とうとう五十路になりました ~ いなきち

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧


己を奮い立たせて

そもそも、己を奮い立たせてまで、このクソ暑い中、外へ出て写真を撮る必要は無い訳で、じゃあ何故そこまでするかっつ~と、自分でもよく分からないのでありました、てへ。

とにかく、先日撮ったチョウの写真です。
重い D4 を持ち出すのはまっぴらご免だし、かと言ってちょうど良いサイズの X-T1 では、ピントで苦労するからもっと嫌。
じゃあ、これしかないですね~。


e0308416_23362585.jpg
【大内】 PANASONIC FZ1000 / 679mm(35mm換算) / 1/1250 AE / ISO320 / JPEG(VIVID)


e0308416_23362535.jpg
【大内】 PANASONIC FZ1000 / 959mm(35mm換算) / 1/1250 AE / ISO320 / JPEG(VIVID)

↑の等倍拡大
e0308416_23480358.jpg
この2枚は、S-AF モードでの連写です。
かなり強い風が吹いていたにも関わらず、被写界深度が深いためか、嬉しいことにかなりの確率でバチピン。
ボケ味もキレイで、とても満足できる出来映えです。

ファイルサイズを小さく設定することにより、下の写真では35mm換算で959mmと言う、驚愕の画角が得られました。
それでもピクセルサイズは5メガあり、A4 サイズ位までなら印刷に耐えられそうです。
等倍に拡大すると粗が見えますが、それでも十分許容範囲内ですよね~。


e0308416_23374499.jpg
【大内】 PANASONIC FZ1000 / 583mm(35mm換算) / 1/1600 AE / ISO640 / 4Kフォト(VIVID)

↑の等倍拡大
e0308416_23374422.jpg
もちろん、このカメラの最大の売り(と言っても良いですよね?)である 4K フォトも健在。
見て下さいよ、この等倍画像を!

線が太いとか、翅の描写がちょっと塗り絵っぽいとか、そんなことはどうでも良いじゃありませんか。
何と、うっすらとですが複眼まで再現されています。
ピーカン日和の下では、ISO640 でもノイズの問題はそれほど深刻じゃありません。

もしこれが X-T1 だったら、この日のように花が大きく動いている強風下では、絶対に1枚も撮れないカットです。
また、D4 だったとしても、恐らく風が止んだ瞬間にしか写せないと思います。


e0308416_00040831.jpg
【大内】 PANASONIC FZ1000 / 750mm(35mm換算) / Pモード(F4・1/640) / ISO125 / 内蔵フラッシュ / JPEG(VIVID)


FZ1000 の Pモードの露出決定ロジックは、十分な光量下でも絞り込まない制御です。
と言うことは、高速シャッタを得やすいですし、何より絞り込みによる回折現象を避けることができます。
これって、小さなセンサー機では当たり前だと思うのですが、何故かオリンパスはダメ。
TG-3 や XZ-2 などでは、平気で F8 なんて絞りが選択されます。
まぁ、絞り優先で撮れば良いのですが、オリンパスさん、あれは何とかした方が良いと思いますよ~。


e0308416_00040888.jpg
【押切】 PANASONIC FZ1000 / 149mm(35mm換算) / Pモード(F3.9・1/160) / ISO125 / 内蔵フラッシュ / JPEG(VIVID)

e0308416_00040870.jpg
【押切】 PANASONIC FZ1000 / 149mm(35mm換算) / Pモード(F3.9・1/160) / ISO125 / 内蔵フラッシュ / JPEG(VIVID)

久しぶりに変形菌を見つけました。
しかも、桜の幹にたくさんの塊がぶら下がっており、ちょっと異様な風景でした。
一度で良いから菌が動いているところを見てみたいなぁ・・・待たずに(爆)


e0308416_00041053.jpg
【大内】 PANASONIC FZ1000 / 149mm(35mm換算) / Pモード(F3.9・1/800) / ISO125 / JPEG(VIVID)

