とうとう五十路になりました ~ いなきち

カテゴリ:鳥たち( 27 )


コブハクチョウの動画、アップしました

昨日撮ったコブハクチョウの動画、やっとこさで編集が終わりました。
相変わらず、撮影、編集ともに下手くそですが、好きなんだからしょうがないじゃ~ん(笑)





動画の後半部分で、コブハクチョウがこちらに寄ってきて、木の板をかじっているところがありますが、きっとお腹が空いていたんでしょうね。
餌になるようなものは何も持っていなかったので、近くのコンビニで何か買ってこようかと思ったのですが、下手なものは食べさせられません。
そして何より、ここで人間から餌をもらうことに慣れてしまい、旅立ちの日が遅れてしまっては困りますものね。

それにしても、何故北へ向かわず、未だこの地に留まっているのでしょうか?
まだ旅立てない理由があるのかと思い、どこか怪我をしていないかと観察しましたが、そんな様子は感じられませんでした。

いずれにしろ、これからもずっと元気で、命を全うして欲しいものですね~。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-04-05 15:40 | 鳥たち | Comments(0)

え?巴川にコブハクチョウ?

昨日、清水ともゑさんのブログ「風の数え方」を拝見したところ、巴川の千歳橋付近でハクチョウを目撃され、写真に収められていました。
これには驚きました。
この暖かい清水に、そして、桜が見頃を終え日に日に春めいてくるこの季節に、何でまたハクチョウが・・・

ワタクシは今まで、あの辺りでハクチョウを見かけたことなど、ただの一度もありません。
すわ一大事、とばかりに、今日の午後、無理矢理時間を作って飛んでいきました。


e0308416_19460999.jpg
【千歳町】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F6.3 AE(+0.3) / ISO100 / JPEG

ともゑさんがハクチョウを目撃されたのは、写真の奥に見える橋の手前。
勇んで来たにも関わらず、それらしき人影、いや鳥影は見えず・・・
そこから少し河口側へ下ってきたものの、開けた場所につき、ハクチョウがいればすぐに見つけられます。
しばらく待って、これは既に旅立った後だったかと半ば諦めかけたものの、ハクチョウを見る機会など滅多になく、どうしても後ろ髪を引かれます。

いや、待てよ。
ともゑさんは以前、日の出埠頭でもハクチョウを目撃されているとか。
そうか、今日は土曜日だから、餌をもらうためにより人が集まるドリプラ方面に遠征しているに違いない(笑)

ま、ハクチョウに曜日の概念があるかどうかは不明ですが、一縷の望みに賭けた訳ですね~。
この辺りを散歩するのは実に久しぶりのことですから、ハクチョウはいないかも知れないけれど、のんびり散歩しながら川を下ることにしましょうか。


e0308416_19484845.jpg
【港橋】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F7.1 AE(+0.3) / ISO100 / RAW

しばらく歩いて、港橋までたどり着きました。

ワタクシの生まれはこのすぐ近くなので、この橋から見える港町風情は、ワタクシの原風景なのです。
港までだいぶ近くなってきたので、潮の香りがほんのりと鼻腔をくすぐります。
やはりこの辺りに来ると、心が落ち着きますね~。
ひとしきり写真を撮り、橋の上でう~んと伸びをしていると・・・

あれ?
あのアヒル、随分成長したなぁ。
いや、何かおかしい気が・・・

視力が悪いせいで遠目が利かないワタクシは、違和感を覚えて望遠レンズに換えたカメラを覗きます。

!!!!


e0308416_19460719.jpg
【港橋】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F6.7 AE / ISO500 / JPEG

いたぁ~!
いましたよ、ここに!!

橋の下手にあるこの場所は、漁船の船着き場になっており、漁師さんがカモメなどの鳥たちに、売り物にならない魚を与えたりしているのです。
ハクチョウは魚を食べないでしょうが、人慣れしているであろうハクチョウが、何となく居心地の良さを覚えたのかも知れませんね。

よし。
近くまで寄ってみましょう。


e0308416_20205750.jpg
【港橋】 NIKON D4 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / F5.6 AE(+0.3) / ISO100 / RAW

近くまで来て、そっと防波堤の上から覗きます。

ち、近いっ!
でも、羽繕いに夢中で、全然逃げる素振りを見せません。
こうなったらしめたもの。
遠慮なく写真を撮らせてもらいましょう。


e0308416_20253651.jpg
【港橋】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR / F5.6・1/1000 / ISO220 / RAW

