とうとう五十路になりました ~ いなきち

<   2014年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧


なかなか涼しげには撮れないなぁ

こう蒸し暑い日が続くと、本当は綺麗な花を涼しげに撮って、皆さんに少しでも涼をお届けしたいのですが・・・
これがなかなか難しいのですね~。

e0308416_22000240.jpg
【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4.5(F7.1) AE(+0.3) / ISO1800 / RAW


e0308416_22011754.jpg
【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4(F3.5) AE / ISO100 / RAW


e0308416_22020267.jpg
【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4.5(F7.1) AE(+0.7) / ISO250 / RAW


e0308416_22031743.jpg
【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F2.8(F4.5) AE(+0.3) / ISO640 / RAW


e0308416_22045428.jpg
【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4(F5.6) AE(-0.3) / ISO900 / RAW ※トリミング


e0308416_22053752.jpg
【八坂北】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F6.3(F10) AE(+0.3) / ISO800 / RAW

クモの隠し帯は、何のためにあるのかと疑問に思っていたのですが、どうやら正確なところはわかっていないようですね。

ご覧になって却って暑苦しくなったとしたら、「どうもすみませ~ん」と謝るしかございましぇ~ん(爆)



ところで、次のカメムシ、何と言う名前かご存じの方いらっしゃいませんか?

e0308416_22094370.jpg
【八坂神社】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F12(F20)・1/160 / ISO1600 / NIKON SB-910 / RAW

e0308416_22104210.jpg
【八坂神社】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F12(F20)・1/160 / ISO1600 / NIKON SB-910 / RAW

手持ちの図鑑やネットで調べたのですが、どうしても名前が分かりませんでした。
ご存じの方、どうかお教え下さい。
お願いします。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************


[PR]

by inakichi88 | 2014-06-30 22:11 | 路傍の花

TG-3 の魅力 ~ フルサイズと比較して

TG-3とフルサイズで撮った写真の比較をしてみます。

そんなの無意味だろ~、って?
いえいえ。
これでTG-3の魅力を再確認できるのですよ~。

まずはフルサイズで撮った写真から。

e0308416_218752.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5(F8)・1/160 / ISO400 / NIKON SB-910 / RAW

夕方に、葉の裏にぶら下がって休んでいるツマグロヒョウモンを見つけました。
このような時は、かなり近寄っても逃げません。寝ているんじゃないかと思います。

とりあえず遠目から、絞らずに撮ってみました。
予想通りの被写界深度の浅さです。
これはこれで良いのかも知れませんが、もう少し羽を詳細に写したいと思い、アングルを変え絞り込んで撮ってみました。


e0308416_2114676.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F12(F22)・1/125 / ISO400 / NIKON SB-910 / RAW

ほぼ最短距離での撮影です。
口吻を見せつつ、なるべくチョウの体と平行にカメラを構えましたが、それでも羽の大部分はアウトフォーカスです。
まだ絞り足りないのですね。


e0308416_21193690.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F17(F29)・1/160 / ISO1600 / NIKON SB-910 / RAW

更に絞って、少し後に下がって撮りました。
これでもまだ、羽の全体がシャープに写せません。
・・・いったいいくつまで絞れば良いのか(笑)


そこでTG-3の出番です。


e0308416_2123713.jpg
 【八坂北】 OLYMPUS TG-3 / F4.9・1/320 / ISO800 / JPEG(顕微鏡コントロールモード)

e0308416_2123766.jpg
 【八坂北】 OLYMPUS TG-3 / F4.9・1/100 / ISO250 / JPEG(顕微鏡コントロールモード)

斜め前から撮ると、さすがに全面にピントは当たっていません。
でも、F4.9なんですよ!(驚)
顕微鏡(マクロ)モードでは、絞り値を選択できないので、カメラ任せにするしかありません。
深度合成を試せれば良かったのですが、足場が悪くて無理だと判断しました。

一方、ほぼ真横から撮ったショットでは、チョウの全身にピントが当たっていて、気持ちの良い描写になりました。

このように、TG-3でしか撮れない写真もあるのです。
もちろん、設定や工夫次第で、フルサイズでも全面にピントが当たった写真が撮れますが、TG-3は「比較的気軽に」と言うのがミソですね。

ところで画質はどうか、と言うと、これはフルサイズとは比べものにはなりません。
上の写真、そのままのサイズで鑑賞する分には、意外とTG-3もイケるじゃん!、と思われるかも知れませんが、拡大するとドン引きします(笑)