う~ん、久しぶりにちゃんと写真を撮った気がします。
これを機に、写真生活を復活・・・ってなことにはならないんだな、これが(爆)

早く涼しくならないかしら。。。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-08-18 00:25 | 昆虫たち

XF 16-55mm F2.8 R LM WR

適度な散歩は、夏場の体力維持に必要でR。
同時に、心の健全化にも一役買うはずでR。

などと言う理屈(前に屁が付くか?)を持ち出し、散歩の動機づけに買ってしまった X-T1用の標準ズーム。
花や昆虫を撮ることが多いワタクシにとっては、標準ズームはとりたてて必要のないレンズですが、レンズを外すとセンサーがむき出しのミラーレス機の場合、レンズ交換の頻度が減るズームレンズがあった方が、何かと都合が良いだろうという考えからでした。
今なら1万円のキャッシュバックもありますし、何よりレンズの評判が良く、そこそこ寄れることから、自分の背中を自分で押した感じです。

ところが、レンズが届いた後も全く写欲が湧かず、先週末まで1週間以上ほったらかし。
ここ2、3日で、何とかご紹介できる枚数が溜まりましたので、ちょっとだけ見ていただこうかなぁ。


e0308416_22573211.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 16-55mm F2.8 R LM WR / F8 AE(+0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_22573129.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 16-55mm F2.8 R LM WR / F11 AE(+1.0) / ISO200 / RAW

e0308416_22573117.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 16-55mm F2.8 R LM WR / F2.8 AE(+1.0) / ISO200 / RAW

e0308416_22572540.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 16-55mm F2.8 R LM WR / F2.8 AE / ISO200 / JPEG(ASTIA)

e0308416_22572433.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 16-55mm F2.8 R LM WR / F2.8 AE / ISO200 / JPEG(ASTIA)

e0308416_22572419.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 16-55mm F2.8 R LM WR / F2.8 AE(+1.0) / ISO200 / JPEG(ASTIA)

e0308416_22572586.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 16-55mm F2.8 R LM WR / F2.8 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(ASTIA)


開放絞りを多用してみましたが、描写がゆるく感じることもなく、写りに隙が無いしっかりした印象を受けました。
ボケ味も非常に気に入りました。
ただ、総じて遠景の描写に締まりがなく、解像不足を感じることが多かったのは、どうしてでしょうか?
このあたり、引き続き確かめてみたいと思います。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-08-11 23:00 | 清水区散歩

リハビリ

夏バテ、なんでしょうか。
ここのところ身体がだるく、全然写真を撮る気になれません。
だるさだけでなく、何と言うか、体温調節がうまくいかず、体内に蓄えられた熱が逃げない感じです。
手のひらとか足の裏とか、身体の末端部がほてった感じがずっと続いていて、仕事に支障はないものの、休みの日に外へ出て写真を撮ることが、億劫でたまらないのです。

まぁ、別に写真を撮らなくても生きていけますから構いませんが(笑)、このまま家にこもってばかりでは精神的によろしくないかと思い、またぞろレンズを買ってみました。
買ったのは、X-T1用の標準ズーム XF 16-55mm F2.8 R LM WR です。

言い訳に聞こえるかも知れませんが、それほど欲しいレンズではなかったのですよ。
ただ、他に欲しいレンズが無いので、リハビリのために必要だっただけなんです(爆)
1万円のキャッシュバックもありますしね~。

で、昨日から旅に出た、と。

まずは、磐田市にある竜洋昆虫自然観察公園に寄ってみました。
狙いは、まだ見たことが無いチョウトンボです。

D4 を持って行くか悩みましたが、X-T1 だけでどこまで撮れるか試したくて、結局持って行きませんでした。
さて、X-T1 だけでどこまで昆虫を写せるのか・・・
楽しみ、ではなく、不安を覚えながらの出発でした。


e0308416_21535136.jpg
【竜洋昆虫自然観察公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / F5 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(PROVIA)


