絶賛ぶりには、ちょっと裏が見えた感じがしてシラケちゃうんですよね・・・

操作性については、もう聞き飽きたし言い飽きたので、これ以上は述べたくありませんが、最後に一つだけ言うとすると、このサイズで操作性を求めちゃいけない、と言うのは事実だと思います。
もうこの手のカメラには、ミラーレスといえども大型化してもよろしいのではないでしょうか。
オリンパスが E-5 後継機を諦め(多分ですケド)、より小型化を歩んでマイクロフォーサーズに移行した流れが正解だったとすると、FUJI としても大型化にはなかなか踏み切れないでしょうが・・・
となると、小型化のまま操作性をよくするには「音声認識」しかない、と思うのです。
以前のブログで、今後のカメラ、特に小型のミラーレスには、操作性向上のためには音声認識が必要だと述べた(http://minarai39.blog112.fc2.com/blog-entry-438.html)ことがありますが、あのアイデア、真剣に考えてくれませんかね。


e0308416_13470337.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / 多重露光 / JPEG(VELVIA)


今日の午前中、近くを一周しながら多重露光で遊んでみたのですが、この機能、スナップで遊ぶには全然使えません。
このモードを初めて使って驚いたのですが、1枚撮った画像を一旦保存して、任意のタイミング呼び出して2枚目を重ねる、と言う多重露光の定番手順ができないのです。
このカメラの多重露光は、モードダイアルを専用位置に動かし、1枚目を撮ったらそのまま2枚目を撮る仕様です。
2枚目は、間髪入れずに撮らないといけません。
なぜなら、カメラがスリープ状態に移行した途端、1枚目が消えちゃうから(驚)
これだと、1枚目を撮ってから2枚目の被写体を探すまで、せいぜい50メートル、いや気持ち的には10メートル動けるかどうか。
綿密に計画したスタジオ撮影ならまだしも、スナップでは使い物になりませんな。
こんなオマケみたいな機能なら、普通に撮って家に帰って Photoshop で合成しますよ、ホント。

なになに? スリープ切れば良いじゃん、ですって?
バッテリ持ちを良くしてから言って欲しいですね~。


e0308416_13470345.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / 多重露光 / JPEG(VELVIA)


そもそも、アマチュアが X-T1 に求めるのは何か?
人それぞれでしょうが、「ダイアルを使った操作性」以外だと、ほとんどの方が「 FUJI の色」と答えるんじゃないでしょうか。
だとしたら、いらない機能が多すぎます。
今日試した、使えない多重露光しかり、トイカメラなどのフィルタ系しかり。
フィルムで鳴らした懐古主義のオッサンと、形から入る今どきのデジタル男子、それに加え、都会的なファッションセンス溢れるオシャレな婦女子、これらを全部取り込もうとしているイヤラシい魂胆が見え見えなんですよ。

一言で言うと、軽薄です。
一本筋が通ったポリシーを感じません。
軽薄の神様みたいなワタクシが言うのですから、絶対間違いありません(爆)


この多機能ぶりはオリンパスも似たような路線ですが、あちらさんはカメラとしての骨格がしっかりしており、基本機能がこなれているので枝葉に走って良いのです。
ミラーレスカメラとしてはまだまだ発展途上である FUJI が、後を追いかけて似たようなことをやってはイカンのです。
とにかく幅広い購買層に売って、次機種の開発費を稼ごうとする目論見はわかります。
わかりはしますが、全てのカメラがどんどん高機能化している現状の中、シンプルな機能のカメラは逆に差別化となり、昔から写真文化の担い手として歴史に燦然と輝く、信頼できる FUJIFILM のブランドイメージにピッタリだと思います。
この際、「オシャレなシティーカメラ」と言う位置づけは下位機種に任せて、X-T1 には真っ直ぐにカメラとしての使いやすさ、基本機能の充実を目指して欲しいものです。

あ、X-Pro シリーズも同様にお願いします。
いくら名前が X-Pro だからといって、間違ってもクロスプロセス(英語だとXpro)なんて載せてはいけません!
あ、クロスプロセスはフィルム由来だから善し、なのかも(笑)


・・・売れるかどうか、保証はしませんケド。
多分、売れんな(爆)



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-29 13:53 | 巴川散歩 | Comments(10)

