とうとう五十路になりました ~ いなきち

<   2015年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


桜の命、短し

やっと桜が満開になったと言うのに、今週後半は雨模様。
雨風のせいで散ってしまう前に、何とか撮りに行きたいと思うのですが、ここにきて名刺の注文が殺到し、なかなか外へ出られない始末。
それでも今日、たまたま静岡市街へ納品が1件ありましたので、その後に少しだけ駿府城公園の桜を撮ってきました。

ただでさえ荷物が多かったので、マクロレンズを持って行くのはキッパリ諦め、選んだのは X-T1 と 23mm だけ。
ただ、23mm は寄れないレンズなので、クローズアップレンズも携行しました。
ちなみにX-T1 は、4月始めに保証期間が終了するので、今日の撮影を最後に、メーカでローパス清掃&点検に入る予定です。


e0308416_20354278.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

e0308416_20354221.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F1.6 AE / ISO200 / JPEG(VELVIA)

駿府城公園にはたくさんの桜が植えられていますが、格好な撮影場所として誰もが思い浮かべるのが、西門にあるこの老木。
今日もたくさんの人がカメラを向けていました。


e0308416_20354217.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE / ISO200 / JPEG(ASTIA)

園内も、平日だというのになかなかの盛況ぶり。
お花見を楽しむ方も、たくさんいました。
さすがに午後の早い時間だと、気勢を上げて宴会芸を披露する人はいませんでしたよ(笑)


e0308416_20424288.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R+ CANON 500D / F2 AE / ISO400 / JPEG(PROVIA)

e0308416_20424240.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R+ CANON 500D / F11 AE / ISO400 / JPEG(VELVIA)

クローズアップを2発。
優秀な CANON のクローズアップレンズ 500D も、このレンズと組み合わせるとイマイチな感触です。
ある程度絞らないと、良い画質とは思えませんでした。


e0308416_20471316.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F1.4 AE(-1.0) / ISO200 / JPEG(PROVIA)

幹の上の方にちょろっと咲いた桜を目立たせたかったため、思いつきで露出を詰めてみました。
離れた小さな被写体を、構図だけで目立たせたくても、ボケ表現が苦手な広角レンズがお供では、いささか難しいですね。
明暗差、それから、白い花色と濃い背景の色の対比で、少しは目立たせられたでしょうか?


e0308416_20470262.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F9 AE(+0.7) / ISO400 / JPEG(ASTIA)

少し前、ブログ仲間のslowさんが、同じような構図を望遠レンズで切り取られていました。
そのお写真をパク・・・いや、インスピレーションを得て、撮ってみました(爆)


e0308416_21012548.jpg
【駿府町】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(+1.0) / ISO400 / JPEG(PROVIA)

公園から、少し離れた場所にある桜並木。
このレンズの逆光下での性能低下の少なさには、驚くしかありません。

ちなみに、ワタクシ的には、ゴーストの発生は少しもマイナス要因にはなり得ません。
それよりも、フレアによるコントラストや解像感の低下が問題です。
そう言った意味で、このようにコントラストを維持できるレンズが、逆光に強いレンズだと感じています。

あ、ゴーストはプロテクトフィルタのせいかもしれませんね。
それから、日頃からこのレンズにフードは付けていません。
だって、付属フードは格好悪いんだもの(笑)


さて、どうやら今日が、桜の撮り納めとなりそうです。
今日は時間もなかったし、もう少しだけ、いや、お腹いっぱいになるまで撮りたかったなぁ。


「命短し 恋せよ乙女」

昔の流行歌の文句じゃありませんが、ワタクシの命は物理的にそれほど長くないはずで、かと言って、今さら色恋に走る訳にもいきません。
毎年可憐に咲き誇り、散り際も見事な桜を手本とし、せめてみっともない死に方だけはしたくないと思う、今日この頃。
問題は、「あと一花」をどうやって咲かせるかでしょうかねぇ。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-31 21:14 | 路傍の花 | Comments(6)

SP90 は楽ぅ~

SP90 でマクロ撮影を楽しむようになって、つくづく思うのですが、撮影が非常に楽になりました。
それまでは、主にシグマの150マクロを使ってきましたが、150mmと比べると取り扱いのし易さが、天と地ほども違います。
それに、これは意外でしたが、105mmと比べても楽なんです。