購入を考えている方のため、ご参考に両者の等倍画像を上げておきます。

e0308416_21364167.jpg
 NIKON D4

e0308416_21364590.jpg
OLYMPUS TG-3

個人的には、「TG-3はひどいじゃん!」と思わずに、「この写りを通常サイズでよくぞ見られる画像にしたものだ」と、褒めてあげるのが正解かと思います。


もう一つ作例を。

e0308416_21395244.jpg
 【八坂神社】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F14(F22)・1/160 / ISO800 / NIKON SB-910 / RAW

この写真を撮った場所は足場が悪く、このアングルからしか撮れませんでした。
目にピントを当てましたが、F22(実質はF14)だと背中にピントが来ていません。
コガネムシのような大型の昆虫だと、フルサイズでこのアングルから体全面にピントを当てるのは、どんなに絞ってもほぼ無理です。

この子(アオドウコガネ)はずっと動かなかったので、TG-3の深度合成を試してみました。

e0308416_2149256.jpg
 【八坂北】 OLYMPUS TG-3 / F5.6・1/200 / ISO800 / JPEG(深度合成モード)

う~ん、ちょっとピント位置が後ろ過ぎたようで、背中の一部がアウトフォーカスになってしまいましたね。
ピント位置をもう少し手前に持ってきたら、全身くまなくピントが当たっていたでしょう。
その代わり、と言うのもなんですが、こんなに大きく写せるのは驚きです。


いかがでしょうか、TG-3の顕微鏡モード。

もちろんフルサイズでも、遠くから撮ってトリミングすれば、より良い画質で撮ることが出来るでしょう。
D800などの高画素機だと、思い切ったトリミングが可能なので尚更です。

でもねぇ、撮影時に液晶にバ~ンと大きく被写体が写し出されると、もの凄く感動するのですよ。
ホント、興奮して血圧が倍に跳ね上がります(笑)
この充実感は、トリミング前提の撮影では、決して味わうことができません。

そう、TG-3の本当の素晴らしい所は、ただ単に大きく写せるからではなく、今までのカメラでは無理だった撮影時の興奮を味わうことができる所にあるのです。

この興奮、特に小さなお子さんに、ぜひ味わって欲しいなぁと思います。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-06-29 22:00 | 昆虫たち

忘れていた訳では無いけれど・・・

ワタクシのX-T1。
決して忘れていたり、ないがしろにしていた訳ではありません。
がしかし、この時期はマクロがメインになるので、あまり出番が無いのです。

今日は時折降る小雨の中、久しぶりに持ち出して見ました。
(以前撮り溜めていた写真も含みます)

e0308416_21115229.jpg
 【高橋3丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2 AE(+1.3) / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21125776.jpg
 【高橋3丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2 AE / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_21132488.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55mm-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F4.5 AE / ISO200 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21134459.jpg
 【高橋1丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 55mm-200mm F3.5-4.8 R LM OIS + VILTROX EXTENSION TUBE / F8 AE / ISO400 / JPEG(PROVIA)

PROVIAモードで撮ると、花の色がとても綺麗に出ます。
とても自然な色合いで好感が持てますが、PRO NEG. HI で撮った方が、実は本物に近い色合いなんじゃないかと多います。


e0308416_21213016.jpg
 【能島】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F8 AE / ISO800 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_2122219.jpg
 【八坂西】 FUJIFILM X-T1 / XF 55mm-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F5.6 AE(+0.3) / ISO400 / JPEG

e0308416_21225671.jpg
 【高橋3丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2.2 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_212324.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55mm-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F8 AE(+0.7) / ISO400 / JPEG

撮っていてとても楽しいカメラとレンズ達ですが、出番が多くなる秋口までは、今しばらくは防湿庫でゆっくり休んでいてくださいな。

・・・ちょっともったいないなぁ。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-06-28 21:27 | 路傍の花

TG-3の あれれ~?

TG-3。
購入以来ほとんど毎日何かしら写真を撮っていますが、マクロ好きにとって、なかなか良いカメラだと思います。
では、突っ込み処が無いかと言えば、そんなことはありません。
使っていて「これは?」と思ったことを、述べてみたいと思います。


e0308416_21043604.jpg
【高橋1丁目】 OLYMPUS TG-3 / F3.2・1/250 / ISO100 / JPEG



1.液晶がショボ過ぎ
TG-3には外付けEVFが付けられません。
ホットシューがあるべき部分には、GPS装置が埋め込まれているからです。
私にとってGPSは大変有効な機能なので、GPSを削ってまでEVFを付けたいとは思いません。
となると、おとなしく液晶で撮るしかないのですが、これが今一つの出来なのです。
いや、「今一つ」どころか、「全然ダメ~」なレベルだと思うのです。

ご存じの通り、TG-3は高倍率のマクロ撮影が売りの一つです。
小さなセンサーのコンデジとは言え、被写体まで数センチに迫ると、被写界深度はかなり浅くなります。
だからこそ、深度合成機能が付いている訳で・・・
そのようなマクロ撮影時には、撮影画像のピント確認がとりわけ大事です。

