とうとう五十路になりました ~ いなきち

<   2013年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧


52BB、健在なり

カメラが変わっても、そのたびに素晴らしい写りで喜ばせてくれた TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO (52BB)
D4での写りはどうなのか、期待と不安が入り交じりながら試してきました。


e0308416_21392476.jpg
 【江尻台町】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO (52BB) / F4 AE(+0.3) / ISO100 / RAW

e0308416_21413651.jpg
 【銀座】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO (52BB) / F4 AE(-0.3) / ISO400 / RAW

e0308416_21485467.jpg
 【宝町】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO (52BB) / F2.5 AE(+0.3) / ISO200 / RAW


やはり銘レンズの称号は伊達じゃなかった!
相変わらずバランスの取れた、優しい写りは健在でした。
若干心配していたコントラストも十分。F4だとフレアっぽい描写も見られません。

久しぶりに持ち出したレンズでしたが、E-3で初めて使った時の感動が蘇ってきましたよ。


e0308416_21503382.jpg
 【江尻台町】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO (52BB) + KENKO デジタル接写リングセット / F8 AE(+0.3) / ISO800 / JPEG

上の写真の等倍拡大
e0308416_21564162.jpg



今年初めてシオヤアブを見つけました。
52BBは倍率が0.5倍。いわゆるハーフマクロです。
大きく写したかったので、先日フォトンさんの紹介で手に入れた、ケンコーの接写リングをかましてみました。

周辺が蹴られたので、少しだけトリミングしてありますが、いかがでしょうか、この写り。
素晴らしいじゃありませんか!
複眼の構造がハッキリ見えます。

52BBには18Fと言う専用の等倍リングがありますが、ケンコーの接写リングはそれより描写が優れているように思います。


e0308416_21572390.jpg
 【銀座】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO (52BB) / F5.6 AE / ISO400 / RAW

e0308416_21572558.jpg
 【銀座】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO (52BB) / F5.6 AE / ISO400 / RAW

e0308416_21572778.jpg
 【銀座】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO (52BB) / F5.6 AE / ISO400 / RAW

e0308416_21572819.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO (52BB) / F4 AE(+0.7) / ISO400 / RAW


もちろん、スナップ的に撮っても味わいのある画が撮れます。
D4との相性も抜群。
良好なD4の階調再現性が、52BB本来の持ち味を最大限に生かしてくれるように感じました。


ニコン機だと、カメラにレンズデータを登録しておけば、絞り優先AEGが問題無く使え、なおかつ、アダプタのカニ爪のお陰でEXIFにもF値が残ります。
コレは本当に使い勝手が良く、大変素晴らしい仕様だと思います。

D4のファインダは、とても明るくて視認性に優れていますが、ピントの山の掴みやすさはα900の方が上です。
優秀なAFがあるため、MFにそれほど重きを置いていないのでしょうか。
とは言え、それほど合焦させにくいと言うほどではなく、十分MFを楽しむことが出来ました。


一時期考えて保留にしてある、プラナーの50mm(マクロじゃない方)の導入を、本気で進めても良いかなぁ・・・



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-05-31 22:08 | 清水区散歩 | Comments(2)

疑心暗鬼

深く考えもせずに導入したD7100。
ところが、コイツは一筋縄ではいきません。
軽い気持ちで考えていると、強烈なシッペ返しを食らいます。

とにかく、手ブレかピンズレ、或いはその両方に悩まされる毎日。
ホント、もう嫌になってきましたよ(涙)


e0308416_16554129.jpg
 【二の丸町】 NIKON D7100 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F4.5 AE / ISO100 / JPEG

【約等倍に拡大】
e0308416_1659485.jpg


連続して撮ったカットを左右に並べてみました。
いずれも〒マークでAFを合わせて撮ったのですが、ご覧の通りのピンズレ。左側は、かなりの前ピンと見ました。
大口径レンズでは、ピントの精度が狂うことはよくあると思います。
ワタクシも以前、オリンパスの14-35/F2というお化けレンズで、さんざんピンズレには悩まされましたから。結局、メーカーでの調整でほぼ問題は無くなりましたけど。
この写真は逆光気味のシチュエーションなので、AFにとって尚更条件が悪かったのかも知れません。

また、右側の写真では中央の測距点を使いましたが、左側は中央下部の測距点を使いました。
ひょっとして、α77で悩まされた「中央以外の精度ががた落ち」というパターンでしょうか?


e0308416_1765955.jpg
 【巴町】 NIKON D7100 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F5.6 AE / ISO100 / RAW