三保から富士山

今日は仕事先から少し足を伸ばし、何年かぶりに三保を訪れました。
それほど時間は無かったので、半島の先をぐるりと一周したに留まりましたが、相変わらずゴミで汚れた汚い海岸でしたね(涙)
これで世界遺産なんて、とてもじゃないけど地元の埃、じゃなかった、「誇り」にはなりませんよ。

e0308416_21504480.jpg
【三保】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F8 AE / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21514511.jpg
【三保】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F6.4 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21514548.jpg
【三保】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F6.4 AE(-0.7) / ISO200 / JPEG(VELVIA)


何種類かのフィルムシミュレーションを試しましたが、どうもしっくりきません。
ヒストグラムを見ると、ハイライトやシャドーに余裕がありすぎます。
どうやら、順光で光が回った光景だったので、少々抑揚に欠ける写真になったようです。
(上の写真は、少々後処理をかけてあります)

それにしても、松の写真とすぐ下の2枚は、同じ PRO NEG. HI で撮ったものなのに、何故このように違う色が出るのでしょうか?
もちろん、ホワイトバランスは同じ設定です。
訳が分かりませんねぇ・・・

ま、VELVIA は相変わらず VELVIA ってことで(笑)


e0308416_21571797.jpg
【三保】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F8 AE / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21571944.jpg
【三保】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F8 AE / ISO200 / JPEG(CLASSIC CHROME)

クラシッククロームは、普段はほとんど使いません。
FUJI の説明によると、「ドキュメンタリ写真に向く色合い」とのことですが、ワタクシ的には「そんなものかなぁ」と言った感じで、よく分かりませ~ん。
ただし、写真を見た時の印象的な色合いに誤魔化されないだけ、物体の鮮鋭度が一番強く感じるモードではあるようです。


せっかく撮った富士山ですが、今日はイマイチ気分が乗らない日でしたね。
花粉症が酷かったせいかしら?



e0308416_22044657.jpg
【草薙】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)


e0308416_22044761.jpg
【長崎南】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2.8 AE(-0.3) / ISO400 / RAW


e0308416_22044630.jpg
【駿河区・軍神社】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(-0.3) / ISO640 / JPEG(PROVIA)


最近気が付いたのですが、このレンズ、結構周辺減光が強く出ますね。
別にイイいけど(笑)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-25 22:08 | 清水港散歩 | Comments(6)

ビビったこと

昨日、大事なX-T1を、高さ30cm位の石垣の上から落としました。

散歩中、あまりの暑さに耐えかね、上着を脱ぐために、道路端の石垣の上にカメラを置いたのです。
カメラから手を放しながら、意識はもう上着を脱ぐ方に行っておりまして、手を上げた瞬間にカメラのストラップを引っかけてしまい、そのままガシャン・・・と言う音は聞こえなかったけれど、ガァ~ンと言う音が頭の中にこだましました。

ところが、急いでカメラをチェックしたところ、これが全く問題なし。
ボディーの背面液晶下の部分が、ちょっと傷ついただけです。
レンズも傷一つなく無事。

よかったぁ。
ホッとしました。


e0308416_19565252.jpg
【葵区・春日】 OLYMPUS XZ-2 / F1.8 AE(-1.0) / ISO125 / RAW


そう言えば今まで、数々のビビり話しがありますね。

落下系(笑)では、ワタクシはとにかくテレコンをよく落とすのです。
あれは小さくて丸いので、手から滑り落ちやすいのです。
オリンパスの EC-14 なんて、自慢じゃないけど3回も落としていますもの。

その内の1回は家の畳部屋でしたので、運よく難を逃れましたが、後の2回は散歩中にテレコンを装着する際、思い切りコンクリートの上に落としています。
さらに、うまい具合に着地したテレコンが、ころころと転がり巴川の方へ・・・死ぬ気で追いかけましたよ。
あれにはビビったなぁ。


e0308416_19580759.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F1.4 AE / ISO200 / JPEG(VELVIA)


結局 EC-14 は、2回修理に出しています。
修理費は、マウント交換で1.5万円位だったと記憶していますが、テレコンは元々それ程高いものではないので、逆に修理費がもったいなく感じて、それ以来テレコンを買う時は、必ず落下保証を付けるようにしています。

でも、保証を付けるとなぜか落とすことがなくちょっと残念、と思うのは、可笑しな話しでしょうか(笑)


e0308416_19580005.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2.8 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(VELVIA)