---------------
おぉ、珍しい昆虫発見!
慎重に近づいて、と。
パシャ!パシャ!パシャ!
どれどれ、ちゃんとピント合ってるかな?
・・・拡大してもイマイチわからんが、多分合っているでしょう。
---------------

で、家に帰ってパソコンで見たら、全然ピンが来ていな~い・・・なんてことがしょっちゅうあります。

TG-3の液晶は、今どき感満載の46万ドット。
マクロ機能を売りの一つにするのなら、液晶も頑張ってほしかったですね。

また、撮影時にも液晶の解像度が問題になります。
この辺りの内容は、事項の「AFポイントが・・・(泣)」に譲ります。


e0308416_21062840.jpg
【高橋南町】 OLYMPUS TG-3 / F5・1/250 / ISO100 / JPEG


2.AFポイントが・・・(泣)
TG-3のAFは、時々背景に抜けるものの、とても良く当たります。
被写界深度が深いことを差し引いても、優秀なんじゃないでしょうか。

でもねぇ、AFエリアの選択はオートか中央1点しか選べないのが不満です。

超クローズアップを試みる時は、仕方がないので中央1点とフォーカスロックを併用しますが、実際のところこれでほぼ問題はないとは言え、やはり不安が付きまといます。
いや、不安と言うよりも、ピントが来ているか分からないのにシャッターを押す、と言うことが、どうにも気持ち悪いのです。

上で述べたように、液晶表示がもっと高精密だったならば、フォーカスロックした後に目視で合焦判断ができるので、自信を持ってシャッターを押せますが、この液晶ではそれは無理。
精密なピントなんて、逆立ちしたって合わせられません。

ホント、ワタクシの精神衛生上、AFポイントを増やしてもらいたいなぁ。
あと、できればAFポイントの指定はタッチパネルでできるようにして欲しいのですが、防水機能を持たせるとタッチパネルは搭載できないのかしら?


e0308416_21070190.jpg
【高橋南町】 OLYMPUS TG-3 / F5.6・1/160 / ISO100 / JPEG


3.絞り優先AE搭載?/それよりPモードのAEプログラム変更を!
TG-3には、絞り優先モードがあります。
使い処あるの~?と思っていましたが、やはり使い処は無いっ(笑)
こんな小さなセンサーでは、ちまちま絞りを変えてもそれほど描写に違いはありません。
顕微鏡モードなら、絞りたい場合もあるでしょうが、何と!顕微鏡モードと絞り優先モードは排他関係にあるので、顕微鏡モードでは絞り値の指定はできないのです。
何という抜けた仕様でしょうか(驚)
ちなみに、プログラムシフトもダメ。
と言うか、どのモードでもプログラムシフトはできませ~ん。

それはそうと、晴れた日の昼間にPモードで撮影しようとすると、「F8・1/250・ISO100」なんて露出が頻繁に出ます。
もちろん正しい値なのですが、ちょっと待ってくださいな。
このカメラ、コンデジですよ~。
センサーサイズが小さいんですよ~。
シャッター速度の上限は1/2000まであるんだから(これもちょっと不満ですが)、遠慮せずシャッター速度を上げて、小絞りボケを回避して欲しいのです。

当初は、シャッター速度優先AEを搭載してほしいと思っていましたが、常にISO感度に気を付けるのも面倒なので、それならPモードの露出決定ロジックを見直してもらった方が良いのではないかと思い始めました。

ところで、最近のカメラのマニュアルには、プログラム線図が示されていないのですね。今まで気が付きませんでした。
ですので、どのようなロジックで露出が決定されているか、正確には分からないものの、恐らくデジイチと同じ制御だと思うのです。
そう言えば、XZ-2のPモードも、TG-3と同じような露出ロジックのような気がします。
コンデジとデジイチで同じ露出決定ロジック、と言うのは、いかがなものでしょうか?

XZ-2と同様に、TG-3にも内蔵NDフィルタが搭載されていれば、まだ救われるのですが・・・


e0308416_21073040.jpg
【天王南】 OLYMPUS TG-3 / F2.8・1/1000 / ISO100 / JPEG


4.撮影モードを変えると設定が初期化される
例えば、顕微鏡モードでLEDをONにして撮影しました。
で、一旦Pモードに変更して撮影し、また顕微鏡モードに戻したとします。
そうすると、先ほどONにしたLEDがOFFに戻ってしまう(初期化)のです。
ワタクシの場合、顕微鏡モードでは必ずLEDをONにしますので、毎回毎回、顕微鏡モードにするたびにLEDをONにしなければいけない・・・実に面倒くさい!