つぶらな瞳が愛らしい、コブハクチョウ。
一緒に見ていた近所のオジサンは、コハクチョウだと言っていましたが、おっちゃんそれは違うぞ(笑)


e0308416_20253540.jpg
【港橋】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR / F5.6・1/1000 / ISO250 / RAW

e0308416_20253557.jpg
【港橋】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F6.7 AE(+0.3) / ISO220 / RAW

ワタクシが夢中になって写真を撮っているものだから、徐々に何事かと見物人が集まってきて、あらまぁ珍しい、なんてはしゃいでいます。
でもこの子はずぅ~っと、飽きずに毛繕いをしています。
最初は遠慮がちにシャッタを切っていましたが、こちらの事なんて1ミリも気にしていないようでして、こちらも段々大胆になってきました(笑)


e0308416_20404573.jpg
【港橋】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (F004) / F3.2 AE(+0.3) / ISO100 / RAW

レンズ交換の余裕も十分あると見て、解像度抜群のマクロレンズに換えてみました。

90mmでこの大きさ。
こんなに近くで撮れてよいのかしら?(笑)


e0308416_20253653.jpg
【港橋】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR / F4・1/1000 / ISO100 / RAW

綺麗な羽根を拡大すると、かなり繊細な構造に目が眩みます。
人間の体には、少なくとも目で見える範囲には、この芸術作品のような構造は無いなぁ。


e0308416_20253573.jpg
【港橋】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR / F5.6 AE(+0.3) / ISO100 / RAW

この場所では先輩格のアヒルちゃん。
今日はハクチョウ君に人気をさらわれているけれど、お前さんも相変わらず可愛いよ~。


望み通りハクチョウを思う存分観察でき、大満足の一日でした。
明日は天気が悪いようなので、同時に撮った動画を編集することにしましょうか。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-04-04 20:50 | 鳥たち | Comments(8)

メジロちゃん接近戦

昨日のブログで述べた予定通り、今日は駿府城公園に行ってきました。
お目当ては3つ。
公園内の河津桜、紅葉山庭園の梅、それから河津桜に来るメジロちゃんです。

メジロちゃんは人慣れしているせいか、かなり近くまで寄ってくるので、超望遠が無くても大丈夫との目論見がありました。
結果的に、目論見は大当たり。
鳥屋ではないワタクシにとっては、十二分に満足のいく写真が撮れました。

まずは、X-T1と望遠ズームの写りからご覧頂きます。


e0308416_19450128.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F6.4 AE(+0.7) / ISO200 / RAW


e0308416_19450058.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F6.4 AE(+0.7) / ISO200 / RAW

e0308416_19450017.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F4.8 AE(+1.0) / ISO200 / RAW


X-T1で鳥を撮ると非常にAFが背景に抜けやすいので、どうしても博打的要素が強くなりますが、今日は接近戦だったためかなかなかの歩留まり。
ただし、河津桜用に設定していたJPEG(VELVIA)の描写に納得がいかず、今回はRAWから現像しました。

逆光下だと、暗くなってしまう体の部分にマゼンタ系が載ってしまい、メジロの綺麗な緑色が出ないのです。
また、桜の綺麗な色とメジロの対比を優しく演出したかったので、VELVIAだとコントラストが高すぎたこともあります。
結果、春らしく仕上げることができたと思うのですが・・・いかがでしょうか?


続いては、D4+シグマ150マクロの写りをご覧ください。
いくらメジロちゃんが近くに来てくれるとは言え、やはり150ミリでは短すぎ、こちらは少しトリミングしてあります。


e0308416_19593325.jpg
【駿府城公園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5(F5.6)・1/800 / ISO160 / RAW

e0308416_19593351.jpg
【駿府城公園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5(F5.6)・1/800 / ISO140 / RAW

e0308416_19593347.jpg
【駿府城公園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5(F5.6)・1/800 / ISO140 / RAW


X-T1と比べると、AF-Cでも笑ってしまうほどピントが合います。
見やすいOVFは、ちょこまか動く小鳥でも、圧倒的に視認しやすいです。
ただし、やはり色合いはFUJIの方が圧倒的にステキだと感じます。