他にも色々とビビった話しはありますが、ちょっと毛色の変わったビビり話しと言えば、初めて E-3 のミラーアップをした時のことが忘れられません。
ミラーアップして中を覗きこんだ時、驚愕の事実を目にしたのですよ。

「なに、このあり得ない程小さなセンサーは!?」

E-3 はご存知の通り、-いや、知らない人もいるのかも- フォーサーズ規格のカメラです。
フォーサーズやマイクロフォーサーズは、センサーサイズが小さいことは知ってはいたものの、想像以上の小ささに度肝を抜かれました、と言っては大げさかな(笑)
でも、あれには結構ビビりましたね。

で、センサーサイズが小さいくせに、画質の良さにさらにビビった、と言うオチもついております(爆)


e0308416_19580731.jpg
【草薙】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F1.4 AE / ISO200 / RAW


小ささにビビったお話しの後は、あまりの大きさにビビった話しにしましょうか。
D4 のバッテリのことです。

注文した D4 が届いて、ワクワクしながら箱を開けた時、目に飛び込んできた巨大バッテリ・・・
超~ビビりました。
正にプロ機の物理的な重さを、実感した瞬間でした。
そのおかげで、自分がプロ機を持つ資格があるのかどうか、自問自答する暇がありませんでしたよ(爆)


e0308416_20001557.jpg
【長崎新田】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE / ISO400 / RAW


まぁ、その大きさのお陰で、RAW+JPEG で2000枚撮っても、半分以上充電が残っているんですけどね~。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-19 20:05 | 清水区散歩 | Comments(6)

VELVIAだけじゃないのよ~

ここのところX-T1では、VELVIA ばかり使ってきたので、あの高彩度と高コントラストには、少々食傷気味です。
ハッキリ言って、飽きてしまったのです(笑)
でも、X-T1には、他にも色々なフィルムシミュレーションがあるので大丈夫。


e0308416_21240422.jpg
【草薙北】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F9 AE(+0.3) / ISO400 / JPEG(ASTIA)

e0308416_21244389.jpg
【吉川】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(ASTIA)

e0308416_21244344.jpg
【吉川】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(ASTIA)

個人的には、ASTIA が面白いと思うのですが・・・使いどころが分からん!

色々と試行錯誤しながら使っていますが、「これぞ ASTIA!」と言う写りを楽しむのには、どんな被写体、シチュエーションが良いのか、皆目見当が付きません。
上に載せた3枚の内、一番最初のビルの写真は、他のどのモードとも違った独特な描写が ASTIA っぽいと思うのですが、他の2枚からは、それほど特徴ある写り・色を感じませんよねぇ。


e0308416_21334658.jpg
【草薙】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F1.4 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21334710.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21334711.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PROVIA)

なんやかんや言って、事実上の標準モードである PROVIA で撮ることが一番多いのですが、個人的にはちょっと納得いかないことが・・・
なんとなく、コントラストが強すぎるように感じるんですね~。
こんなに白飛びや黒つぶれが頻発するようでは、ちょっと使いづらいんですよ。

コントラストなどの味付けもイマイチしっくりきませんが、それ以外に、AEとの相性が悪い気もします。
PROVIA のときは、なぜか訳の分からない露出補正を強いられることがしばしば。
AEも含めて、もう少しニュートラルな画作りにしても良かったのではないかと思います。


e0308416_21433183.jpg
【長崎新田】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(-0.3) / ISO4000 / RAW

ブログに載せる写真は、他のカメラより圧倒的に JPEG が多いのですが、RAW 現像しても印象的なな色が出るのは、独特なセンサーのお陰でしょうか。
コントラストのスライダを上げていくと、スッと空のグラデーションが映える感じは、なかなか気持ちが良いですね。



e0308416_21424358.jpg
【草薙】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F16・1/8 / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

フィルムシミュレーションの話しではないのですが、最近、ちょっと面白いかも、と思っているのが電子シャッタ。
ご存じの通り、物理的なシャッタがないため、数万分の一の高速シャッタが切れる代わりに、高速移動する被写体は歪みます。
で、試しに低速シャッタで流し撮りをしてみました。