待てよ。
LEDをONにした顕微鏡モードを、カスタムモードに登録しておけば良いのでは!
ナ~イスじゃ~ん。
・・・カスタムモードは1個しか登録できないのね(涙)
カスタムモードは10個くらい欲しいなぁ(マジ)


はぁ、、、文句ばかり言うのにも、なんだか疲れました・・
他にも言いたいことはあるけれど、このカメラ、やはり良いカメラだと思います。
用途がはっきりしているカメラって、実は他にそれほど無いですもの。

このTG-3も然り、ドットサイト付きのSP-100EE然り。
文句ばかり書きましたが、最近のオリンパスのコンデジラインナップは、一本芯が通っている気がしますね~。


e0308416_21075876.jpg
【葵区・城北】 OLYMPUS TG-3 / F4.9・1/320 / ISO100 / JPEG



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-06-26 21:13 | カメラやレンズ

TG-3 スナップではど~なの?

TG-3 の大きな特徴と言えば、誰に聞いても、
 ・防水&耐衝撃
 ・強力なマクロ
となるでしょう。

ワタクシの場合、今のところ防水性能を生かした写真を撮る環境に恵まれておらず、もっぱらマクロ専用機として満足しております。
・・・・・・・が、何と言ってもコンデジ。
この軽さなら、どこへ行くにも常に持っていけます。
もしスナップ的な写真でも良好な画質が得られれば、XZ-2に置き換えることもできますね。
ワタクシの場合、コンデジは1台で十分ですから。


e0308416_22273346.jpg
 【高橋1丁目】 OLYMPUS TG-3 / F4.9・1/200 / ISO160 / JPEG

e0308416_2233355.jpg
 【高橋1丁目】 OLYMPUS TG-3 / F4・1/800 / ISO100 / JPEG

e0308416_22561955.jpg
 【高橋4丁目】 OLYMPUS TG-3 / F4.7・1/200 / ISO125 / JPEG

仕事で街中を歩いている時でも、やはり花に目が行きます。
この大きさ・重さなら、いつでもバッグに入れておけるので、撮りたい時にサッと出してパッと撮り逃げできるのは有り難いですね。

このカメラ、ボケ味も大変良好です。
ルリマツリの写真のボケは、それほど良くないと思われるかもしれませんが、とんでもない!
カメラのスペックを考えれば、これはかなり優秀なボケ味だと思いますよ~。


e0308416_2351136.jpg
 【飯田町】 OLYMPUS TG-3 / F4.9・1/200 / ISO200 / JPEG

世間では顕微鏡(マクロ)モードの優秀さばかり語られていますが、通常撮影時でも10センチまで近づけるのが、忘れてはいけないこのカメラの利点の一つです。
ツマグロヒョウモンのような中型のチョウなら、通常モードでここまで大きく写せます。

フォーカスモードはAFオンリー、しかも中央1点固定なのが辛いところですが、広い被写界深度のお陰で、近接撮影でもフォーカスロックで何とかなります。
デジイチでは考えられないですね~。


e0308416_22355053.jpg
 【駿河区・軍神社】 OLYMPUS TG-3 / F3.2・1/1000 / ISO100 / JPEG(HDRモード)

青空に映える樹木を、HDRモードで撮ってみました。(少し後処理をかけています)

やはりこのサイズのセンサーでは、このような細かな被写体は苦しい・・・(HDR合成による描写の乱れもあるかもしれません)
少し拡大して見ると、塗り絵のオンパレードで、とても見られたものではありません。
でも、通常サイズで見ると、合格点を上げても良さそうです。
ちなみに、XZ-2でこのような被写体を撮ると、驚くほど解像感が高く、拡大してもそれほど粗は見つかりません。


e0308416_22375343.jpg
 【高橋3丁目】 OLYMPUS TG-3 / F5・1/320 / ISO100 / JPEG

このような人工的な被写体だと、これが思いの外、良く撮れています。
拡大した場合、描写の甘さを感じるものの、十分鑑賞に堪えられます。
あ、デジイチと比べてはダメですよ~(笑)


と言うことで、遠景やあまりに細かなもの以外は、スナップ用途なら十分な画質じゃないでしょうか。
でも、やっぱり一番は、被写体に寄ってのマクロ撮影、でしょうね~。


e0308416_231479.jpg
 【葵区・春日】 OLYMPUS TG-3 / F3.2・1/640 / ISO100 / JPEG

e0308416_23141129.jpg
 【高橋南町】 OLYMPUS TG-3 / F4.9・1/400 / ISO320 / JPEG


こんな高倍率撮影が、デジイチとは比較にならない程、手軽に試せるのは、いやホント、楽しいです。
買って良かったぁ~!