ワタクシの場合は100%手持ちでして、今までは150mmと D4 の組み合わせでも、それほど重いとか辛いとか、感じることはありませんでした。
純正やシグマの105mmを使っていた時も、150mmだから運用が難しいなど、あまり感じませんでした。
ところが、SP90 を導入して以来、150mmが使いにくく感じるようになったのです。


e0308416_21060771.jpg
【能島】 NIKON D4 / SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F4.2(F7.1) AE(+1.0) / ISO125 / RAW

e0308416_21062933.jpg
【大内】 NIKON D4 / SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F5.6(F8) AE(+0.7) / ISO125 / RAW

e0308416_21074567.jpg
【大内】 NIKON D4 / SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F3.5(F5.6) AE / ISO100 / RAW

e0308416_21074899.jpg
【大内】 NIKON D4 / SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F4(F5.6) AE(-0.3) / ISO100 / RAW


ホント、何故なんでしょうか?

確かに重さ1,150gの150マクロに比べれば、半分の550g。かなり軽いレンズです。
ただ、この運用のし易さは、重さの違いだけじゃない気がします。
その理由が、ワタクシには分かりません。

フィーリングが合う、って感じなのかしらねぇ。


e0308416_21154389.jpg
【長崎】 NIKON D4 / SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F4(F5.6) AE(+0.7) / ISO100 / RAW

e0308416_21154315.jpg
【吉川】 NIKON D4 / SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F4.6(F8) AE(-0.3) / ISO100 / RAW

e0308416_21154364.jpg
【吉川】 NIKON D4 / SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F5.6(F8) AE(+0.3) / ISO100 / RAW

e0308416_21154381.jpg
【長崎新田】 NIKON D4 / SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F5.6(F8) AE(+0.7) / ISO200 / RAW


このレンズで花を撮っていると、何と言うか、余裕のようなものを感じ、撮影に没頭しながらも、色々なアイデアが浮かぶことが多いです。
150マクロだと、撮るだけでやや一杯一杯な感じで、楽しくて夢中になるのは変わりませんが、それだけで終わってしまうような感じです。
自然体で撮れる、ってことなのかなぁ。

ワタクシのマクロ撮影は、とにかくピント命、なんです。
構図を決めたら、まず、ここからここまでをピント範囲に入れたい、と考えて絞り値を選択します。
もちろん、ボケ具合も意識しますが、実はあんまり考えていません(笑)
ボケは成り行き、と言う感じです。

ところが、このレンズで撮ると、絞り値に関わらず綺麗なボケが出るので、逆にボケを生かした写真を撮りたくなってしまうのです。
構図も、以前と比べて、色々と考えるようになりました。


う~む。
ひょっとして、一皮むけたのでしょうか。

これでやっと、「男」になれました(爆)



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-30 21:33 | 路傍の花 | Comments(6)

X-T1 に思うこと

X-T1 を購入してからもうすぐ一年。

画質面に関しては、概ね素晴らしいと思います。
フィルムライクな色が楽しいし、良いレンズが揃っていることと相まって、撮った画像を見るのが楽しいカメラではあります。
ただ、ハイライトの階調が、なぜあんなに圧縮されているのか、そこが疑問です。
後処理をかけると、失っているように見える階調が引き出せることから、データ的には十分な階調性を持っていると思われます。
てことは、このような画作り、と言うことなんでしょうか。
また、使用するレンズに関わらず、ハイライトの輪郭がごく微妙ながら滲む傾向があるようで、その部分のコントラストが低下します。
具体的には、ハイライトの隣にシャドーがあると、シャドーが浮いて締まりが悪くなるのです。
これはどうにかして欲しいなぁ。


e0308416_13470394.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / 多重露光 / JPEG(VELVIA)


さて、問題は操作性。
巷でもよく言われていますが、ストレスなく使うのが難しいカメラです。
もちろん、操作性の悪さに対する許容度は人それぞれでしょうし、撮るものや撮り方によっても違ってくるでしょう。
それ故、あくまでも「ワタクシの場合は」と言う注釈付きですが、理解に苦しむ点が多々あります。
先ほど「撮った画像を見るのが楽しい」と述べましたが、「撮っていて楽しい」とは思えないんですよ。