いえいえ、中央の測距点でも、頻繁にピンズレが起こります。

上の写真は、中央1点でピントを合わせましたが、かなりの前ピンになりました。
測距部と、結果的にピントが合った位置を拡大し、上下に並べてみました。

e0308416_177124.jpg


ご覧の通り、左側の植木あたりに合焦しているようです。
相当な前ピンです。

35mmレンズでこの距離だと、合焦音の後、ピンズレをファインダで確認することは不可能です。
撮った後液晶で1枚ずつ確認すればよい、と?
マクロじゃあるまいし、そんな面倒くさいこと、冗談じゃありませんよ~(爆)


e0308416_17121819.jpg
 【清水魚市場】 NIKON D7100 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F3.5 AE / ISO100 / RAW

【約等倍に拡大】
e0308416_1713776.jpg


この写真の場合、シャッター速度は1/125。
常識的に考えて、ブレることは考えにくいシチュエーションです。
ところが、立派にブレています(笑)
サッと構えて撮ったことは事実ですが、いくらヘタレのワタクシでも、35mmレンズを使って1/125でブレたなんて、恥ずかしくて人様には言えませんよ~(爆)

ちなみに、これはピンズレではありません。


e0308416_17173094.jpg
 【相生町】 NIKON D7100 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F4 AE / ISO100 / RAW

【約等倍に拡大】
e0308416_1717287.jpg


この写真もブレているようですが、ひょっとしたらピンズレも起こしているかも知れません。
シャッター速度は1/320・・・これまたブレは考えにくいのですが・・・

もう何が何だか分かりませ~ん(爆)

D7100と他のレンズでもピンズレは起こっており、D4とこのレンズの組み合わせでは起こっていないことを考えると、第一にカメラの不具合が考えられますね。

ところが、手ブレについてはどうなんでしょうか。
ワタクシの技量不足は認めるとしても、一応、MFレンズとα900(MFレンズではボディー内手ブレ補正は効きません)で今まで写真を撮ってきたのですから、これほど手ブレを量産するとは考えにくいのです。


ちなみに、ピントがビシッと合うと、目の覚めるような写真が撮れるのも事実なんですけどね。

e0308416_172696.jpg
 【真砂町】 NIKON D7100 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F3.2 AE / ISO200 / RAW

e0308416_1726676.jpg
 【真砂町】 NIKON D7100 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F5.6 AE / ISO200 / RAW

e0308416_17261211.jpg
 【宝町】 NIKON D7100 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F2.5 AE / ISO200 / RAW

e0308416_17261332.jpg
 【小芝神社】 NIKON D7100 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F4 AE / ISO100 / RAW


・・・ちょっと待てよ。
これらの写真は素晴らしい写りだと思っていたけれど、ひょっとしたら微妙にピンズレしていて、本来の実力はもっと上なんじゃないかしら・・・

う~ん、疑心暗鬼が止まりません(笑)

ま、今週末にニコンへ送って調べてもらいますけどね。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-05-30 19:50 | 清水区散歩 | Comments(4)

D4に期待していたこと

D4を購入すると決めた時、いくつか期待することがありました。
秒10コマの連写速度、じゃないですよ~(笑)

まず、階調の豊かさから来る滑らかなグラデーション描写。

花マクロを主な被写体としていると、後処理で悩まされることがあります。
コントラストを上げていくと、彩度が高い部分と低い部分の境目に、線状の輪郭が生まれてしまうことがあるのです。
α900はこの傾向が強く、コントラストを上げたくても上げられないジレンマがありました。
一画素の面積が大きいD4なら、ひょっとしてグラデーションが綺麗に出るのではないかと期待したのです。

e0308416_17254755.jpg
 【飯田町】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F10・1/125 / ISO200 / NIKON R1C1 / RAW

う~ん、今一つ、でしょうか。
黄色の花の左側を見ると、線状の輪郭が見られます。
ここまで急激に明暗が変わるグラデーションの場合、致し方ないのでしょうか。
とは言え、α900と子細に比べると、グラデーションは滑らかになっています。


e0308416_1731297.jpg
 【飯田町】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F4 AE(+0.7) / ISO100 / RAW

バックにあるボケた花をご覧下さい。
コントラストが比較的低くても、微妙な陰影が見られます。
これが画素数を欲張っていない余裕なのでしょうか。
大変美しい描写だと思います。