電車が止まってないのはご愛敬(爆)
たまたま電車の前面に、星のイラストが描かれていたので、その星が電車の脇へ流れるような不思議な写真になりました。

これ、面白いですねぇ。
露光間ズームなんてやったら、どうなるんでしょうか?
今度試してみ~よぉ、っと。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-17 21:52 | 清水区散歩 | Comments(2)

JPEG に、ちょっと味付け

X-T1 の JPEG 画像は、本当に良くできていると思います。
過去に何度も書いていますが、ワタクシが今まで撮って出しの JPEG で満足できたのは、X-T1 と コニカミノルタの名機・α-7 Digital のみ。
D4 の JPEG なんて、(印象的な画と言う意味では)逆立ちしたって敵いません。

じゃあ、全然不満はないかと言えば、それなりに物申したいことはある訳で、実際のところ JPEG に後処理を加えることも多いです。

「JPEG に後処理ぃ~?」
なんて、敬遠する人も多そうですが、極端な調整を加えなければ、全然問題ありません。
事実、ワタクシが毎日仕事でしていることですから。

ワタクシの仕事は、印刷デザイナです。
様々な「素材」を適切に加工して、商業印刷機用データ作成のお作法に則って、デザインを組み上げていく・・・こんな感じです。
デザインの「素材」には、文章やイラストなどがありますが、その一つに当然写真もある訳です。
そして、提供される写真の9割が JPEG で、しかもその内訳は、素人がコンデジで撮った写真が半数以上を占めています。
写真集やグラビアなど「写真が命」の場合は知りませんが、たいていの印刷物には JPEG 画像の後処理で十分品質を保てます。

それにX-T1 の場合、RAW 現像より結果が良いことも多く、また、あの独特な色合いがRAW 現像では出ないこともあるので、ワタクシ的にはJPEG に手を入れることに抵抗感は全くありません。

前置きが長くなりましたが、先日撮った写真の中から、JPEG のどこが気に入らなくて、どんな後処理をしたのか・・・を、ご覧いただこうと思います。


まずは 撮って出しの JPEG からご覧ください。
普段は鬱陶しい街角の電線ですが、四つ角の上で電線が交差している具合が図形的に面白く、抜けるような青空、赤い点滅信号、樹木、白い家を、ワタクシにしては珍しくうまく配置できたように感じていたのですが・・・

e0308416_21225534.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(+0.7) / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

いざ家に帰ってパソコンで見てみると、信号や家の壁がちょっと明るすぎる気がしてきました。
撮った時は、明るい雰囲気を目指したのでプラス補正をかけましたが、ハイライトがきつくて目に痛さを覚えました。
全体的に締まりが足りないため、青空の色が素直すぎる、って感じでしょうか。

そこで、調整目標を、
 ・明るいイメージを損なわない範囲でハイライトを抑える
 ・空の色を若干際立たせる
としました。

以降、実際に LightRoom で調整した過程です。

まず、ハイライト部の輝度を少し下げます。
明るめに仕上げた印象は変えたくないので、全体の露出は触りません。

e0308416_21280739.jpg
まぁ、ハイライトはこのくらいで良いかも。
でも、ハイライトを下げた結果、若干コントラストが下がったように感じました。

シャドー部を焼き込んでみましょうか。

e0308416_21312586.jpg
シャドー部を暗くした結果、全体的に画が引き締まりましたね。
と同時に、青空の色が濃くなり、目標としていた色になりました。
木々の光が当たっていない部分は、完全に黒く潰れましたが、全体の印象に関係無い些細な部分は気にしません。
もうこれで完成でも良いのですが、まだ若干コントラストが足りないように思えます。

シャドーを締めたため、それに引きずられるように、信号機のハイライトも若干暗くなりました。
この写真では、電線と信号機が主役です。
その対比を際立たせるために、電線はもう少し黒く、信号機はもう少し明るくした方が良さそうです。

そこで、最後の仕上げにコントラストを少し上げてみました。

e0308416_21380393.jpg
「うん、これで完成」
・・・と思ったら、もう一つ気になることを発見しました。

左上に目立たないものの、余計な電線が・・・
遠慮無く、無慈悲に消してしまいましょう(笑)

e0308416_21395107.jpg
ま、ざっとですが、こんな感じで JPEG の修正を行うことが多いです。


別の例として、撮って出しと修正後の写真を、何枚か上げておきます。
ご参考になれば良いのですが。


e0308416_21433381.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F6.4 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21433313.jpg

e0308416_21460246.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(CLASSIC CHROME)

e0308416_21460201.jpg

e0308416_21483611.jpg
【七ツ新屋】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F4 AE / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21482852.jpg


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-12 21:50 | 清水区散歩 | Comments(6)

XF 23mm F1.4 R で動画

昨日のエントリの最後でもったいぶった物言いをし、一人悦に入っていましたが(笑)、実はたいしたことはないのです。
答えは、「動画」。
へへへ。
ガッカリしましたか~?