ええ、一応撮れましたよ、チョウトンボ。
翅の色も綺麗に出ていて満足・・・できないっつ~の!!
恐れていたとおり、もう嫌になるほど AF が思ったところに当たらないのです。

この時撮った写真の合焦率がどの程度かというと、次の PCキャプチャ画面を見て頂ければ一目瞭然かと。

e0308416_21535189.jpg



ちょっと見にくいかも知れませんが、うっすらグレーアウトしているのが合焦していないカットです。
これ以外にも、その場で消去したカットもありますから、恐るべき非合焦率です。

このような背景が離れたカットで、黒っぽいトンボに AF が当たらずピンが背景に抜けるなんて、ちょっと使い物になりません。
AF スポットの大きさを変えても、結果は似たようなもの。
こりゃダメですわ。

そもそも、絞り開放時のセンサー出力を表示する EVF では、直前に撮影した被写体と距離が違うものを狙う場合、ファインダを覗いたとき被写体がボケて写ることがあります。
そのボケた状態で被写体にフォーカスポイントを合わせようとしても、被写体から微妙にずれしまうこともあり、そうすると AF が背景に抜ける確率が上がってしまいます。

対して、OVF ではファインダ像がボケることはなく、最初から思った位置にフォーカスポイントを合わすことができるので、AF 性能がフルに活かせます。
センサー出力がファインダ表示される EVF のメリットは多々ありますが、同時にデメリットもあるってことでしょうね。

また、X-T1 はフルタイムマニュアルフォーカスができません。
もしフルタイムマニュアルフォーカスができれば、あらかじめ MF でアバウトにピントを合わせておき、それから AF を作動させれば、ピンズレの確率がぐっと減ると思うのです。
前々回のファームアップで、AF 後のピント微調整が可能になりましたが、そこじゃないんですよねぇ・・・

もっとも、最初から MF にしておいて、ワンプッシュAF を使うという手はあります。
でも、小さな筐体故、ボタンが押しにくい位置にあり、使う気がしないんですよね‥‥。
しかし、こうなったら慣れるしかないのかも‥‥。

フォーカスエリアの中で、より後ろにピントが合う動作も相変わらずだし、は~あ、これじゃあ花や昆虫には安心して使えませんよ(涙)


e0308416_21531216.jpg
【竜洋昆虫自然観察公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 60mm F2.4 MACRO R / F4 AE(-0.3) / ISO320 / OLYMPUS FL-600R / RAW

出かける直前にカメラ付属のフラッシュを探したのですが、どこを探しても見つからず、仕方なくオリンパスの小型(中型?)フラッシュを持って行きました。
マニュアル発光で撮る分には、特に不具合はないようです。


e0308416_21531271.jpg
【竜洋昆虫自然観察公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / F2.8 AE(-1.0) / ISO200 / RAW


e0308416_21531123.jpg
【竜洋昆虫自然観察公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 60mm F2.4 MACRO R / F3.6 AE(+0.7) / ISO200 / JPEG(PROVIA)


e0308416_21531196.jpg
【竜洋昆虫自然観察公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 60mm F2.4 MACRO R / F5.6 AE / ISO200 / JPEG(PROVIA)


しばらく粘って園内の昆虫を狙いましたが、ことごとく合わないピントにほとほと嫌気が差し、被写体を園内に咲いている花に変えましたが、一度失ったやる気を回復させるにはあまりに気温が高すぎて、早々に退散することにしました。

あ~あ、やっぱり D4 を持って行くべきだったなぁ。



あ、そうそう、おニューのレンズがあったのでした。
あまり出番は無かったのですが、なかなかの鮮鋭度でしたよ~。

e0308416_21531411.jpg
【新東名・掛川SA】 FUJIFILM X-T1 / XF 16-55mm F2.8 R LM WR / 55mm / F8 AE(+0.7) / ISO200 / JPEG(PROVIA)


ただ、ちょっと線が太いかな・・・



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-08-09 22:36 | 昆虫たち