もう一つは、絞った時の画質。
マクロ、特に昆虫を撮る場合では、絞れるだけ絞りたいことが往々にしてあります。
ところが、α900ではF11を超えると、画質の劣化が無視できなくなります。
D4ではここのところはどうなのでしょうか。

e0308416_17405451.jpg
 【天王南】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F16・1/100 / ISO800 / NIKON R1C1 / RAW

e0308416_1741394.jpg
 【天王南】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F16・1/100 / ISO800 / NIKON R1C1 / RAW

2013.5.30 アリの等倍拡大写真を追加しました。

e0308416_20524992.jpg



e0308416_174193.jpg
 【天王南】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F16・1/160 / ISO640 / NIKON R1C1 / RAW

いずれもフラッシュを焚いているものの、画質の劣化はほとんど感じません。
この辺りレンズの性能との絡みもありますので断言出来るものではありませんが、やはり画素ピッチの広さは小絞りボケ緩和にも役に立っているようです。


最後は、直接D4に期待することでは無く、ニコン純正のR1C1と言う複数子機を制御できるマクロフラッシュについてです。
このR1C1は、フラッシュをリモートで発光させられるので、邪魔くさいコードがありません。これが大変便利なのです。
これが欲しくてニコンを導入したと言っても過言ではありません。

実は昔、コマンダーが無いタイプのR1を仕事で使っていたことがあります。
その当時はカメラにあまり興味が無く、先輩から教えられた通りのセッティングでブツ撮りをしていたので、使用感などあまりよく覚えていません。
仕事を変わる時売り払ったのですが、ビックリするほど高く売れたことだけは覚えていますね(笑)

e0308416_17543333.jpg
 【天王南】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8・1/250 / ISO400 / NIKON R1C1 / RAW

e0308416_1755415.jpg
 【天王南】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8・1/125 / ISO100 / NIKON R1C1 / RAW

e0308416_17573376.jpg
 【天王南】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F11・1/250 / ISO400 / NIKON R1C1 / RAW

この手のフラッシュは、使い勝手がとても大事だと思います。
使い勝手が悪かったり、セッティングが面倒だったりすると、結局持ち出すのが億劫になって使わなくなりますから。
R1C1には非常に満足していますが、たった一つだけ不満点があります。
何と、電池がCR123Aなのです。
恐らく電圧を高くする必要があるのでしょうが、それにしても今どき・・・ねぇ。


一番最初に連写に期待した訳では無いと書きましたが、目を見張る高速連写に関して、実はちょっぴり嬉しかったりします。
MFのまぐれ当たりで、こんな写真が撮れますから。

e0308416_187059.jpg
 【天王南】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F5.6 AE / ISO400 / RAW

e0308416_1815799.jpg
 【天王南】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F5.6 AE / ISO400 / RAW

↑コレ、草に止まってませからね~(笑)



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-05-29 18:07 | 昆虫たち | Comments(2)

SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM

今日は一日中曇り空でした。

「花曇り」と言う言葉を思い出しましたが、正確には「桜の咲く頃の曇りの日」を指すようで、今の時期とは少し違うようですね。
とは言え、花マクロを撮るには絶好の日和。
それほど気温も上がらないので、メタボには有り難くもあります(笑)

夕方前の2時間ほど、シグマの105マクロをD7100に付けて、近所を一周してきました。



e0308416_20182811.jpg
 【飯田町】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F4.2 AE / ISO200 / RAW

e0308416_2019493.jpg
 【飯田町】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8 AE / ISO400 / RAW

e0308416_2019771.jpg
 【飯田町】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8 AE / ISO800 / RAW


このレンズ、ボケが自然で美しいですね。
最近のシグマのマクロレンズは、ボケ味を重視しているように思います。
解像度も全く問題ありませんね。

同じシグマの150マクロより軽い分、格段に取り扱いがしやすいです。
ただ、D7100と組み合わせる場合、ボディーが少々軽すぎて、フレーミングが安定しません。
ワタクシは縦グリ派なので、常時バッテリを入れた縦グリ(本体内のバッテリは無し)を付けていますが、それでも少し軽く感じます。
手ブレ防止のためには、本体と縦グリの両方にバッテリを入れた方が良いかも知れません。

D7100の手ブレには、最初の試写で嫌と言うほど煮え湯を飲まされた(笑)ので、遠慮無くISOオート(下限値200、上限値6400)を使用しました。


e0308416_20271260.jpg
 【高橋3丁目】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / 1/500 AE / ISO200 / RAW

e0308416_20271416.jpg
 【八坂北】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8 AE / ISO320 / RAW

e0308416_20271569.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F3.3 AE / ISO280 / RAW