XF 23mm の導入を考えたとき、その綺麗なボケを利用した動画を撮ってみたいと言うのが理由の一つでした。
昨日、強風に吹かれ揺れる河津桜を見た時に、「今がその時!」とピ~ンと来て、機材を変えるために、わざわざ一度家に帰りました。

ワタクシは、動画(いや、写真もか…)は全くの素人。
たまにしか撮りません。
YouTubeには、今まで20本以上の動画を上げていますが、そのほとんどが限定公開で、このブログからしかリンクしていません。
一般公開して検索に引っかかるのが恥ずかしいからです(笑)

そんな素人が、何とか動画を上手に見せるよう考えた結果、昨日の風に揺れる河津桜は、格好の被写体だと結論したのでありま~す。

まぁ、とりあえずご覧ください。
笑っちゃいやよ。





これ、何の道具も使わず、完全手持ちです。
途中、一ヶ所だけ微妙にズームインする場所がありますが、フォローフォーカスも使っていません。
もっとも、手持ちではフォローフォーカスの意味がないかもしれませんが・・・

ただし、背面液晶ではなくEVF を覗きながら、カメラを顔に押し付けて撮っています。
この方法の欠点は、録音に時々鼻息(と言うか、息継ぎの吐息)が入り、我ながら気持ち悪くなることですが、強い風の音に消されるから大丈夫です(笑)

いかがでしたか?
やっぱりダメでしょうか・・・グスン。


一眼で動画を撮るときに最大のネックは、やはりピント合わせでしょうか。
コントラストAFだと、前後に揺れる合焦動作が入るので、見ていて気持ちが悪くなります。
結局、MFで撮るしかないのですが、カメラの小さな液晶モニタだとピントの山がイマイチ分かりません。
そもそも、老眼だし(爆)
SONYなどが出しているHDMI入力の大きな外付けモニタだと、何とか見えると思いますが、たまにしか撮らない動画に、そこまで金をかけるつもりもありません。

じゃあ、解決策は??

絞る?
いや、それじゃあ、AFも実用的なカムコーダを買った方がましです。

ここはひとつ逆転の発想で、ピントが当たっていなくても当たっているように見えれば良いのでは?
と言うことで、風に揺れる桜。
ピントが少々外れても、わからないんじゃないかしら(爆)
それに、ベルビアモードで撮る桜は、なかなか印象的な動画になるはずです。

TOUIT 32mm だと、被写界深度が浅い気がして、今まで試したことはありませんでした。
レンズの焦点距離が 23mm なら、何とかなりそうだと思いましたが・・・甘かったかしら?

やっぱり、スタビライザーが欲しいなぁ。。。


ところで、FUJI はカムコーダを出していないんですねぇ。
民生機でいいから出せば、この色合いなら好きな人はたくさんいると思うのですが・・・


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-11 10:28 | 路傍の花 | Comments(7)

噂の銘玉 ~ XF 23mm F1.4 R

昨日は、新たに購入した2つのレンズの内、新型の SP90 をご紹介しましたが、今日は残りのもう一つ、XF 23mm F1.4 R の試写をご覧頂きます。

SP90 の写りの良さ、特に想像以上にボケ味が良かったことに満足しましたが、こちらのレンズもとても素晴らしい!
巷では銘玉だとの評判ですが、そうかもしれませんねぇ。


e0308416_23573255.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(+0.7) / ISO400 / RAW

e0308416_23505796.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2 AE(+0.3) / ISO400 / RAW

e0308416_23594357.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2.8 AE / ISO400 / JPEG(VELVIA)

この通り、素晴らしい描写です。
特に、撮影者の腕があまり関係無いところがイイ(笑)

少し絞った時の解像度は凄まじいものがありますし、元々そんなにボケる焦点距離ではないものの、絞りを開けた時のボケ味も良い。
こりゃあ皆さん、興奮して褒め称えるのも無理はないかも知れませんね。


e0308416_00041104.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2.2 AE(+0.7) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

一番の驚きは、逆光にメチャクチャ強いことでしょうか。
上の写真は、絞りは何とF2.2!
それでこのコントラストを維持しているのは、ちょっとできすぎじゃないでしょうか?