まぁ、どっちもどっち、一長一短。
どちらが優れたカメラかなんて、とても決められませんね~。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-02-21 20:07 | 鳥たち | Comments(4)

今年も超望遠は買えず

冬になる前に、今年こそ超望遠レンズを買おうと思っていたのですが、引っ越しで出費が嵩んだ結果、結局買えそうもありません。
となると、例年通り、タムロンの500mmミラーレンズで我慢するしかありません。


e0308416_18244652.jpg
【長崎】 NIKON D4 / TAMRON SP500mm F8(55BB) / F8・1/800 / ISO500 / RAW

上で”我慢する”と書きましたが、その写りには大変満足しています。
やはり500mmともなると、被写体の浮き上がり方が素晴らしいです。
解像度についても、満足のいくレベルです。

本当かって?
じゃあお見せしましょう。
どうせなら、条件の悪い下で撮った写真にしましょうか。


e0308416_18313951.jpg
【長崎】 NIKON D4 / TAMRON SP500mm F8(55BB) / F8・1/800 / ISO10000 / RAW ※トリミング

【↑の等倍拡大】
e0308416_18313889.jpg
ミカンの木の下、日が当たらない薄暗い場所で食事中のメジロ君を、ISO10000で撮ってみました。
いかがでしょうか?
バカ高いゴーヨンなんかと比べれば、屁みたいな写りですが、1万円ちょっとのオールドレンズでここまで写れば文句ないでしょう。

もちろん、そこはオールドレンズ。
色々と問題も抱えています。
写りの面で問題になるのは、まずはコントラストの低下でしょうか。

ワタクシの経験からすると、オールドレンズ、特に望遠系の場合は、総じてコントラストが低下します。
また、彩度も少し足りなく感じます。
そこで、JPEGで撮る場合は、コントラストや彩度、輪郭強調などをプラスに設定し、できればあらかじめ試写して煮詰めておいた方が良さそうです。

次の写真はJPEG撮って出しです。
ご覧の通り、物足りない写りですね。


e0308416_18471176.jpg
【楠】 NIKON D4 / TAMRON SP500mm F8(55BB) / F8・1/800 / ISO1100 / JPEG

今日は雨上がりの曇り空でしたので、元々コントラストに恵まれない条件でした。
それに、露出も控え目でしたね。
それを差し引いても、少々パンチに欠ける写りです。
と言うことで、オールドレンズの場合、RAW現像をした方が良い仕上がりになると思います。


e0308416_18471119.jpg
【楠】 NIKON D4 / TAMRON SP500mm F8(55BB) / F8・1/800 / ISO1100 / RAW

ね。
随分、印象が良くなったと思います。


e0308416_19470257.jpg
【楠】 NIKON D4 / TAMRON SP500mm F8(55BB) / F8・1/800 / ISO5600 / RAW ※トリミング

また、このレンズはミラーレンズですので、背景にリングボケが出ることがあります。
この辺りは好みが分かれるところでしょうが、リングボケは目立つので、背景がうるさくなるのを嫌う人が多いようです。
個人的には、面白い効果ではあると感じています。


e0308416_19503054.jpg
【楠】 NIKON D4 / TAMRON SP500mm F8(55BB) / F8・1/800 / ISO1250 / RAW

ところで、小鳥を撮る場合、なかなか近くまで寄らせてはくれません。
でも、大自然の中で撮るより街中で撮る方が、鳥が人間に慣れていることが多く、個体差はあるものの、どちらかと言うと近くから撮りやすいと思います。

上の写真は、恐らく10メートル以内に接近できた例です。
この距離だと、このレンズの良さが最大限に発揮されます。
個人的な印象だと、被写体まで20メートルを超えるようになると、途端に描写が落ちる感じですね。


e0308416_19503081.jpg
【楠】 NIKON D4 / TAMRON SP500mm F8(55BB) / F8・1/800 / ISO1250 / RAW ※トリミング

運が良ければ飛び出しも狙えます。
この写真の場合、シャッター速度が少し足りませんでした。
それに、もう少し絞ればもっと良かったかもしれません。
・・・固定絞りでした(笑)


e0308416_19585626.jpg
【楠】 NIKON D4 / TAMRON SP500mm F8(55BB) / F8・1/1250 / ISO1600 / RAW ※トリミング