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-06-25 23:19 | 路傍の花

静養中は暇だから

先週は熱中症気味で自宅療養をしており、徐々に良くなった後も、念のため外出は控えておりました。
そうなると、あまりにも暇です。

で、こんなものを作ってみました。
内容はアホらしく、再生時間も短いものの、素人がそれなりに時間をかけた動画です(笑)





一つだけでは何ですので、TG-3の高速連写を元にして作った、スローモーション風ショートムービーもご覧下さ~い。






もう動画は何本も作りましたが、今一つコツと言うか、編集の仕方がよく分かりません。
それ以上に、エンコードのパラメータがさっぱりわからんちん・・・

考えてみれば、静止画も上手に撮れないのに、動画を編集するなんて、100万年早いのかも(爆)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-06-23 22:09 | 昆虫たち

そろそろ夏の花が・・・

少し前、体の火照りと共に足が痙攣し、吐き気を催す事態に・・・
何とか医者へ行き診察を受けると、軽い熱中症との診断で、しばらく安静にしていました。
頂いたコメントへの返信が遅れ、申し訳ありませんでした。
お陰様で今は回復していますが、この週末は大事を取って日中はなるべく外出を控え、久しぶりにゆっくりとした休日になりました。
たまにはこんな週末もよろしいですね~

とは言え、あまり体を動かさないのもなんでしょうから、今日の夕方5時近くになってから、軽めの散歩がてらに花でも撮ろかと出かけてみました。
とりあえず、目に付いたアジサイでも撮ってみましょうか。


e0308416_1829648.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5.6(F8) AE / ISO1800 / RAW

e0308416_18294833.jpg
 【飯田町】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4.3(F6.3) AE / ISO200 / RAW

アジサイも、花によっては大分痛みが目に付くようになってきました。


e0308416_19582916.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5.6(F8) AE(+0.8) / ISO280 / RAW

e0308416_19583190.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4.3(F7.1) AE(+0.3) / ISO400 / RAW

いつの間にか、サルスベリの花がたくさん咲いていました。
季節の移り変わりの早さを実感しますね。


e0308416_200407.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F6.9(F11) AE(+0.3) / ISO1100 / RAW

アガパンサスも、サルスベリと同じ「いつの間にか」組。
シベ間の距離が離れている花を撮る時は、いつも絞り値とピント位置に悩みます。


e0308416_2022887.jpg
 【高橋2丁目】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4.8(F6.3) AE(+0.3) / ISO320 / RAW

これまた夏の花の代名詞、フヨウ。
民家の垣根で咲き誇っていました。


e0308416_2051342.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F10(F16) AE / ISO3200 / RAW

オシロイバナは夕方に咲く花。
昼間の散歩では見ることができません。
たまには夕方に出かけるのも良いですね~。


e0308416_2061787.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F10(F16) AE(-1.0) / ISO2000 / RAW

ルドベキア。
図鑑によると、これも夏の花ですが、家の近所では5月終わり頃から見られます。
花の形や彩色には色々な種類があり、それらが一カ所で見られます。
交配が進んでいるのでしょうか。


つい先日、春になったばかりの気がするのですが、季節は梅雨のまっただ中。
そして、あっという間に梅雨が明け、夏がやってくるのですね。

こう季節の移り変わりが早いと、あと何年生きられるのか、あと何回桜が見られるのか、ついそんな風に考えてしまいます。
こんなことを考えるのは、ここのところ体調が優れないこともあるのかしら、ねぇ。

以上、初老に足を踏み入れつつある、いなきちでした(笑)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-06-22 20:15 | 路傍の花

山原貯水池の虫たち

先日、山原貯水池に行った時に撮った虫たちです。
当日はTG-3メインで撮るつもりでしたので、マクロレンズは持って行きませんでした。
昆虫も狙いの一つでしたが、鳥狙いに比重を置き、マクロレンズの代わりに70-200ズームに1.7xテレコンを持ち出しました。


e0308416_21513530.jpg
 【山原貯水池】 OLYMPUS TG-3 / F8・1/125 / ISO100 / JPEG(パノラマモード)

山原(やんばら)貯水池(正確には、山原堤)は、こんなところです。
今年の春先に、手前にある柵近辺の雑草が全部刈られてしまったので、昆虫を見つけるのが困難になってしまいました。
残念ですが、仕方ないですね。

TG-3のパノラマモードを試しましたが、目を凝らして見ても継ぎ目が分かりません。
大したものですね~。

e0308416_2156913.jpg
 【山原貯水池】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F9 AE / ISO2800 / RAW