このレンズの唯一の欠点は、APOレンズでは無いことです。
少なくともD7100との組み合わせでは、色収差が思ったより大きく出ます。
色収差は、ハイライトボケの輪郭部に色にじみの形で出てくるので、せっかくのボケ味を殺してしまい、少々鬱陶しく感じます。(アップした写真は、後処理で色収差を消してあります)
これさえ無ければ、タムロンの代名詞であるSP90の良きライバルになれると思います。


e0308416_20333256.jpg
 【飯田町】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F5 AE(+0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_2033344.jpg
 【飯田町】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F5 AE(+0.3) / ISO200 / RAW


色収差が気になりつつも、ハイキー調を試してみました。
これはイイですねぇ。
このレンズは柔らかな写りが得意なのか、なかなかの質感だと思います。

シグマの写りと言えば、どちらかと言えば男性的なイメージでしたが、それを改めさせる写りだと感じました。
これからしばらくは常用レンズになりそうです。
少なくとも、注文してあるシグマの150マクロが来るまでは・

・・・いつになったら来るのかしら?



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-05-28 20:39 | 路傍の花 | Comments(2)

プロ機の画質とは

D4は約1600万画素。
2400万画素のα900を愛用してきたワタクシには、少々少ない数字に感じます。
今のデジイチの画素数を見ると、現実的にも「多画素機」とは呼べないように思います。

もちろん、この数字に抑えたメリットは多々あるでしょう。
高感度が素晴らしい、とか、連写速度が速い、とか・・・

それでは一般的な画質はどうなのでしょうか。
シグマの35/1.4と共に、街中スナップに出かけました。


e0308416_228323.jpg
 【庵原町】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F5.6 AE / ISO200 / RAW

e0308416_2284320.jpg
 【江尻町】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F11 AE / ISO140 / RAW

e0308416_2284783.jpg
 【江尻町】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F2.5 AE / ISO640 / RAW


確かに階調は豊かですね。
と言うか、後処理で階調を引き出すような現像を行いました。
この後処理耐性が、D4は実に素晴らしいのです。

例えばハイライトを下げたいとします。
現像ソフトでヒストグラムのハイライト部を少しシャドー側に動かします。
すると、ほんの少しスライダを動かしただけで、ヒストグラムがググっと変化します。
実に調整シロが大きいのです。
大きなサイズの一画素に、目一杯光の情報が詰まっている感じです。

実は、α900の後継機を選ぶため、色々なカメラのRAW画像を入手し、現像を繰り返していた中でこのことに気付き、D4を購入する大きな理由になったのです。


e0308416_22223996.jpg
 【江尻台町】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F5.6 AE(-0.3) / ISO100 / JPEG

e0308416_22224349.jpg
 【清水駅前銀座】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F4 AE(-0.3) / ISO180 / RAW

e0308416_22224628.jpg
 【JR清水駅前】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F2 AE / ISO100 / RAW

e0308416_22224860.jpg
 【JR清水駅前】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F2.8 AE / ISO360 / RAW


D4のRAW画像を開いた時、気が付くことがもう一つあります。
今まで使ってきた他機種と違って、メリハリがありません。
コントラストは薄めだし、色ノリが良いとも思えません。
もちろん現像ソフトによって現像のデフォルト値が違いますが、少なくともLightRoomでは「眠い」と言っても良いのかも知れません。

このことは、D4の階調が豊かだという証拠なのでしょう。

D4は報道カメラマンなどが使うカメラですから、JPEGそのままでも使える画質だとカタログにも書いてあります。
しかし、ワタクシの印象では、JPEG撮って出しは使えない場合が圧倒的に多いです。
やはりきちんと現像してこそ、D4の実力を生かせるのだと思います。


D4の画質・・・それは「余裕がある画質」と言うのが一番ふさわしいように思います。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-05-27 22:39 | 清水区散歩 | Comments(3)

D7100は使いこなしが難しい

D4に続いて、D7100も手に入れたワタクシ。
まぁ一回、高画素のAPS-C機をテレコン代わりに使ってみようという魂胆です。
ご存じの通り、フルサイズより撮影倍率が上がりますから、昆虫を撮る場合には塩梅がよろしいかと。

ただ、試し撮りをしたところ、手ブレに対して思っていたよりずっとシビアだと言うことが分かりました。
手ブレ補正の付いていないシグマの35/1.4だと、1/50でも平気で手ブレします。これにはビックリしました。
そうなると、同じく手ブレ補正の付いていないニコンの60mmMicroでは、非常に厳しい結果になることが予想されます。