さて、色々書いてきましたが、このレンズの難しいところと言えば、やはりピント合わせです。
距離が近ければまだマシなのですが、距離が少し離れると、D4のファインダを以てしてもなかなかピントの山が掴めません。

ワタクシの場合、連写モードで3枚シャッタを切り、ほんの少しピントリングを調整しながら何カットも撮るようにしています。
大体、3×4の12カットを撮れば、何とか合焦カットが得られますが、被写体までの距離が長くなると、何十枚撮っても合焦させられない場合もあります。
ストレスが溜まる瞬間です(笑)

もっとも最近では、無理にピントを合わせなくても良いのじゃないか、と開き直ることもありまして、次のようなイメージショットにも挑戦しているのです。


e0308416_19585625.jpg
【長崎】 NIKON D4 / TAMRON SP500mm F8(55BB) / F8・1/800 / ISO280 / RAW

e0308416_19585619.jpg
【楠】 NIKON D4 / TAMRON SP500mm F8(55BB) / F8・1/800 / ISO500 / RAW

この場合は、構図が命。
超望遠の手持ちで、瞬時に構図を整えるのはなかなか大変ですが、決まった時は満足感で一杯です。

いや、正確に言うと、「自己」満足でしたね(爆)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-12-29 20:07 | 鳥たち | Comments(7)

X-T1で飛びモノは・・・

ミラーレス機はその機構上、コンティニュアスAFの精度に問題があるようで、動きモノ・飛びモノには適していないと言われています。
確かにその通りだと思います。
でも、X-T1は中央部分の測距点に像面位相差を併用しているので、そこそこ使えるのではないか、というのがワタクシの感想です。
どの位使えるかというと、ちゃんと試していないのでハッキリ言えませんが(笑)

と言うことで、仕事の空き時間に港へ行き、サクッと試してきました。

狙いはトンビ。
大きい上に体色が濃いので、比較的AFが合いやすいのではないかとの予想です。
また、それほど飛行スピードが速くないのも、お試しには打って付けだと思ったのです。

AF-Cで高速連写(秒8コマ?)、レリーズ優先。
ちなみに、X-T1でAF-Cを使うと、中央9点が測距点になります。

絞りは開放。
シャッター速度は上限の1/4000。
そして、ISO感度で露出を合わせるようにしてみましたが、撮ったのが午前11時前後と陽が高い時間でしたので、トンビを追いかけながらカメラを振ると、構図の変化によって露出が大きくずれてしまいました。

結果を先に書きますと、合計で400枚近く撮って、OKカットは60枚ほど・・・
ま、こんなものかという気もしないでは無いのですが、ミラーレスにしては予想以上に頑張っているのではないかと思います。
もちろん、直線運動など動きが単純なものはピントが合いやすいですから、ピントが合うのは状況次第ですけどね。

それになにより、被写体をAFフレーム内(中央9点)に如何に収め続けられるか、ワタクシの技能に依るところ大です。
その点では・・・う~ん、自信なし(爆)

とりあえず、ピントが当たっていたものの中から、良く撮れていると思った写真をご覧下さい。


e0308416_20022560.jpg
【清水魚市塲】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / 174mm(35mm換算) / F4.2・1/4000 / ISO200 / RAW

この写真は、露出を見誤ったため大幅(2段強)なアンダーで、鳥は真っ黒・・・
ところが、RAW現像でここまで回復できるなんて、ちょっとビックリしました。


e0308416_20022506.jpg
【清水魚市塲】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / 259mm(35mm換算) / F4.7・1/4000 / ISO1250 / RAW

これは12枚以上連続して撮った中のベストショットです。
その12枚を繋げてみると、下のようになります。

e0308416_20022598.jpg
ははは。
我ながら笑ってしまいます。
やはりEVFでの連写は、被写体を追うのがキツイですねぇ。

中央9点から大きく外れたカットでも一応ピントは合っているように見えます。
ってことは、被写体がAFフレームから外れた際の再サーチの動き出しは、それほど速くはないようです。
下手くその場合、そのせいで助かることが多々ある、ってことです(笑)


e0308416_20022537.jpg
【清水魚市塲】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / 259mm(35mm換算) / F4.7・1/4000 / ISO800 / RAW ※トリミング