まさか、カメラの画像処理、ってことはないでしょうね(笑)


e0308416_00070042.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F1.4 AE / ISO400 / JPEG(VELVIA)

開放絞りでも、コントラストの低下は穏やかです。
露出が抑え気味に出るのは、最近の大口径レンズでは良くあることでしょう。
合焦部にはほんの少し滲みが出て、解像感は少し落ちますが、それでもこのボケ味の破たんの無さが相殺してくれます。


e0308416_00152262.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2 AE / ISO200 / JPEG(VELVIA)

e0308416_00111051.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2.8 AE / ISO200 / JPEG(VELVIA)

e0308416_00111256.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2.8 AE / ISO400 / JPEG(VELVIA)

少し絞った F2 と F2.8、
これがまた素晴らしい描写です。
解像度の向上と共にボケが落ち着いてきて、何とも言えない雰囲気の良さを感じます。

個人的には、この辺りの絞り値がお気に入りになりそうです。


e0308416_00163646.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F4 AE(+0.7) / ISO400 / JPEG(VELVIA)

更に絞って F4。
X-T1の画作りが良く現れている写真になりました。

変な露出が出ていますが、知らない間に測光モードがスポットになっていたせいです。
多分、バッグへの出し入れの際に切り替わってしまったと思うのですが、こんなことはしょっちゅうあります。

X-T1。
良いカメラなのか悪いのか、相変わらずわかりません(笑)


e0308416_00220786.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F8 AE(-0.7) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

絞り F8 です。
できすぎなほど、VELVIA 100F にそっくりです(笑)

この解像度、相当凄いですよ。
F5.6 でも合焦部付近は十分すぎるほどの解像度が得られますが、 F8 まで絞ると遠景の山に生えている木々までしっかり描写します。



e0308416_23505727.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F11 AE / ISO200 / JPEG(VELVIA)

F11 まで絞ると、ちょっと画質の低下が目立ちます。
これが、広角レンズとして、このレンズ唯一の欠点でしょうか。
ただし、拡大して見ないと分かりませんし、なによりボケ味が依然として素晴らしいので、接近戦では十分実用範囲内の写りだと思います。


結論。
大いに気に入りました。
X-T1は、しばらくはこれ1本で行くつもりです。
換算35ミリの画角と言うのは、ワタクシ的には広くもなく狭くもなく、どちらかと言うと中途半端な感じがするのですが、まぁその内に慣れるでしょう。


新型の SP90 と言い XF 23mm と言い、今回の購入は大成功でしたね。
これからの春に向かって、大いに楽しみが増えました。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-09 12:05 | 清水区散歩 | Comments(4)

Schneider-Kreuznach REOMAR 50mm F3.5

久しぶりに超小型のM42レンズ、Schneider-Kreuznach REOMAR 50mm F3.5 を持ち出して見ました。

e0308416_21562107.jpg
【長崎新田】 FUJIFILM X-T1 / Schneider-Kreuznach REOMAR 50mm F3.5 / F3.5 AE(+0.7) / ISO400 / RAW

e0308416_21580805.jpg
【吉川】 FUJIFILM X-T1 / Schneider-Kreuznach REOMAR 50mm F3.5 / F5.6? AE / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21591746.jpg
【堀込】 FUJIFILM X-T1 / Schneider-Kreuznach REOMAR 50mm F3.5 / F4? AE(+0.7) / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)


小さくて古いレンズですが、開放での写りは素晴らしいものがあります。
ボケ味もちょっと二線っぽいんですが、な~んか好きなんですよね。

次の3枚は、高感度で撮った写真です。
一般的に、オールドレンズを高感度で撮ると、画質的には厳しいものがありますが・・・さて。


e0308416_22014779.jpg
【能島】 FUJIFILM X-T1 / Schneider-Kreuznach REOMAR 50mm F3.5 / F3.5 AE(+0.7) / ISO5000 / RAW

e0308416_22014622.jpg
【堀込】 FUJIFILM X-T1 / Schneider-Kreuznach REOMAR 50mm F3.5 / F3.5 AE / ISO6400 / RAW

e0308416_22014604.jpg
【長崎新田】 FUJIFILM X-T1 / Schneider-Kreuznach REOMAR 50mm F3.5 + VILTROX EXTENSION TUBE(16mm) / F3.5 AE(-0.3) / ISO4000 / JPEG(PROVIA)