そもそも、X-T1 の外観を見た瞬間、誰もが操作性に気を配ったカメラだと思うでしょう。
シャッタ速度、ISO感度、露出補正がダイアル式ですし、ほとんどのレンズには絞り環が付いています。
初心者ならそれほど恩恵はなさそうですが、カメラに慣れた人ほどそそられる仕様な訳で、操作性の良さに多大な期待をかけ購入するのでしょうが・・・結果ガッカリ、と。
だって、その他のダイアルが小さい上に突起が少なく、クリック感も頼りないせいで、非常~に押しにくいんだもの。


e0308416_13470312.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / 多重露光 / JPEG(VELVIA)


ここで不思議に思うのが、なぜ FUJI はこの操作性の悪さをそのまま善しとし、販売したのでしょうか?
社内で問題視されなかったのかしら?
試作機をプロの方が試用した段階で、当然指摘があったと思うのですが、まさかの無視?
ま、大人の事情、ですかね(笑)

極寒の地で X-T1 をメインカメラとして使われ、その画質を絶賛されているプロの方がいますが、グローブを付けたままこのカメラをまともに操作できるとはとても思えません。
それでも愛用されているのだから、よほど画質に惚れているのだなぁ、とは思いますが、よくここのカメラで撮る気がするなぁ、とも思います。
きっと、言いたいことを我慢しているのだろうなぁ。
ワタクシは、メーカのプロパガンダに乗せられるほど若くはありませんが、特にカメラでは実際に使ってみないと分からないことが多いので、べた褒めばかりで悪い点を指摘しない方の話しは、プロ・アマ問わず、話半分に聞いておく方がよさそうに思えます。
アマチュアの機材選定の大きなファクタとして、プロの方の作例やレビューは大いに参考になる訳で、プロには是々非々でいってもらわないと、あまりの絶賛ぶりには、ちょっと裏が見えた感じがしてシラケちゃうんですよね・・・

操作性については、もう聞き飽きたし言い飽きたので、これ以上は述べたくありませんが、最後に一つだけ言うとすると、このサイズで操作性を求めちゃいけない、と言うのは事実だと思います。
もうこの手のカメラには、ミラーレスといえども大型化してもよろしいのではないでしょうか。
オリンパスが E-5 後継機を諦め(多分ですケド)、より小型化を歩んでマイクロフォーサーズに移行した流れが正解だったとすると、FUJI としても大型化にはなかなか踏み切れないでしょうが・・・
となると、小型化のまま操作性をよくするには「音声認識」しかない、と思うのです。
以前のブログで、今後のカメラ、特に小型のミラーレスには、操作性向上のためには音声認識が必要だと述べた(http://minarai39.blog112.fc2.com/blog-entry-438.html)ことがありますが、あのアイデア、真剣に考えてくれませんかね。


e0308416_13470337.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / 多重露光 / JPEG(VELVIA)


今日の午前中、近くを一周しながら多重露光で遊んでみたのですが、この機能、スナップで遊ぶには全然使えません。
このモードを初めて使って驚いたのですが、1枚撮った画像を一旦保存して、任意のタイミング呼び出して2枚目を重ねる、と言う多重露光の定番手順ができないのです。
このカメラの多重露光は、モードダイアルを専用位置に動かし、1枚目を撮ったらそのまま2枚目を撮る仕様です。
2枚目は、間髪入れずに撮らないといけません。
なぜなら、カメラがスリープ状態に移行した途端、1枚目が消えちゃうから(驚)
これだと、1枚目を撮ってから2枚目の被写体を探すまで、せいぜい50メートル、いや気持ち的には10メートル動けるかどうか。
綿密に計画したスタジオ撮影ならまだしも、スナップでは使い物になりませんな。
こんなオマケみたいな機能なら、普通に撮って家に帰って Photoshop で合成しますよ、ホント。

なになに? スリープ切れば良いじゃん、ですって?
バッテリ持ちを良くしてから言って欲しいですね~。


e0308416_13470345.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / 多重露光 / JPEG(VELVIA)