魚を捌いていたおっちゃんが、時折海に投げるおこぼれを狙うトンビ君。
何度も狙いましたが、たくさんの鳥が一度に殺到するので、EVFでは狙いを定めるのが大変でした。


e0308416_20022508.jpg
【清水魚市塲】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / 300mm(35mm換算) / F4.8・1/4000 / ISO800 / RAW

カモメは飛行スピードが速いので、なかなかの難敵でした。
被写体を測距点から大きく外していますが、ちょっと面白い構図になったと思います。
もちろん、偶然ですけどね~(笑)

e0308416_20022592.jpg
【清水魚市塲】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / 300mm(35mm換算) / F4.8・1/4000 / ISO800 / JPEG(ASTIA)

今日のベストショットでしょうか。
偶然の神が下りたようで、目にジャスピンな上に目線ももらえました。
二羽の重なり方が、もう少し分かりやすければ良かったのですが、まぁこれはこれで面白いですね。


と言うことで、D4なら全然問題無い被写体も、EVFだと被写体を中央で捉え続けるのはとても厳しいと改めて感じました。
AFの精度云々よりEVFの表示遅延の方が、はるかに歩留まりに関係があるんじゃないかしら。


ま、今後はX-T1での飛びモノはすっぱり諦め、のんびりスナップでもしようかと思っています。

e0308416_20022451.jpg
【真砂町】 FUJIFILM X-T1 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25(ZM) / F5.6 AE / ISO400 / JPEG(ASTIA)

e0308416_20022422.jpg
【真砂町】 FUJIFILM X-T1 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25(ZM) / F2.8 AE / ISO400 / JPEG(ASTIA)



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-10-30 20:27 | 鳥たち | Comments(6)

花鳥園の鳥たち

昨日、島田のバラ園に行ったついでに、掛川花鳥園まで足を伸ばしました。
久しぶりに鳥を撮りましたが、感想は・・・「いや~、こりゃ楽だわ」(笑)
人に慣れた鳥を撮るのは、自然相手と違ってホント、楽でした。
だからと言って、素晴らしい写真が撮れたかどうかは、全くの別問題ですね~(爆)


e0308416_20495661.jpg
【掛川花鳥園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR / F5.6・1/800 / ISO180 / RAW

e0308416_20504901.jpg
【掛川花鳥園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR / F5.6・1/800 / ISO250 / RAW

e0308416_20505040.jpg
【掛川花鳥園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR / F5.6・1/640 / ISO1400 / RAW

e0308416_20505023.jpg
【掛川花鳥園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR / F5.6・1/1600 / ISO400 / RAW

e0308416_20505001.jpg
【掛川花鳥園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR / F4・1/1600 / ISO1100 / RAW

e0308416_20505002.jpg
【掛川花鳥園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR / F4・1/1600 / ISO500 / RAW

e0308416_20505069.jpg
【掛川花鳥園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR / F5・1/1600 / ISO5000 / RAW


もう一つ楽だった理由は、D4を使ったことです。
鳥の飛び出しに備えて速いシャッター速度を設定していましたが、高感度に強いD4だと、ISOオートで放っておけば良いのです。
一々カメラの設定を確認しなくても良いので、被写体に集中できますから。


この時は、ほとんどの撮影を純正の70-200/F4で済ませましたが、シグマの150マクロでも数枚試しに撮ってみました。

e0308416_21082430.jpg
【掛川花鳥園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX / F5.6 AE / ISO200 / RAW

この黒鳥、お客があげる餌を追いかけ回していたので、ピントを合わせるのが大変でした。
この写真は、目からピントがずれていたので、本来なら失敗写真として捨てるところです。
しかし、羽根の描写にビックリしたので、ご覧頂こうと思いました。

やはりこのレンズ、只者ではないと思います。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-10-19 21:12 | 鳥たち | Comments(8)

ピントが合いさえすれば

「ピントが合うか合わないか、それが問題」
もちろん、MFを多用するマクロ撮影では当然のことでしょうけど、ワタクシの場合は、この問題に苛まれることがもう一つありまして・・・

タムロンのミラーレンズ、SP 500mm F8(55BB)。
ワタクシが所有するレンズの中で、一番長い焦点距離のものです。

500ミリと言えば超望遠。
そして、マニュアルフォーカス。
手ブレ補正が良く効き、EVFの拡大表示も使えるE-M5ではまだしも、ニコン機での撮影では、ほとんどのカットが撃沈、な~んてことは日常茶飯事です。