それに60mmの焦点距離では、マクロレンズとしては使いにくいです。
既にシグマの150mmマクロを発注してありますが、品薄につき手に入るのは早くて6月中旬とのこと。
それまで60Microで誤魔化すつもりでしたが、やはり100mmクラスのレンズが欲しい・・・
と言うことで、シグマの105mmマクロレンズを買っちゃいました(爆)
フォトンさんが新型のSP90を手に入れられているので、撮り比べするのも面白いかと思います。


e0308416_19393148.jpg
 【八坂北】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8 AE / ISO200 / RAW

e0308416_19393696.jpg
 【八坂北】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F4.5 AE / ISO200 / RAW(1.3クロップモード)

e0308416_19393977.jpg
 【八坂西】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8 AE(-0.3) / ISO200 / RAW


やはり多画素機の解像度は素晴らしいものがあります。
2400万画素は、APS-C機には多すぎのではないかという心配はありましたが、このクラスのレンズならどうにかなりそうです。

撮影時に1.3倍クロップする機能も使いましたが、解像感は下がるもののなかなか重宝します。
後処理でトリミングすることと変わりは無いのですが、撮影時に構図を決められるということが良いのだと思います・・・いや、構図下手なワタクシには、やっぱり不便かも(笑)


10/26 21:30 ハエの等倍画像追加しました。
若干気持ち悪いかと思いますので、ご覧になりたい方のみこちらをクリックしてください。



e0308416_20111528.jpg
 【八坂北】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F4.8 AE / ISO200 / RAW(1.3クロップモード)

e0308416_20105964.jpg
 【八坂北】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F5.6 AE(+0.3) / ISO200 / RAW(1.3クロップモード)


1.3クロップモードの欠点は、戻し忘れることです(笑)
ファインダ内にクロップ領域を示す枠線と文字が出ているのですが、そんなものは見ていません(爆)

レンズの話しをしますと、合焦部はとてもシャープですが、シグマの150マクロほどではありません。
ただし、その分ボケは綺麗です。「とろけるような」とは言えませんが、シグマの150マクロより、大幅に滑らかなボケ具合です。


e0308416_20171467.jpg
 【下野東】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F5 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG

e0308416_2017163.jpg
 【下野東】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8 AE / ISO200 / JPEG

e0308416_20171898.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F3.5 AE / ISO200 / RAW

e0308416_21373589.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8 AE / ISO200 / RAW


D7100のファインダは思ったより見やすいのですが、MFでシベに合わせるのはキツイです。
ピントの山が分かりづらいので、「いただき!」と思ってもピンズレしていたことが何度もありました。
それじゃあAFで、となりますね。
D7100は、D4/D800と同じAFモジュールを用いていると言うことで、大変期待していましたが・・・
う~ん、今一つの精度でしょうか。
よくよく考えてみると、フルサイズと同じAFモジュールと言うことは、APS機ではフルサイズに比べて一つの測距点の面積が大きいと言うことです。
と言うことは、大きめの測距点の中で一番コントラストが高いところに合焦することが多くなり、測距点が大きすぎて思ったところにピントが当たらないE-M5と同じようなことが起こります。
マクロでは使えない場合も多いのだと思った方が良いようです。(マクロ以外でも、ね)

それから、やはり多画素化の悪影響もボチボチ感じました。

このレンズは色収差がよく補正されているとの評判ですが、D7100と合わせると、かなり頻度でボケに色づきが見られます。特に逆光気味のシチュエーションで顕著です。
後処理でまずまず消せるので、それほどの問題ではありませんが、多画素化によってレンズに対する敷居が高くなったのでしょうね。
この先、ちょっと不安です。


D7100で高画質を得ようとするならば、きちんとしたレンズ、出来れば手ブレ補正付きをお供にし、シャッター速度に気を配り、微塵のブレも起こらないようにすることが大事だと思います。
また、AFはあまり当てにせず、ピントを合わせ直したカットを何枚か撮っておくことをお勧めします。
特にF値が小さな大口径レンズでは、ピントの精度がかなり悪くなります。

世の中に出回っているD7100で撮った写真を見ていると、どうにもシャープでない写真が多いことに気が付きます。
恐らく、そのほとんどが手ブレとピンズレでしょう。
そのことに気が付いていない方々がたくさんいると思います。

D7100。
一筋縄ではいかないカメラです。
少なくとも、初心者向きでは無いと思います。
D4の方がよほど簡単に綺麗な写真が撮れますよ~(笑)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-05-26 20:51 | 路傍の花 | Comments(6)