そもそも、アマチュアが X-T1 に求めるのは何か?
人それぞれでしょうが、「ダイアルを使った操作性」以外だと、ほとんどの方が「 FUJI の色」と答えるんじゃないでしょうか。
だとしたら、いらない機能が多すぎます。
今日試した、使えない多重露光しかり、トイカメラなどのフィルタ系しかり。
フィルムで鳴らした懐古主義のオッサンと、形から入る今どきのデジタル男子、それに加え、都会的なファッションセンス溢れるオシャレな婦女子、これらを全部取り込もうとしているイヤラシい魂胆が見え見えなんですよ。

一言で言うと、軽薄です。
一本筋が通ったポリシーを感じません。
軽薄の神様みたいなワタクシが言うのですから、絶対間違いありません(爆)


この多機能ぶりはオリンパスも似たような路線ですが、あちらさんはカメラとしての骨格がしっかりしており、基本機能がこなれているので枝葉に走って良いのです。
ミラーレスカメラとしてはまだまだ発展途上である FUJI が、後を追いかけて似たようなことをやってはイカンのです。
とにかく幅広い購買層に売って、次機種の開発費を稼ごうとする目論見はわかります。
わかりはしますが、全てのカメラがどんどん高機能化している現状の中、シンプルな機能のカメラは逆に差別化となり、昔から写真文化の担い手として歴史に燦然と輝く、信頼できる FUJIFILM のブランドイメージにピッタリだと思います。
この際、「オシャレなシティーカメラ」と言う位置づけは下位機種に任せて、X-T1 には真っ直ぐにカメラとしての使いやすさ、基本機能の充実を目指して欲しいものです。

あ、X-Pro シリーズも同様にお願いします。
いくら名前が X-Pro だからといって、間違ってもクロスプロセス(英語だとXpro)なんて載せてはいけません!
あ、クロスプロセスはフィルム由来だから善し、なのかも(笑)


・・・売れるかどうか、保証はしませんケド。
多分、売れんな(爆)



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-29 13:53 | 巴川散歩 | Comments(10)

桜の前に桃

期末のせいで仕事で忙しい一週間でしたが、それも何とか乗り切っての週末。
ここしばらくの陽気をを考えると、この土日で桜が見頃になるかと思い、午前中から張り切って出かけました。
が、最近のフィールドである塩田川(しょたがわ)沿いは、まだ花がチラホラという状況で残念(涙)

気を取り直して,桃の花などを撮ってきました。


e0308416_17594667.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F2.8(F4) AE / ISO100 / RAW

e0308416_18030826.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F3.7(F5.6) AE(+0.7) / ISO100 / RAW

e0308416_17594909.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F3.4(F4.5) AE(+0.3) / ISO100 / NIKON SB-910 / RAW


新型SP90 は、本当にボケ味が綺麗です。
背景が多少うるさく写りそうな状況でも、それほど堅いボケにならないのが嬉しいです。

e0308416_18060068.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F5.6(F8)・1/800 / ISO280 / RAW

e0308416_18060055.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F3.5(F5) AE(+0.7) / ISO100 / RAW

e0308416_18060043.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F4.3(F6.3) AE(+0.7) / ISO100 / RAW


桜がまだ早いとなると、明日の日曜日は日本平動物園へ行ってみましょうか。
少し前に安く買った入場券が、今月中で期限を迎えるのですよ。
ただ、最近歩くと右膝に痛みを覚えるので、登る下りがある動物園への撮影行は・・・どうかなぁ。
やめといた方がいいかしら。


e0308416_18162256.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F5(F8)・1/1600 / ISO400 / RAW

e0308416_18131988.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F5(F8)・1/1600 / ISO800 / RAW


そろそろミツバチが活発に動く時期です。
菜の花に来るミツバチを撮りましたが、やはり90mmだと短すぎてイマイチな感触です。
ミツバチを撮るのは久しぶりだったので、結構疲れました。

それにしても、この解像感が半端ないですねぇ。
思わず多画素機で撮りたくなりましたが、その辺はフォトンさんにお任せしましょうか(笑)



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-28 18:21 | 路傍の花 | Comments(5)