でも、ピントが合いさえすれば、ビックリするほど良く写るレンズなんですよ~。


e0308416_23323552.jpg
 NIKON D4 / TAMRON SP 500mm F8(55BB) / F8・1/640 / ISO1100 / RAW ※エクステ付けたかも…

e0308416_2332386.jpg
 NIKON D4 / TAMRON SP 500mm F8(55BB) / F8・1/1600 / ISO1000 / RAW

e0308416_2332404.jpg
 NIKON D4 / TAMRON SP 500mm F8(55BB) / F8・1/1000 / ISO1800 / RAW

なんとこの時期にシャガの花を発見!
群生地の中で、この一輪だけが咲いていました。
個人的にはあまり好きな花ではないのですが、ちょっと嬉しかったですね。

SP500はミラーレンズですので、一旦レンズに入った光を鏡筒内で反対方向(=入射口方向)に反射させ、再びカメラ方向に反射させることにより焦点距離を稼いでいます。
反射による光量低下が結構あるので、暗い場所では色が沈みあまり良い結果を残せません。
でも、1、2枚目に上げた写真のように、光が十分に当たっている場所だと、かなりクリアに写ります。
色収差がほとんどない(ちょっとはあります)のも、とても気持ちが良いですね~。


e0308416_23395263.jpg
 NIKON D4 / TAMRON SP 500mm F8(55BB) / F8・1/800 / ISO12800 / RAW

e0308416_23395711.jpg
 NIKON D4 / TAMRON SP 500mm F8(55BB) / F8・1/640 / ISO8000 / RAW

e0308416_23395553.jpg
 NIKON D4 / TAMRON SP 500mm F8(55BB) / F8・1/800 / ISO10000 / RAW

海牛さんのアドバイスにより、トモエガモを撮ることができました。
海牛さん、ありがとうございました!

ところが、うっすら暗い場所でしたので、手ブレが怖くてかなり高感度に設定せざるを得ず、画質は今一つでした。
それだけが残念・・・

いや、よくよく考えれば、この高感度で鳥をこれだけ解像することができたのは、D4と共にこの優秀なレンズのお陰、と思わないとバチが当たるかも知れません。
ピントを当てたワタクシが素晴らしい、という見方は、残念ながら×。
だって、ほとんど勘で合わせるしかなかったんだも~ん(爆)


新しいD4sは、聞くところによるとD4より高感度が優れているとか・・・
恐ろしいですねぇ(笑)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-03-19 23:49 | 鳥たち | Comments(6)

やっぱり大きく写したいなぁ

今日は朝から秋葉山公園へ。
先日見かけたキレンジャクも魅力ですが、ワタクシとしてはやはり昆虫を撮りた~い!
と言うことで、しつこくテントウムシを探しに行ったのです。
秋葉山公園は丘なので日当たりが良く、カラスノエンドウもたくさん咲いています。
ここのところテントウムシを探しても不発が続いていましたが、そろそろ見られるんじゃないでしょうか。。。

・・・全然いな~い!

やっとこさ一匹見つけて撮りましたが、ちょこまか動くせいで、全然まともに撮れません。
なんとかものにできたのがこれ↓。

e0308416_16591372.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D7100 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED / F16・1/125 / ISO800 / NIKON SB-R200 / RAW

この写真とて、拡大すると被写体ブレを起こしています。
フラッシュを使ったにもかかわらず、相変わらずの下手くそぶりです。
ちょっと撮りにくいところにいたのは事実ですが、久しぶりの昆虫に撮り方を忘れていたようです(笑)


ところで、今日は現地でステキな2人の女性と出会いました、うふ。
お二方ともどこから見ても鳥狙いの機材を持たれていて、見るからにベテランの雰囲気。
ワタクシのような素人が気安く声を掛けられる相手ではなさそうでしたが、なにせワタクシ、図々しさだけには自信があります。
「お目当ては何ですか?」と声を掛けてみました。

お二人とも気さくに応じて頂き、しばし歓談させて頂いたのですが、狙いはキレンジャクとのこと。
ひょっとして、海牛さんのお知り合いかと思い聞いてみると、やっぱりその通りでした!
しかも、その内のお一人は海牛さんへのブログコメントでよくお見かけするお名前で、偶然にビックリした次第です。