ヒカゲチョウ。
見つけた時は、この辺りでよく見かけるコジャノメかと思ったのですが、なにか雰囲気が違います。
家に帰って調べたら、ヒカゲチョウとのことで、同じく日陰に生きる者として、親近感を覚えました(笑)


e0308416_21592278.jpg
 【山原貯水池】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F9・1/1600 / ISO11400 / RAW

周りの雑草が全部刈り取られた中、1本だけ花が咲いている木がありました。
お陰で蜜を吸いに来た蜂たちで大盛況。
そんな中、大物を発見。
と言っても、珍しくも嬉しくもない、オオスズメバチです。

当日は曇り空で、撮影条件に恵まれませんでした。
こんな日に、70-200/4ズームに1.7xテレコンを付けると、途端にAFが怪しくなります。
特に逆光だと、ピントが行ったり来たりで当てになりません。
まぁ、何とか撮れましたが、画質的にも今一つですね。

e0308416_21592676.jpg
 【山原貯水池】 OLYMPUS TG-3 / F4.9・1/200 / ISO200 / JPEG

明るい場所に出てきたところを、TG-3で撮ってみました。
決死の思いで手を伸ばして撮りましたが、命をかけた成果としては、少し物足りなかったですね(笑)

ところでこれ、何と言う花でしたか・・・忘れてしまいました。
割と良く聞く名前だったと思うのですが・・・


e0308416_22185794.jpg
 【山原貯水池】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F10・1/800 / ISO1800 / RAW

クマバチの正式名称は、キムネクマバチと呼ぶらしいです。
可愛らしくて、なおかつ飛翔写真を撮りやすいので、ワタクシ、大好きなハチです。
まぁ、今回は飛翔写真は撮れませんでしたが(爆)
小さな花は蜜が少ないせいか、一つの花に滞在する時間が短いのです。
・・・言い訳ですね(笑)


e0308416_22205915.jpg
 【山原貯水池】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F9・1/1250 / ISO7200 / RAW

コマルハナバチです。
愛嬌のある体付きの割に、働きバチは黒い体毛でぎっしり覆われています。
きっと九州男児なのでしょう(笑)


e0308416_22235320.jpg
 【山原貯水池】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F9 AE(+0.7) / ISO12800 / RAW

カノコガ。
ISO12800で撮ったので画質が悪く、証拠写真程度にしかなりませんが、D4でなければ撮れなかった写真ですね。

せっかくTG-3があるので、この日は軽量化大作戦を敢行し、いつも持参するフラッシュを家に置き去りに・・・。
いくら軽量化したいと言っても、昆虫を撮るつもりがあるなら、フラッシュは必ず持って行くべきでした。


ん?
最初に「鳥狙い」と書きましたよね。
じゃあ、鳥の成果は???

もちろん、ありましたよ!

e0308416_22254020.jpg
 【山原貯水池】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F9 AE / ISO1000 / RAW

・・・文句ありますか?
カワウだって鳥でしょ!?(爆)

ちなみによく見ると、カワウの右側に、アオスジアゲハが飛んでいますよ~。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-06-19 22:32 | 昆虫たち

TG-3 本気で高倍率マクロ

TG-3の顕微鏡(マクロ)モードは、大変魅力的です。
特に、深度合成が興味深く、色々と試してはいるのですが、なかなか上手に撮れません。
2倍強程度の倍率なら、手持ちでも何とかなりますが、それ以上の高倍率だと、画質的に非常に厳しい。
手ブレが主な原因でしょう。

ところが、フォトンさんのお写真を拝見すると、これが素晴らしくシャープに撮れています。
腕の差は一朝一夕では埋まらないでしょうから、下手は下手なりに何とかしたい。
高倍率時の手ぶれ防止と構図キープに何か役に立ちそうなものは無いかなぁ。
そう思いたち、家捜ししてみると・・・

e0308416_18283673.jpg


右はマンフロットのミニ三脚、左はベルボンのステディーポッドです。

ミニ三脚は、いつもカメラバッグに入っていますが、三脚として使ったことはありません。
これは動画撮影専用で、脚を折りたたんで左手で持つと、比較的安定した動画が撮れます。
これと同じ作戦で、何とか軽いTG-3の安定が増さないでしょうか。

e0308416_20545070.jpg



一方、ステディーポッドは何年か前に買ったままほとんど使っておらず、整理整頓の四文字を知らないワタクシは、今回探し出すのに苦労しました。
本体をカメラの三脚穴に固定し、伸縮/固定できるワイヤの先に付いているベラを、つま先で踏んだりベルトに引っかけてカメラを安定させます。
TG-3に装着すると、カメラの下にさらに小型コンデジがくっついているように見えます。
少々格好は悪いけれど、どこまで実用に耐えうるのでしょうか。