三保から富士山

今日は仕事先から少し足を伸ばし、何年かぶりに三保を訪れました。
それほど時間は無かったので、半島の先をぐるりと一周したに留まりましたが、相変わらずゴミで汚れた汚い海岸でしたね(涙)
これで世界遺産なんて、とてもじゃないけど地元の埃、じゃなかった、「誇り」にはなりませんよ。

e0308416_21504480.jpg
【三保】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F8 AE / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21514511.jpg
【三保】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F6.4 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21514548.jpg
【三保】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F6.4 AE(-0.7) / ISO200 / JPEG(VELVIA)


何種類かのフィルムシミュレーションを試しましたが、どうもしっくりきません。
ヒストグラムを見ると、ハイライトやシャドーに余裕がありすぎます。
どうやら、順光で光が回った光景だったので、少々抑揚に欠ける写真になったようです。
(上の写真は、少々後処理をかけてあります)

それにしても、松の写真とすぐ下の2枚は、同じ PRO NEG. HI で撮ったものなのに、何故このように違う色が出るのでしょうか?
もちろん、ホワイトバランスは同じ設定です。
訳が分かりませんねぇ・・・

ま、VELVIA は相変わらず VELVIA ってことで(笑)


e0308416_21571797.jpg
【三保】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F8 AE / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21571944.jpg
【三保】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F8 AE / ISO200 / JPEG(CLASSIC CHROME)

クラシッククロームは、普段はほとんど使いません。
FUJI の説明によると、「ドキュメンタリ写真に向く色合い」とのことですが、ワタクシ的には「そんなものかなぁ」と言った感じで、よく分かりませ~ん。
ただし、写真を見た時の印象的な色合いに誤魔化されないだけ、物体の鮮鋭度が一番強く感じるモードではあるようです。


せっかく撮った富士山ですが、今日はイマイチ気分が乗らない日でしたね。
花粉症が酷かったせいかしら?



e0308416_22044657.jpg
【草薙】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)


e0308416_22044761.jpg
【長崎南】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2.8 AE(-0.3) / ISO400 / RAW


e0308416_22044630.jpg
【駿河区・軍神社】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(-0.3) / ISO640 / JPEG(PROVIA)


最近気が付いたのですが、このレンズ、結構周辺減光が強く出ますね。
別にイイいけど(笑)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-25 22:08 | 清水港散歩 | Comments(6)

ソメイヨシノ開花

先ほど夕方のニュースによると、静岡市でソメイヨシノの開花宣言が出たそうです。
ここのところお気に入りの撮影スポットになっている塩田川。
川沿いの遊歩道脇のソメイヨシノも、ボチボチと花が咲きつつあります。

例年より多少早かったようで、これで名実ともに春の訪れですね~。


e0308416_19354226.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4.5(F5) AE(+0.7) / ISO100 / RAW


上の写真のように、写真の被写体としてはまだ早すぎでして、一応トライはしたものの、納得のいく写真は撮れませんでした。

焦らず満開を待ちましょうか。
もうすぐですね~


e0308416_19354218.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F3.6(F5.6) AE(+0.7) / ISO100 / NIKON SB-910 / RAW


e0308416_19354201.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4.2(F5) AE / ISO100 / RAW


e0308416_19462772.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5.6(F8)・1/800 / ISO280 / RAW


e0308416_19462895.jpg
【大内】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F3.2(F5) AE(+0.7) / ISO100 / RAW


e0308416_19462729.jpg
【大内】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4.5(F5) AE(+0.7) / ISO100 / RAW


e0308416_19462779.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F3.7(F4.5) AE(+1.3) / ISO100 / RAW


e0308416_19462887.jpg
【長崎】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM + CANON 500D / F8(F16)・1/200 / ISO320 / NIKON SB-910 / RAW


暑くなるまで、毎日写真撮りながら、遊んで暮らしたいなぁ(笑)



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-22 19:53 | 路傍の花 | Comments(10)

絶好の雨日和?