そしてもう一人の方は、ありがたくもこのブログを以前からご覧頂いていたようで、以前ワタクシが酔っ払ってP国の女性と肩を組んでいる写真を上げたことを口にされ、顔から火が出そうでしたよ(笑)

そんなこともあり、しばし楽しい時間を過ごすことができました。
その後しばらくしてワタクシは失礼したのですが、どうやらお二人は女神だったようで、その後何回かかなり鳥に近づくことができ、大きく写すことに成功したのであ~る。


e0308416_17193017.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D7100 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F9 AE(+0.3) / ISO900 / RAW ※対DX1.3xモード


e0308416_17193240.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D7100 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F6.7 AE(+0.3) / ISO560 / RAW ※対DX1.3xモード


e0308416_17193462.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D7100 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F9 AE(+1.3) / ISO400 / RAW ※対DX1.3xモード


e0308416_17193683.jpg
 【八坂東】 NIKON D7100 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F9 AE(+0.3) / ISO320 / RAW  ※対DX1.3xモード/トリミング


鳥でも昆虫でもそうですが、やはりトリミング無しで大きく写すと迫力が違いますね。
こうして皆さん、大砲への道を進まれるのでしょうね(笑)

ワタクシの場合は、筋金入りの根性無しなので、大砲を買っても運用する自信はありません。
やはりここは、別の道を探すしかないようです。
そこで、忍術を習うことにしました、うむ。
「何とかの術」でもって、鳥に1メートルまで近づくことが目標で~す(爆)


お二人とも、ありがとうございました。
またお目にかかりたいですね!


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-03-14 17:27 | 鳥たち | Comments(6)

最期に巡り会った僥倖

今日は午前中から張り切って出かけました。

狙いはテントウムシ。
例年、そろそろ個体数が増えてくる時期ですので、期待していたのですが・・・

e0308416_18562619.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F8 AE(+0.3) / ISO160 / RAW

テントウムシの大好物はアブラムシ。
アブラムシが多く見られるのはカラスノエンドウ。

と言うことで、カラスノエンドウが多く咲く場所に行ってみたのですが、予想よりアブラムシがいません。
それだからでしょうか、そこら中を探せどもテントウムシは見つかりません。
その内、やっとこさ小さな子を見つけました。

e0308416_1964445.jpg
 【八坂東】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F16 AE(+0.3) / ISO220 / JPEG

珍しい模様のナミテントウ(だと思います)です。
意外と風があるため、葉が揺れています。
そのせいか、被写体ブレが起きています。

それじゃあ、フラッシュを準備してゆっくり撮りましょうか。
と、思った瞬間、目を離した隙に飛んでいってしまいました(涙)

この後、大きなナナホシを見つけましたが、ちょこまかと動いていたせいで、一枚も写真をものにできませんでした。

仕方が無いので、被写体を変更です。


e0308416_19112352.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F5.6 AE / ISO100 / RAW

e0308416_19112560.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F8 AE(+0.7) / ISO250 / RAW

まだ咲き誇っている河津桜。
ソメイヨシノより色が濃いので、とても見栄えのする花ですね。
この時期、春を予感させてくれる被写体です。


ん?
目の端を鳥が飛んで来て、少し離れた枝に止まりました。
どうせスズメか何かでしょうけど、一応撮って確認してみましょうか。


e0308416_19152257.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F7.1・1/400 / ISO100 / RAW

ファインダを覗いた時は体色がモズに似ていたのですが、どうもそうじゃなさそうです。
尾の先に濃い赤い色が見えました。
これは何であろうか・・・
どうやら見たことがない鳥のようです。

そうこうしている内に、飛んで行ってしまいました。

↓偶然撮れた飛び出し。

e0308416_1919168.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F7.1・1/400 / ISO125 / RAW


さぁ、鬼ごっこの開始です。
カメラバッグがはねないように、抑えながら小走りで・・・と思ったら、直ぐ先の枝に止まってくれました。

盛んに赤い実を食べています。
チャンスです!


e0308416_1928711.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F7.1・1/400 / ISO160 / RAW

e0308416_19282675.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F7.1・1/640 / ISO320 / RAW

e0308416_19284368.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F7.1・1/640 / ISO280 / RAW

撮影条件はバッチリ!
順光がまんべんなく被写体を照らしています。
おかげで、目にキャッチライトまで入っています。
被写体までの距離は、10メートルありません。

もう、喜び勇んで連写の嵐を食らわせましたよ(笑)