いかがでしょうか?
ご覧の通り、このしっかりしたコントラストは、なかなかの写りだと思いますよ~。
レンズの素晴らしさと共に、X-T1の高感度の強さを、改めて知ることができました、と。


さて、明日は待ちに待った新レンズの試写です。

今回購入したのは2本。
NIKON のFX用、FUJI のXFマウント用を1本づつです。

この名前のややこしさ、何とかならんものでしょうかね(笑)



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-07 22:14 | 清水区散歩

またまた面倒くさいことが・・・

※文中の一部表現を変更しました。(2015.03.07)


カメラを持ってブラブラ散歩をしていると、時々面倒くさい人に声をかけられます。
その場合、大抵はおじい様。
そりゃそうです。
真っ昼間、巴川沿いをのんびり散歩している人なんて、ジジババしかおらんのですからして。


e0308416_22352221.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F2.8?・1/5800 / ISO1600 / JPEG(VELVIA)


いえ、別に話しかけられるのは良いのです。
と言うか、話し好きなワタクシにとっては大歓迎。
10分ほどならば、喜んで昔話のお相手を務めましょう。

でもですね、写真に関する自慢話が始まっちゃったら、途端に腰が引けてしまいます。


e0308416_22304144.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F値不明・1/420 / ISO1600 / JPEG(VELVIA)


先日も、そんなジジイ、もとい、おじいさんに出会いました。

土手沿いで腰を下ろしてホトケノザを狙っていたワタクシ。
レンズを指さして、
「何ミリ?」
と訪ねられたのが始まりでした。

「150ミリのマクロレンズです。」
と答えたのに続けて、

「でもセンサーサイズが小さいから、200ミリ以上の画角になります。」
と、ついつい付け足したのが間違いの始まり。

おじいさんは、
「???・・・」

ワタクシ
「フィルムで言うと、ハーフ版みたいな感じです。オリンパスのPENとかの・・・」

おじいさん
「あぁ、PENね~。懐かしいね、現像代けちってた貧乏人のカメラ。」

ワタクシ(の心の中)
「ほっとけ!」

おじいさん
「昔は良かったねぇ。デジタルだか何だか知らないけどさ、今のカメラからは、情緒ってのが感じられないよね。」

・・・嫌な予感です。


e0308416_22500525.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F値不明・1/400 / ISO400 / JPEG(PROVIA)


「昔はさぁ、オートなんて無かったから、一生懸命、腕を磨いたもんだ。」

・・・いや~、始まっちゃいましたよ。

じいさん
「オリンパスと言えば、OM-3っての知ってる?」

ワタクシ
「ええ。良いカメラですね~。」

(心の中)
「じいさん、ブルジョアだったのね」

じいさん
「あれで色々なところへ行って撮ったもんだ。35mm一本でさ。」

(心の中)
「オートを馬鹿にしてるけど、OM-3って露出計付いてたじゃん。」

ワタクシ
「35mmって、ひょっとして F2 の方?」

じいさん
「うん。」

(心の中)
「F2.8 じゃなくて F2 ねぇ。な~んか、ムカついてきたぞ。」


e0308416_23022182.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F値不明・1/1900 / ISO800 / JPEG(VELVIA)


じいさん
「だいたいね、今のカメラなんてダメだよ。機械が勝手に撮ってくれるんだろう?」

ワタクシ
「いや~、さすがにシャッタは指で押しますけどね(苦笑)」

じいさん
「ははは。でもね、写真は指じゃなくて、心でシャッタを押すんだよ。」

(心の中)
「プッツ~ン」(←何かがはじけた音)

じいさん
「自分の感性で被写体を捉え、心でシャッタを押す。そっとね。」

(心の中)
「バリバリバリ」(←何かが裂けた音)

ワタクシ
「いや~、けだし名言。さすがに年季が入ってる人は違いますねぇ。」


e0308416_23172888.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO DG EXTENSION TUBE(12mm) / F値不明・1/750 / ISO1600 / JPEG(PROVIA)