今日は降雨確率 30%だと聞いていたのですが、雨、でしたねぇ。
今朝家を出た時は、肌寒い陽気ではあるものの雨が降る予感はなく、傘を持つことはしなかったのですが、途中で見事に降られました。
でも、撮影は続行。
だって、楽しいんですもの。
D4 に防塵防滴な SP90 だから、多少の雨なら大丈夫ですしね。


e0308416_16124057.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F3.7(F5.6) AE(+1.3) / ISO400 / JPEG


e0308416_16161262.jpg
【高部みずべ公園】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F3(F4) AE(+0.3) / ISO100 / RAW


e0308416_16124030.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F3.5(F4)・1/500 / ISO500 / JPEG


何かと忙しい期末ですから、たまの休日に天気が悪いのは困りものです。
でも、「花曇り」という言葉もあるくらいですから、曇りの日は光がよく回って花の色が素直に出ますね~
う~ん、良い感じです。


e0308416_16190847.jpg
【高部みずべ公園】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F6.4(F11)・1/500 / ISO560 / RAW


e0308416_16235486.jpg
【長崎新田】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F5(F4.5) AE(-0.3) / ISO2500 / RAW


e0308416_16234970.jpg
【塩田川】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F4(F5.6) AE(+0.7) / ISO250 / RAW


TAMRON の新型 SP90 は、絞ってもボケがとても綺麗。
自在に絞りを操る気分が楽しいです。
腕が伴わないので、あくまでも「気分」だけですけどね(笑)

あれ?
雨が強くなってきましたよ。
しばらくバイパスの高架下で雨宿りしましょうか。

いや、もう少し雨の中で撮りましょう。
雨中の花も風情があるし、何よりカメラとレンズの両方が防塵防滴なんですから!
ここは一つ、「絶好の雨日和」としゃれ込みましょうか。


e0308416_16291808.jpg
【高部みずべ公園】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F7.6(F11)・1/640 / ISO800 / RAW

↑ゼニアオイの花の中に、アブラムシが4匹います(笑)

e0308416_16291754.jpg
【長崎新田】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F18(F32)・1/100 / ISO1000 / NIKON R1C1 / JPEG


まだ本格的に昆虫を撮るには少々早い気がしますが、幼虫はだいぶ見かけるようになってきましたね。
これから夏過ぎまでが、本当に楽しみです。


さて、雨のせいか寒くなってきましたし、指もかじかんでよく動きません。
写真もたくさん撮って満足なので、そろそろ帰りましょうか。

それにしても、新型 SP90 は良く写るなぁ。
それに、普段はあまり恩恵を感じない防塵防滴性能も、たまには役に立ちますね!
防滴レンズなら途中で雨に降られても平気ですし、持ち出す際に安心感がありますもの。





さっき改めて調べたら、SP90 は防滴じゃなくて「簡易」防滴でした、ガチョ~ン。
ま、大丈夫でしょ、多分(爆)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-21 16:46 | 路傍の花 | Comments(2)

ビビったこと

昨日、大事なX-T1を、高さ30cm位の石垣の上から落としました。

散歩中、あまりの暑さに耐えかね、上着を脱ぐために、道路端の石垣の上にカメラを置いたのです。
カメラから手を放しながら、意識はもう上着を脱ぐ方に行っておりまして、手を上げた瞬間にカメラのストラップを引っかけてしまい、そのままガシャン・・・と言う音は聞こえなかったけれど、ガァ~ンと言う音が頭の中にこだましました。

ところが、急いでカメラをチェックしたところ、これが全く問題なし。
ボディーの背面液晶下の部分が、ちょっと傷ついただけです。
レンズも傷一つなく無事。

よかったぁ。
ホッとしました。


e0308416_19565252.jpg
【葵区・春日】 OLYMPUS XZ-2 / F1.8 AE(-1.0) / ISO125 / RAW


そう言えば今まで、数々のビビり話しがありますね。

落下系(笑)では、ワタクシはとにかくテレコンをよく落とすのです。
あれは小さくて丸いので、手から滑り落ちやすいのです。
オリンパスの EC-14 なんて、自慢じゃないけど3回も落としていますもの。

その内の1回は家の畳部屋でしたので、運よく難を逃れましたが、後の2回は散歩中にテレコンを装着する際、思い切りコンクリートの上に落としています。
さらに、うまい具合に着地したテレコンが、ころころと転がり巴川の方へ・・・死ぬ気で追いかけましたよ。
あれにはビビったなぁ。


e0308416_19580759.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F1.4 AE / ISO200 / JPEG(VELVIA)