D4の高感度画質

購入を決めた時から、D4の高感度には相当期待していました。
なにせ購入してからまだ一週間しか経っていないので、全体的な画質についてどうのこうのは言えないのですが、高感度の写りだけはハッキリと素晴らしいと言えます。

今までメインにしてきたα900は、発売以来年月が経った今でも素晴らしい画質と自信を持って言えますが、お世辞にも高感度に強いとは言えず、D4の高感度を体験した今、そのあまりの画質の差に心底驚きました。


e0308416_21152035.jpg
 【山原貯水池】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F5.6・AE / ISO640 / RAW

ISO640など、完全に標準感度です。
後処理でノイズを消す必要は全くありません。

それにしても、この画像を見た時、自分で感動してしまいました。
何と言うか・・・うまく言えないのですが、「情報量が多い」とでも言ったら良いのか・・・
他のカメラでもこのような写りになるのか、そこのところが分からないのですが、妙に異次元を感じる写真だと思います。


e0308416_21202782.jpg
 【下野北】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F3.5・AE / ISO1400 / RAW

e0308416_21213951.jpg
 【山原貯水池】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F8・AE(+0.3) / ISO1800 / RAW

e0308416_21214167.jpg
 【下野北】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F2.8・AE / ISO2000 / RAW

ISO感度を少し上げてみました。
「少し」と言っても、α900では試そうとも思わない感度ですし、E-M5なら少し不安になりながら使う、というような高感度域です。

蝶の写真以外は、先ほど外で夕ご飯を食べた帰りに撮った写真です。
時間は、午後6時45分。もう辺りは暗闇に包まれていました。
それがこのように昼間に撮ったかのように写るとは・・・ホント、信じられない世の中になったものです(笑)


e0308416_21275774.jpg
 【清水駅前銀座】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F5.6・AE / ISO3200 / RAW

α900を使っていると、「せめてISO1600まで普通に使えたらなぁ・・・」と思います。
ところが、D4のRAWは、ISO3200でも後処理で全くノイズ処理を必要としないほどの高画質です。
α900のISO400よりもノイズが少ない、と言う感想は、決して嘘ではありません。


それでは一気に感度を5桁に上げてみましょう。
5桁ですよ、5桁!
千の桁に「,」が入っていないと、ワタクシはとっさに数字が解読できません(爆)

e0308416_21382543.jpg
 【本郷町】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F2.8・AE / ISO1000 / RAW

e0308416_21323783.jpg


上の写真は、ノイズ処理は全くしていません。(LightRoomの初期値として、色ノイズの除去が入っています)
ISO6400を超えた辺りから、さすがにノイズが目立ち始めるます。
とは言ってもこのレベル。
ブログに載せる時、JPEG圧縮のせいでノイズ感が消えますから、このままでも全く問題無いと思います。
ちなみに、下の写真は後処理でノイズを消してみました。
壁面の描写が塗り絵的になってしまったので、場合によってはノイズ処理はしない方が良いと思います。


さ~て、それでは皆さんお待ちかねの最高感度、ISO12800です。
12800と言っても、D4の場合、拡張感度では無くあくまで通常感度ですからね(笑)

e0308416_21434551.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F4・AE / ISO12800 / RAW

e0308416_21434771.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F4・AE / ISO12800 / RAW

e0308416_21434826.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F3.2・AE / ISO12800 / RAW

いかがでしょうか?
後処理でノイズを消してあるとは言え、この高画質!
とても夜7時過ぎに写したとは思えません。

ノイズの少なさは後処理のお陰ですが、それでも質感が残っているところが素晴らしいですね。
それに、なによりも色が変に転んでいません。

花マクロを夜に楽しめるなんて、考えられないことです。
これからの楽しみが増えました。

・・・いずれケ~サツに不審者として捕まる日が来るとしたら、それはD4の高感度性能のせいですな(爆)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-05-25 21:49 | 清水区散歩 | Comments(4)

NIKKOR 70-200/4 と x1.7テレコン

ニコン機導入に当たって、300mm以上の望遠レンズをどうするかが考え処でした。
少々設計が古くVRも付いていないサンヨンにするか、最新型の80-400ズームにするのか・・・
実はまだ答えが出ておらず、購入に至っていません。