ここで結論を先に言いますと、
・ミニ三脚は、重さが増えることによりある程度の安定性は増すものの、それほど手ブレ抑制に貢献しない。
・ステディーポッドは、手ブレ抑制にかなりの効果がある。



それでは、ステディーポッドを利用した撮り方をご紹介します。
まぁ、あくまでワタクシの場合、ですので、以下はご参考程度に。


まず、ステディーポッドの固定ですが、ワタクシはベルトのバックル付近に挟み込んで撮影しています。
単純に下から引っかけただけでは、カメラを誤って落とした時にすり抜けてしまう恐れがあるので、ベルトに1周通してから、下からベロを引っかけています。

e0308416_20111851.jpg


このベロの部分を足で踏む使い方もありますが、ベルトに通す方がスムースに撮影に入れます。
また、カメラを使わない時は、ベルトにつないだままポケットに入れられるので便利です。

次に、ステディーポッドを付けた場合の持ち方ですが、基本的にこのように持ってはいけません。

e0308416_2042036.jpg


ステディーポッドの可動部のせいで、カメラが三脚穴を中心に前後方向に首を振って(回転)しまうからです。

e0308416_2052857.jpg

e0308416_206426.jpg


このように、ステディーポッドの本体を、カメラのレンズ軸に沿うように保持して下さい。
そして、カメラを持った右手を前へ押し出すよう、そして、ステディポッドを持った左手をドアノブを右に回すよう力を加えます。
そうすると、左右の力の相反でカメラが安定します。

ただし、この持ち方だと、カメラの前方にステディーポッドの本体が突き出てしまうので、超近接撮影の時は少し邪魔になるかも知れません。(ほとんど影響は無いと思います)


こんな感じで早速試してみましたが、単純に手持ちで撮るよりも、かなりシャープな写真が撮れました(喜)


e0308416_20254226.jpg
 【山原貯水池】 OLYMPUS TG-3 / F5.6・1/60 / JPEG(深度合成モード)

e0308416_20255350.jpg
 【山原貯水池】 OLYMPUS TG-3 / F6.3・1/60 / JPEG(深度合成モード)

e0308416_20255450.jpg
 【山原貯水池】 OLYMPUS TG-3 / F6.3・1/60 / JPEG(深度合成モード)

ここまでどアップだと、怪獣にしか見えませんね(笑)

この子は桜の木にじっとへばりついていて、近寄っても全然逃げる気配がありませんでした。
今思うと、息絶えていたのかも知れません。
近づいても逃げないので、しめたとばかりにどアップばかり撮っていましたが、調子こいて頭の部分だけ撮っても、後から名前が調べられませんから要注意です。
一番下の写真は、もう少し手前にピントを当てた方が、より全面にピントが当たっていたと反省しています。

ところでこの3枚、ISO感度はいくつか見当が付きますか?

正解は上から、
 ISO1000、ISO1600、ISO800
です。

驚きましたか?
ワタクシも腰が抜けそうになりました。

まぁ、この手の合成モノのEXIFは、一枚一枚の数値かどうか怪しいのですが・・・
少なくとも、普通の顕微鏡モードで撮った写真よりは、数段ノイズレスで撮れるのは間違い無いようです。

やはり昨日のブログで上げたようなことをしているのかしら・・・ねぇ(謎)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-06-17 20:53 | 昆虫たち

TG-3の高感度

高感度をどうのこうの言うカメラでは無い、とは思います。
思いますが、やはり気になります。
と言うのも、ISOオートにしていると、結構な頻度でISO800以上が選択されてしまうのです。

TG-3の設定は、ほぼカメラ任せと言って良い仕様です。
例えば顕微鏡モード(マクロモード)にすると、絞り値は選択できません。
絞り優先モードはありますが、顕微鏡モードとは排他関係なのです。
まぁ、小さなサイズのセンサーなので被写界深度が十分に深く、あまり絞り選択の意味が無いため、それほど困ることはないのですが・・・

とりあえず、ISO800で撮った(と言うか、撮らされた)写真をご覧下さい。


e0308416_20592082.jpg
 【秋葉山公園】 OLYMPUS TG-3 / F6.3・1/200 / ISO800 / JPEG

このくらいの倍率までなら、画質の破綻は少ないようです。
拡大しても、思ったほど粗は見つかりません。
これには少し驚きました。


e0308416_2105931.jpg
 【秋葉山公園】 OLYMPUS TG-3 / F4.9・1/200 / ISO800 / JPEG

ツツジグンバイは、体長3mm以下の小さな虫です。
それがこんなに大きく写せるなんて、少し感動です。
いや、写そうと思えばもっと大きく写せるのですが・・・

この写真は、望遠端でさらに超解像ズームを入れました。
拡大するとノイズが凄いことになっています。
でも、通常サイズだと、意外にノイズは目立ちませんね。

残念ながら、あまりシャープではありませんが、思っていた以上に虫の構造がよく分かります。
もしかしたら手ブレをしているのかもしれませんが、写真作品としてでは無く、虫の観察としてなら十分ですね。