結局 EC-14 は、2回修理に出しています。
修理費は、マウント交換で1.5万円位だったと記憶していますが、テレコンは元々それ程高いものではないので、逆に修理費がもったいなく感じて、それ以来テレコンを買う時は、必ず落下保証を付けるようにしています。

でも、保証を付けるとなぜか落とすことがなくちょっと残念、と思うのは、可笑しな話しでしょうか(笑)


e0308416_19580005.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2.8 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(VELVIA)


他にも色々とビビった話しはありますが、ちょっと毛色の変わったビビり話しと言えば、初めて E-3 のミラーアップをした時のことが忘れられません。
ミラーアップして中を覗きこんだ時、驚愕の事実を目にしたのですよ。

「なに、このあり得ない程小さなセンサーは!?」

E-3 はご存知の通り、-いや、知らない人もいるのかも- フォーサーズ規格のカメラです。
フォーサーズやマイクロフォーサーズは、センサーサイズが小さいことは知ってはいたものの、想像以上の小ささに度肝を抜かれました、と言っては大げさかな(笑)
でも、あれには結構ビビりましたね。

で、センサーサイズが小さいくせに、画質の良さにさらにビビった、と言うオチもついております(爆)


e0308416_19580731.jpg
【草薙】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F1.4 AE / ISO200 / RAW


小ささにビビったお話しの後は、あまりの大きさにビビった話しにしましょうか。
D4 のバッテリのことです。

注文した D4 が届いて、ワクワクしながら箱を開けた時、目に飛び込んできた巨大バッテリ・・・
超~ビビりました。
正にプロ機の物理的な重さを、実感した瞬間でした。
そのおかげで、自分がプロ機を持つ資格があるのかどうか、自問自答する暇がありませんでしたよ(爆)


e0308416_20001557.jpg
【長崎新田】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE / ISO400 / RAW


まぁ、その大きさのお陰で、RAW+JPEG で2000枚撮っても、半分以上充電が残っているんですけどね~。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-19 20:05 | 清水区散歩 | Comments(6)

VELVIAだけじゃないのよ~

ここのところX-T1では、VELVIA ばかり使ってきたので、あの高彩度と高コントラストには、少々食傷気味です。
ハッキリ言って、飽きてしまったのです(笑)
でも、X-T1には、他にも色々なフィルムシミュレーションがあるので大丈夫。


e0308416_21240422.jpg
【草薙北】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F9 AE(+0.3) / ISO400 / JPEG(ASTIA)

e0308416_21244389.jpg
【吉川】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(ASTIA)

e0308416_21244344.jpg
【吉川】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(ASTIA)

個人的には、ASTIA が面白いと思うのですが・・・使いどころが分からん!

色々と試行錯誤しながら使っていますが、「これぞ ASTIA!」と言う写りを楽しむのには、どんな被写体、シチュエーションが良いのか、皆目見当が付きません。
上に載せた3枚の内、一番最初のビルの写真は、他のどのモードとも違った独特な描写が ASTIA っぽいと思うのですが、他の2枚からは、それほど特徴ある写り・色を感じませんよねぇ。


e0308416_21334658.jpg
【草薙】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F1.4 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21334710.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21334711.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PROVIA)

なんやかんや言って、事実上の標準モードである PROVIA で撮ることが一番多いのですが、個人的にはちょっと納得いかないことが・・・
なんとなく、コントラストが強すぎるように感じるんですね~。
こんなに白飛びや黒つぶれが頻発するようでは、ちょっと使いづらいんですよ。

コントラストなどの味付けもイマイチしっくりきませんが、それ以外に、AEとの相性が悪い気もします。
PROVIA のときは、なぜか訳の分からない露出補正を強いられることがしばしば。
AEも含めて、もう少しニュートラルな画作りにしても良かったのではないかと思います。


e0308416_21433183.jpg
【長崎新田】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(-0.3) / ISO4000 / RAW

