とうとう五十路になりました ~ いなきち

カテゴリ:路傍の花( 173 )


いささか地味に見えますが・・・

昨日記事にした X-T1 とシグマ150マクロの組み合わせですが、何度見ても綺麗な色には満足感が高いです。
一方、D4の画はどうでしょうか?
改めて梅の花の写真を並べてみます。



e0308416_15163976.jpg
【鳥坂】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F6.4(F11)・1/800 / ISO720 / RAW

e0308416_15192120.jpg
【鳥坂】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4.5(F8)・1/800 / ISO900 / RAW

e0308416_15223440.jpg
【鳥坂】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4(F5)・1/800 / ISO180 / RAW

e0308416_15163975.jpg
【鳥坂】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F3.7(F5.6)・1/800 / ISO200 / RAW


う~ん。
な~んか地味と言うか、冴えないというか・・・
もちろん現像の仕方もあるでしょうが、色に濁りを感じるんですよね。


一方、次の写真のように、非常に印象深い画が撮れることもあるのです。

e0308416_15074453.jpg
【鳥坂】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4(F5)・1/800 / ISO450 / RAW


この写真、お気に入りの一枚なのですが、梅の赤とバックの緑が補色関係だと言うこと、黒バックに浮かび上がる白の花が高コントラストを成していると言うこと、全体の色数が少ないと言うこと、この3つが相成ってメリハリの利いた画になっていると自己分析しています。
もちろん、ワタクシがそんなことを計算して撮っているはずもなく、撮れたのは全くの偶然なのですが(爆)

言いたいことは、この写真は非常にクールな印象で、色の濁りは感じません。
対して、上にあげた内の何枚かのように、暖かみのある色合いを目指そうとすると、どうしても濁りを感じてしまうのです。

何故なんでしょうねぇ。


e0308416_15340310.jpg
【鳥坂】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5.3(F8)・1/200 / ISO200 / NIKON R1C1 / RAW


e0308416_15361968.jpg
【鳥坂】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F3.6(F5.6)・1/200 / ISO200 / NIKON R1C1 / RAW


別段、濁りを無くそうとした訳ではありませんが、試しにフラッシュを使ってみました。

上の写真は、花のこちら側が逆光下だったので、補助光として弱く焚きました。
対して、下の写真では、同じく逆光下の条件で、画作りを気取ってみました(笑)

元々、この設定(F5.6・1/200)では、オーバ露出です。
そこへ持ってきて、フラッシュを左上から弱めに発光させたので、花の根元の部分が明るくなり、フラットな印象になりました。
でも、花のすぐ下の枝の部分にはフラッシュ光が当たらないようにしたので、ハイキーな中にもコントラストを感じ、なおかつ、フラッシュ光により花のシベがシャープに描かれた・・・

と、理屈を述べてみましたが、いかがでしょ~か?


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-01 15:52 | 路傍の花 | Comments(2)

チャレンジ

半ば諦めていた X-T1 での手持ちマクロですが、どうしてもあの色で桜を撮りたい・・・
桜が咲くまで、もう少しだけチャレンジしてみましょうか。

今までは、ボディーとレンズの重量バランスを考え、SP90(52BB)のみ使ってきましたが、古いレンズのせいかEVFの見え方にキレがなく、ジャスピンを得るのがなかなか大変でした。
また、手ブレ補正がないせいで、構図がすぐ動いてしまうのも難点でした。

ワタクシはシグマの150マクロがメインの機材ですが、今まで X-T1 で試したことはありません。
重いレンズですので、まともに撮ることは端から無理だろうと思っていたのですが、一応試してみました。


e0308416_19270526.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5.6位?・1/950 / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_19270619.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F8位?・1/640 / ISO400 / JPEG(VELVIA)


おや?
意外とまともに撮れるようですよ。
縦グリに予備バッテリを入れ、レンズヘビーにならないようにしましたが、そのせいでしょうか、どうやら思ったより安定性に優れているようです。
軽量の SP90 に比べると、格段にブレには強そうです。
また、今回、電子シャッタを試しましたが、ブレ抑制にかなり貢献してくれたような気がします。


e0308416_19270562.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5.6位?・1/280 / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_19270602.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4位?・1/280 / ISO400 / JPEG(VELVIA)


等倍域も試しましたが、ピントの歩留まりもまずまず。
ただし、D4で撮る時と違い、ピントが合うかはかなり運任せな所があります。

それにしても、VELVIAモードのステキなこと!
色がとても綺麗です。
綺麗過ぎる気もしますが(笑)


e0308416_19534275.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F11位?・1/210 / ISO1600 / RAW

e0308416_19534223.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4位?・1/450 / ISO400 / JPEG(VELVIA)


う~ん。
微妙だけれど、ギリギリ手持ちマクロができそうな感じ・・・
これからは、「この色が欲しいから、頑張ってみよう」と思えた日には、持ち出すのもアリかもしれませんね~。


今日はもう一つレンズを持っていきました。
寄れる広角レンズ、シグマの35mmです。
倍率稼ぎに、12mmのエクステを付けてみました。


e0308416_19453000.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO DG EXTENSION TUBE / F4位?・1/5800 / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_19453177.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO DG EXTENSION TUBE / F2.8位?・1/6000 / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_19453095.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO DG EXTENSION TUBE / F5.6位?・1/3200 / ISO400 / JPEG(VELVIA)