ワタクシの場合、どうせ長尺の出番は渡り鳥がやってくる秋以降。
それまでにゆっくり考えればいいですもの。

一方、今まであまり馴染みのなかった70-200mmズームですが、寄れる望遠マクロとして、蝶などの大きめな昆虫撮影用に、試しに購入してみました。
F2.8かF4か、悩みに悩みましたが、携帯性が良いことと、画質もF2.8に負けず劣らずというレビューを読んで、F4に決めました。
同時に少しでも大きく写せるよう、x1.4テレコンも購入したのですが、画質の劣化が思ったより少なく、これから付けっぱなしでも良いかも知れません。

ところで、ニコン純正テレコンには、x1.7というちょっと面白い倍率のテレコンもあります。
露出倍数は1.5段なので、これを付ければ200mmF4が340mmF6.7になる訳で、なかなか興味がありました。
しかし、AFの効きが悪くなるのではないかと思い、当初は導入を諦めたのです。

・・・でも、やっぱり試してみたい。
と言うことで、買っちゃいました(笑)


e0308416_18172543.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F8・1/1250 / ISO1800 / RAW

e0308416_18173053.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F8・1/1250 / ISO1100 / RAW

e0308416_18173214.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F8・1/1250 / ISO2000 / RAW

うん!被写体が近いと、画質の劣化はあるにはあるものの、恐れていたほどでは無いようです。
少し離れたらどうなるでしょうか。


e0308416_18232983.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F7.1 AE / ISO800 / RAW

この親子連れまでは、目測で20メートル以上離れていたでしょうか。
鳥などの小さく精密な被写体の場合は別にして、まだまだ充分な画質をキープしているようです。


e0308416_18243342.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F6.7・1/800 / ISO1250 / RAW

この散歩中の方までは、距離約50メートルと言ったところです。
服の描写が細かくは出ていませんが、テレコンの画質としては優秀な部類に入ると思います。


e0308416_18261174.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F6.7・1/800 / ISO1000 / RAW

高速道路の出口まで、距離400メートル以上。
ドライバーの表情は今一つ分かりませんが、車のナンバーまで読み取れます。
回りの木々の写りを見ると、1600万画素のD4では十分過ぎる写りだと思います。
多画素機のD800なら、もっと詳細な写りが得られたのかも知れません。


結果的には、十分満足出来る写りです。
ひょっとしたら、x1.4の画質とそれほど違いは無いのかも知れません。

・・・x1.4テレコン、要らなくなっちゃったじゃない(爆)






*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-05-23 18:33 | 清水区散歩 | Comments(4)

シグマ35/1.4とエクステ

昨日の朝、フォトンさんからメッセージを頂きました。
ケンコートキナーのオンラインショップに、ニコン用のエクステンションチューブのアウトレットが出ている、と。
しかも在庫は2個で、その内フォトンさんが既に1個を注文済み。
こりゃ急がねば!

出かける用事があったものの、そんなことには構っていられません。
急いでタブレットを開いて注文!こんな時タブレットがあると、一々パソコンを立ち上げなくても良いので便利ですね。(スマホだと字が小さくてダメ~)
おかげさまで最後の一つを無事にゲットできました。

商品が今日の昼前に届いたので、こんな時は自営業の利点を最大限に生かさなければなりません。早速試写に行ってきました。
フォトンさんより先に試すのは気が引けますけどね~(笑)


e0308416_20202753.jpg
 【八坂東】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + KENKO デジタル接写リングセット / F8 AE / ISO1400 / RAW

まず最初に試したのは、70-200/4。
エクステの場合、焦点距離が短いほど撮影倍率が高くなるので、ワイド端70mmで撮ってみました。

あれれ?四隅が蹴られますねぇ。
まぁ、こう言うこともあるでしょう。


気を取り直して、今日の本命であるシグマの35/1.4を取り出しました。
このレンズ、めちゃくちゃ解像度が高いです。
と言うことは、エクステを付けて画質が落ちたとしても、そこそこ期待出来るのではないかと言う魂胆です。


e0308416_20251034.jpg
 【高橋南町】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO デジタル接写リングセット / F16 AE(+0.3) / ISO400 / RAW

e0308416_20251851.jpg
 【八坂南町】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO デジタル接写リングセット / F16 AE(+0.3) / ISO1600 / RAW

e0308416_202527100.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO デジタル接写リングセット / F8 AE / ISO320 / RAW

e0308416_20253160.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO デジタル接写リングセット / F8 AE / ISO640 / RAW

e0308416_20253324.jpg
 【飯田町】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO デジタル接写リングセット / F5.6 AE / ISO160 / RAW

e0308416_20253569.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO デジタル接写リングセット / F5.6 AE / ISO160 / RAW