ブログに載せる写真は、他のカメラより圧倒的に JPEG が多いのですが、RAW 現像しても印象的なな色が出るのは、独特なセンサーのお陰でしょうか。
コントラストのスライダを上げていくと、スッと空のグラデーションが映える感じは、なかなか気持ちが良いですね。



e0308416_21424358.jpg
【草薙】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F16・1/8 / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

フィルムシミュレーションの話しではないのですが、最近、ちょっと面白いかも、と思っているのが電子シャッタ。
ご存じの通り、物理的なシャッタがないため、数万分の一の高速シャッタが切れる代わりに、高速移動する被写体は歪みます。
で、試しに低速シャッタで流し撮りをしてみました。

電車が止まってないのはご愛敬(爆)
たまたま電車の前面に、星のイラストが描かれていたので、その星が電車の脇へ流れるような不思議な写真になりました。

これ、面白いですねぇ。
露光間ズームなんてやったら、どうなるんでしょうか?
今度試してみ~よぉ、っと。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-17 21:52 | 清水区散歩 | Comments(2)

悩ましいなぁ・・・

あぁ、悩ましい。
実に悩ましい、のであります。


e0308416_23134112.jpg
【長崎】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F9(F16)・1/500 / ISO2200 / JPEG

e0308416_23171208.jpg
【大内】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F9(F16)・1/800 / ISO800 / NIKON SB-910 / RAW

e0308416_23134155.jpg
【長崎】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F17(F20) AE / ISO400 / RAW


何が悩ましいかというと、このレンズ、F8以上に絞った時の画質が、シグマ150マクロより素晴らしいのです。
特に高倍率撮影時に、その良さが分かります。
線が細いまま乱れないので、画像が大変シャープに見えるのです。

また、シグマ150マクロに比べると、被写界深度が比較にならない程深いため、一段以上絞りを開けることができ、よりシャープに写せるのです。
ピントの歩留まりも、かなり上がります。
微細構造を持つ昆虫の撮影では、このことは大変有利に働きます。

ところが、最短撮影距離が短いので、昆虫に逃げられる確率が上がる訳でして、このあたりが「う~ん…」と言う感じなのです。


e0308416_23273018.jpg
【山原】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F2.8(F4) AE(-0.3) / ISO100 / RAW

e0308416_23273148.jpg
【大内】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F4(F5.6) AE(+0.3) / ISO100 / RAW


昆虫と違い逃げない花などでは、ボケ味がよろしいこちらのレンズを使うのは大いに楽しいのですが、荷物の都合で1本だけマクロレンズを持っていくとなると、昆虫が活発に活動するこれからの季節、これまた悩ましい。
焦点距離が短い90mmだと、急に現れたチョウなどに、とっさに対応するのが難しいからです。
その点、150マクロなら、1本で花にもチョウにも対応できます。

ううむ・・・


e0308416_23273075.jpg
【山原】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F7(F11)・1/400/ ISO1250 / RAW

e0308416_23273035.jpg
【山原】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F6.4(F11)・1/500 / ISO2200 / RAW

e0308416_23273081.jpg
【鳥坂】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD(F004) / F3.8(F5)・1/500 / ISO500 / RAW


これからの季節、出かける前に毎回毎回、どちらのレンズにするか悩むなんて、ちょっと困りましたねぇ。

春から夏にかけてのマクロシーズン、ワタクシが出かける時は、

 ・マクロレンズ 1本
 ・シグマ35mm or 10.5mm魚眼(DX) or コンデジ
 ・70-200/F4ズーム
 ・テレコン(x1.4 or x1.7)
 ・クローズアップレンズ or エクステ
 ・フラッシュ(R1C1 or SB-910)

と言うように、ほぼ持ち物が決まっています。

フットワークを軽くしたいので、カメラバッグは小型と中型の間のタイプを愛用しており、↑の荷物を入れるとキツキツです。
70-200/F4ズームは、近寄れない花やチョウを撮るために外せませんから、マクロレンズをもう1本持つとなると、広角(or 魚眼)を諦めるしかないですよね・・・

いや、高倍率撮影ばかりではつまらないし、良い気分転換にもなるので、広角マクロは捨てがたい。
となると、やはりマクロレンズはどちらか決め打ちして持って行くしかなさそうです。

困ったなぁ・・・



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-16 23:56 | 路傍の花 | Comments(8)