ただ、どうしても枝被りになってしまいます。
体を動かして良い場所を探すのですが、なかなかうまい場所が見つかりません。
あまり近寄りすぎても逃げちゃうでしょうし・・・

そんなこんなで、後からセレクトが大変だと思いながらも、あっという間に200枚以上撮ってしまいました。
これだけ撮れればもう十分です(笑)
逃げられても良いから、もっと近寄ってみましょう。

e0308416_193626100.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F7.1・1/640 / ISO360 / RAW

e0308416_1936246.jpg
 【秋葉山公園】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F7.1・1/640 / ISO360 / RAW

なんと!
被写体まで5メートル付近まで近寄ることができました。
うれしぃ~!

頭にある冠が格好良い鳥ですね。
それに、何と言っても綺麗な体色をしています。
尾の先の赤色が目に鮮やかで、青空ととてもマッチしていました。

家に帰って調べたら、「ヒレンジャク」という鳥だそうです。
今日は見られませんでしたが、時折ホバリングをするそうなので、しばらく通って挑戦してみましょうか。。。

仕事が忙しくて、ちょっと無理かも~(涙)


== 2014.3.12訂正 ==
5枚目の写真の右側、6枚目、10枚目、11枚目は、「キレンジャク」と言う鳥でした。
よく見ると尾っぽの先が黄色いので、「ヒ」ではなく「キ」レンジャクだそうです。
この日は4羽の群れがいたのですが、その内少なくとも1羽がヒレンジャクだったようですね。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-03-09 19:42 | 鳥たち | Comments(9)

護国神社付近

葵区にある護国神社。
広い境内には、無数の木が茂っています。
さぞやたくさんの鳥がいるのだろうと、仕事がてらに寄ってみました。


e0308416_2212776.jpg
 【葵区・護国神社】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F6.7・1/400 / ISO2000 / RAW

e0308416_2212924.jpg
 【葵区・護国神社】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F6.7・1/400 / ISO1800 / RAW

ところが、意外と鳥が見つかりません。
仕方が無しに、池でのんびりしているカモたちをパチリ。

そうこうしている内に、ふと視線の端に違和感が。。。


e0308416_2216114.jpg
 【葵区・護国神社】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F6.7・1/320 / ISO6400 / RAW

e0308416_2216374.jpg
 【葵区・護国神社】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F8・1/400 / ISO8000 / RAW

一瞬、ウグイスかと思い興奮しましたが、モニタで確認すると、ちょっと違うような感じです。
ウグイスは、もう少し頭が丸っこいですよね。
どこかで見かけた気がしますが・・・

家に帰って図鑑で調べたら、どうやら「シロハラ」と言う鳥らしいです。
それで思い出したのですが、昔、秋葉山公園で写真に納めたことがあったのでした。
それに、つい先日、海牛さんのブログでも拝見していました。

結局、護国神社ではこの鳥を最期に収穫がなかったです(涙)


e0308416_22213298.jpg
 【葵区・春日】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F6.7・1/640 / ISO180 / RAW

ワタクシのように、街の中にある自然を撮っていると、一番困るのが背景ですね。
望遠「マクロ」ではごまかすことができる背景も、単なる望遠撮影だとなるとそうはいきません。
このメジロちゃん、珍しく構図は良かったと満足していますが、背景がいただけません。
なんたって、背景は家の壁ですから(笑)
ボケに直線が入ると、写真を見た時そこに目が行ってしまうので、できれば避けたいのですが・・・


e0308416_22245177.jpg
 【葵区・春日】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II + KENKO DG EXTENSION TUBE(36mm) / F8・1/400 / ISO500 / RAW

e0308416_22245223.jpg
 【葵区・春日】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II + KENKO DG EXTENSION TUBE(36mm) / F11・1/320 / ISO320 / RAW

結局、鳥は早々に諦め、エクステを噛ましてマクロ仕様にしました。

望遠ズームにエクステを噛ましても、それほど劇的に倍率は上がりません。
ワタクシの場合、「被写体を大きく写す」と言うよりは、「背景をよりボケさせる」と言う理由で、エクステを付けています。
テレコンを付けた上にさらにエクステを付けると、ご覧の通りかなりボケます。
ピントはかなり浅くなるので、F11を基準としています。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-03-08 22:33 | 鳥たち | Comments(6)