これは驚きです!かつてエクステを付けて撮った写真の中で、これほどきちんとした写りは初めてです。
完璧・・・ではないけれど、素晴らしい写りです。
これはレンズの性能が良いからなのでしょうね。

一番驚いたのは、F5.6でもピントが来ること。
私の経験では、エクステを付けた場合、F8以上に絞り込まないと、ぼやけてピントが来ないのです。
もちろんピントは極めて薄いので、手持ちでは大変な作業なのですが、実のところそれほどの苦労ではありませんでした。
D4を購入してからまだ日が浅いのですが、「高いカメラなりのことはあるな」と一番感じることは、「安定感」なのです。
簡単にいってしまうと、あまりブレないのです。シャッターやミラーなどの振動が、手にほとんど伝わって来ません。
秒10コマ自体はあまり使うことはなくても、それを実現させるための裏側の技術(振動の抑制など)が、安定感のあるカメラに仕立てたのでしょうね。


しかし・・・オートWBはあまり当てにならないぞ(涙)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-05-22 20:45 | 路傍の花 | Comments(2)

高速連写の可能性

D4の高速連写は、AF/AE連動で秒10コマ。
信じられないスペックです。
このことがD4の導入を決めた大きな要素・・・ではありません。
ワタクシの場合、一般的な興味として一度は体験してみたいと言うことはありましたが、それほど連写が必要な場面はないからです。

ところが、昆虫の飛翔写真を撮るのに有効ではなかろうかと思い付きました。
今まで昆虫の飛翔写真は、MFで距離を合わせ、マニュアル露出でF11・1/800などという設定で撮っていました。
この設定だと真っ昼間でも露光不足になりますから、フラッシュを併用し、フラッシュ光だけで露光させ被写体を止める、ということをしていました。

ミツバチなどの動きがゆっくりした昆虫では、この方法でもそこそこの成果を上げられます。
ところが、蝶となると、動きが不規則な上に飛行速度も速いので、被写界深度の深い広角レンズを使っても、なかなか上手に写し止めることが出来ないでいました。

それならいっそ、望遠レンズで離れて撮って、高速連写をかましてみたらどうでしょう。
D4ならば、もしかしたら飛んでいる蝶にもAFが効くかも知れません。

早速試してみました。


e0308416_21261278.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F9・1/1250 / ISO800 / RAW

e0308416_21261377.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F9・1/1250 / ISO800 / RAW

e0308416_21261424.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F9・1/1250 / ISO1000 / RAW


この3枚は、間に何枚かNGカットがあったものの、時系列で撮ったカットです。
もしかしたら、と思って試したAFですが、飛んでいる蝶にも合わせることができました。
ただし、かなり合焦確率は低いです。
基本的には置きピンかMFを使うことになりそうです。

とは言っても、どこへ行くかわからない蝶に、置きピンやMFはなかなか難しいですね。
現実的には、止まっている蝶にAFでピントを合わせ、飛び立つ直前から連写を開始して飛び上がりを狙うのが一番確率が高そうです。

この場合でも、大きく撮ろうとしてあまり近づくと、ファインダで追い切るのが難しいです。
また、飛び上がりのタイミングがよく分からないので、その点でも難しいですね。
少々距離を置いて、気長に狙うのが一番良いと思います。


e0308416_21332989.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F11・1/1250 / ISO2500 / RAW

e0308416_21332842.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F11・1/1250 / ISO2500 / RAW

たまたま葉の上で見つけたカメムシの仲間(だと思います)。
とりあえず1枚撮ったところで、急に羽根を広げて飛び立つ態勢になりました。
しめたとばかりに連写開始。
ところが、連写の一発目に撮れたのが下の写真。
二発目は右上隅で体が半分フレームアウトしていました。
感覚的には、2~3枚は抑えることが出来た気がしたのですが、残念な結果になりました。

ワタクシの反応が鈍かったせいもあるかもしれませんが、小さくてすばしっこい昆虫の飛び出しは、秒間10コマでは全然足りません。
秒20コマでもどうか・・・というレベルです。

それならば、小さな昆虫の場合は、フラッシュを使って一瞬のタイミングに賭ける方が良い結果を生みそうです。


結果的に、高速連写が有効なのは、被写体次第でしょう。
とは言え、数打ちゃ当たると言う撮り方だと、今一つ面白みに欠ける気がします。

無駄なカットが大半を占めるデータを後処理していると、なんだか空しくなってきました(笑)



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-05-20 21:44 | 昆虫たち | Comments(2)