e0308416_21144671.jpg
 【秋葉山公園】 OLYMPUS TG-3 / F4.9・1/250 / ISO800 / JPEG

このどアップ写真は、多分デジタルズームを入れて撮ったと思います。
画質は相当乱れるはず・・・と思ったのですが、パソコンで見たらビックリ!
実に良く撮れているではありませんか!

で、等倍表示にしたら、またまたビックリ!
こ、これは・・・あまりに酷すぎる描写です。
もう見事な塗り絵状態で、少し前に教会の貴重な絵画を修復と称し、描かれていたキリスト様を猿にしてしまったババアを思い出しました(笑)

いや、待てよ・・・
もう一度通常サイズで見たところ、いやはやとても良い写りに見えますねぇ。
と言うことは、カメラの画像処理が上手と言うことでしょうか?

う~ん、高感度画質は良いのか悪いのか、分からなくなりました(爆)


e0308416_2123688.jpg
 【秋葉山公園】 OLYMPUS TG-3 / F4.9・1/400 / ISO640 / JPEG

この写真のISOは640です。ま、大体800ってことで(笑)
デジタルズームを入れたかどうかは忘れました。

この写真も拡大するとえらいことになっていますが、通常表示ならまずまず見られる写真だと思います。
ビシッとしたシャープさを感じないのは、手ブレか被写体ブレのせい?
それともこれが限界?

ところで、このバッタ君、こんな体色を見たのは初めてです。
まだ子供なんでしょうか?
手持ちの図鑑で調べましたが、載っていませんでした。


以下の写真は、深度合成モードで撮りました。


e0308416_21313437.jpg
 【秋葉山公園】 OLYMPUS TG-3 / F4.9・1/320 / ISO800 / JPEG

e0308416_2132755.jpg
 【秋葉山公園】 OLYMPUS TG-3 / F4.9・1/320 / ISO800 / JPEG

e0308416_213210100.jpg
 【秋葉山公園】 OLYMPUS TG-3 / F5・1/100 / ISO800 / JPEG

あれれ?
深度合成すると、画質が良くなるように感じますね。
もちろん「それなり」ではありますが、通常の単写よりもシャープさが増しています。
不思議なことに、ノイズも減っている気がします。

ふと思い出したのですが、α77の機能の中に「連写合成してノイズを減らす」と言うヤツがあるのです。(名前は忘れました)

ひょっとしてTG-3の深度合成モードって、Photoshop の Photomerge のように、ピントが合っている部分だけをマスクして重ね合わせるような単純な合成じゃ無いのかも。(いや、実際 Photomerge がどうやっているか、想像でしか無いのですが・・・)

深度合成モードは9枚合成なので、仮に多重露光の考え方を採用すると、一枚あたり1/9の露光量で済むはず。
そうすれば、ブレの可能性が減り、合成エラーを減らしつつ、画像もよりシャープになる・・・と。
ノイズも、合成処理次第とは言え、少なくなる可能性が高いですし。
違うかしら?

α77の場合は、価格コムで多数の方と議論したのですが、参加した方達で色々な実験をして、そんな単純な方式ではなさそうだという結論になった記憶があります。
TG-3も、上記の処理だと、合成写真とは別に合成前の写真が1枚記録される理由が付きません。(ひょっとして合成は9枚でなく8枚?)

でも、シャッター速度が微妙に速くなっているし(そうでない場合もありますが)、生成画像は妙に眠いのが気になります。
特に、ほとんどの写真がハイライトに余裕があるのは、ひょっとして合成時に露光オーバすることを嫌って、一枚あたりの露光量を基準値(適正露出の1/9?)より減らしているのではないでしょうか・・・

ま、全て想像ですけどね~。


e0308416_21321284.jpg
 【秋葉山公園】 OLYMPUS TG-3 / F4.9・1/400 / ISO800 / JPEG

あ、さすがの深度合成モードでも、撮影倍率が上がるに従い、グダグダな画になります。
拡大すると「油絵モード」になってしまうので、作品作りの際は撮影倍率はほどほどに止めておいた方がよろしいかと思います。

それにしても、拡大しなければそこそこ見られる、ってのには驚きました。
手ブレや被写体ブレにもう少し注意して撮れば、このようなどアップ写真でも複眼も再現できそうですね。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-06-16 22:12 | 昆虫たち