じじい
「いやね、昔はこれでもプロの写真家を目指してたんだ。」
「でも、仕事辞める訳にはいかなくてさぁ。」
「やっぱり責任ある立場だと、自分の夢だけ追いかけるってわけにはいかないだろ?」
「で、結局、写真家は諦めたんだけどね。」

ワタクシ
「そりゃあ、残念でしたねぇ。」
「でも、まだお元気なんですから、もう一度写真、始められたらどうですか?」

じじい
「元気そうに見えるけど、もう体はボロボロさ。」
「歳には勝てないよ。」

ワタクシ
「でも、今のカメラは軽いんですよ~。ほら」(と言って、X-T1を差し出す)

じじい
「いやさ、右手の神経いかれちゃって、シャッタ押せないのさ。」

(心の声)
「ふ~ん・・・」


e0308416_23303589.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F値不明・1/1700 / ISO400 / JPEG(VELVIA)


ワタクシ
「やっぱり、シャッタ押すのは指ですもんねっ!」



以上、全て実話でございます。

ちょっと言い過ぎましたかねぇ・・・
若干、後味が悪ぅございました。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-05 23:40 | 路傍の花 | Comments(8)

チャレンジ

半ば諦めていた X-T1 での手持ちマクロですが、どうしてもあの色で桜を撮りたい・・・
桜が咲くまで、もう少しだけチャレンジしてみましょうか。

今までは、ボディーとレンズの重量バランスを考え、SP90(52BB)のみ使ってきましたが、古いレンズのせいかEVFの見え方にキレがなく、ジャスピンを得るのがなかなか大変でした。
また、手ブレ補正がないせいで、構図がすぐ動いてしまうのも難点でした。

ワタクシはシグマの150マクロがメインの機材ですが、今まで X-T1 で試したことはありません。
重いレンズですので、まともに撮ることは端から無理だろうと思っていたのですが、一応試してみました。


e0308416_19270526.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5.6位?・1/950 / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_19270619.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F8位?・1/640 / ISO400 / JPEG(VELVIA)


おや?
意外とまともに撮れるようですよ。
縦グリに予備バッテリを入れ、レンズヘビーにならないようにしましたが、そのせいでしょうか、どうやら思ったより安定性に優れているようです。
軽量の SP90 に比べると、格段にブレには強そうです。
また、今回、電子シャッタを試しましたが、ブレ抑制にかなり貢献してくれたような気がします。


e0308416_19270562.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5.6位?・1/280 / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_19270602.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4位?・1/280 / ISO400 / JPEG(VELVIA)


等倍域も試しましたが、ピントの歩留まりもまずまず。
ただし、D4で撮る時と違い、ピントが合うかはかなり運任せな所があります。

それにしても、VELVIAモードのステキなこと!
色がとても綺麗です。
綺麗過ぎる気もしますが(笑)


e0308416_19534275.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F11位?・1/210 / ISO1600 / RAW

e0308416_19534223.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4位?・1/450 / ISO400 / JPEG(VELVIA)


う~ん。
微妙だけれど、ギリギリ手持ちマクロができそうな感じ・・・
これからは、「この色が欲しいから、頑張ってみよう」と思えた日には、持ち出すのもアリかもしれませんね~。


今日はもう一つレンズを持っていきました。
寄れる広角レンズ、シグマの35mmです。
倍率稼ぎに、12mmのエクステを付けてみました。


e0308416_19453000.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO DG EXTENSION TUBE / F4位?・1/5800 / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_19453177.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO DG EXTENSION TUBE / F2.8位?・1/6000 / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_19453095.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO DG EXTENSION TUBE / F5.6位?・1/3200 / ISO400 / JPEG(VELVIA)


ご覧の通り、正に大口径、って感じの写りが気持ち良いですね。
12mmのエクステだと、被写界深度はそれほど浅くならないので、150マクロと比べると、圧倒的に勝手が良いです。

梅の花がこの大きさに写せるなら、桜相手でも十分でしょうね。
これは良い組み合わせになりそうです。

どちらかと言うと、桜を撮るには35mmと組み合わせた方が、良い画が撮れそうな気がしますね~。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-02-28 20:01 | 路傍の花 | Comments(4)