ご覧の通り、正に大口径、って感じの写りが気持ち良いですね。
12mmのエクステだと、被写界深度はそれほど浅くならないので、150マクロと比べると、圧倒的に勝手が良いです。

梅の花がこの大きさに写せるなら、桜相手でも十分でしょうね。
これは良い組み合わせになりそうです。

どちらかと言うと、桜を撮るには35mmと組み合わせた方が、良い画が撮れそうな気がしますね~。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-02-28 20:01 | 路傍の花 | Comments(4)

そろそろ打ち止めでもいいかな。しかし・・・

現状で、ワタクシの所有カメラはどうなっているのであろ~か。
ちょっと整理してみました。

デジイチ(レフ機) : D4、D80
デジイチ(ミラーレス) : X-T1
コンデジ : XZ-2

全部で4台。
普通に考えれば、これだけあれば十分です。
いや、十分過ぎますよね。


e0308416_23195255.jpg
【駿河区・宝蔵寺】 OLYMPUS XZ-2 / F1.8 AE(+0.7) / ISO100 / RAW


毎年年末になると、仕事でまとまった収入が入るので、何かしらの機材を入れ替えてきました。
ところが、昨年末は引っ越しがあったため、何も買えず。
元手が無いので購買意欲も湧かず・・・良い傾向でした(笑)

まぁ元手があったにしろ、ボディーではなくレンズを買っていたと思いますけど。


e0308416_23195227.jpg
【駿河区・宝蔵寺】 OLYMPUS XZ-2 / F1.8 AE(+1.0) / ISO100 / RAW


もうかれこれ1年近く、このままの機材で写真を撮ってきましたが、ここらで打ち止めにしても良いかな、とも思います。
そう、現状に満足しているからですっ!

と、自分自身を納得させようとしているのですが、ちょっとだけ無理している感が・・・


e0308416_23195264.jpg
【駿河区・軍人社】 OLYMPUS XZ-2 / Pモード(F2.5・1/30・+0.7) / ISO100 / RAW


悩みの種は、X-T1の立ち位置。
今のところ、用途はスナップ専用と言った感じで、ワタクシの好きなマクロ撮影では、使い勝手の悪さから不満が募っています。
また、300mm以上の望遠レンズがないのも不満です。

となると、俄然欲しくなってくるのはアレですよ、アレ。


e0308416_23290149.jpg
【駿河区・軍人社】 OLYMPUS XZ-2 / Pモード(F2.5・1/100・+0.3) / ISO100 / RAW


そう、マイクロフォーサーズ機です。

E-M5は既に手放してしまい、m4/3機は現状で1台もありませんが、60mmマクロレンズはまだ手元にあります。
クリップオンフラッシュ・FL-600R、ツインフラッシュ・STF-22も、しっかり取ってあります。
フラッシュは、他メーカの機種でも使えますし、ね。

いつでも来なさい、と、再購入への準備は万全なのです。


e0308416_23290113.jpg
【駿河区・曲金】 OLYMPUS XZ-2 / Pモード(F2.2・1/250・+0.7) / ISO100 / JPEG(NEUTRAL)


でもねぇ、な~んか購入に踏み切れないのです。
先日まで、オリンパスはキャッシュバックをやっていたし、オンラインショップのポイントもかなり余っていたので、もう何度もポチりそうになりましたが・・・

まぁ、いずれは買うんですけどね~。
EM-2?が出たら、でしょうか。


e0308416_23290184.jpg
【駿河区・曲金】 OLYMPUS XZ-2 / F1.8 AE(+0.7) / ISO100 / JPEG(NEUTRAL)


ところで、ついでにフィルムカメラについても調べてみました。
いちいち調べないと、所有しているカメラが分からない、ってのも我ながら不思議ですね(笑)

フィルム(レフ機) : F5、α-7、α Sweet S
フィルム(レンジファインダ) : XA、XA2(いずれもOLYMPUS)、MF-1(RICOH)

な、何と、驚きの6台!
デジタルよりフィルムの方が多いのでありました。
がちょ~ん。


e0308416_23290110.jpg
【葵区・横田町】 OLYMPUS XZ-2 / Pモード(F2.2・1/125・+0.3) / ISO100 / RAW


以前は一年に10本以上、フィルムで撮っていましたが、ここ二三年は年間2本撮るかどうか。
これじゃあ、処分を考えた方が良いかもしれませんね。
第一、MINOLTA の α-7、Sweet S については、レンズを一本も持っていないのですから(笑)


これ、内緒の話しですが、実は RICOH の GR21 が欲しいと思ってたりして(爆)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-02-26 10:25 | 路傍の花 | Comments(6)

頭の体操、二題

写真ブログを気取っているくせに、全然関係無いお話をします。
お話し、と言うよりは、頭の体操を二題、ご披露しようと思い立ちました。

ちなみに、例によって、写真は記事本文と何の関係もありません。
賑やかしに貼り付けただけで~す。(笑)


e0308416_23134197.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / TOUIT 1.8/32 / F1.8 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(VELVIA)


それでは、第一問。

次の図に示すように、a、b 二本の直線があります。
e0308416_23195067.jpg
今から、不肖いなきちが、この二本は同じ長さだと証明します。

まず、次の図のように、a、b 各々の両端を通るような直線を引き、交点を c とします。
e0308416_23195095.jpg
次に、c から 直線 a 上のどこかを通る直線(図中の赤線)を引きます。
e0308416_23195024.jpg
そうすると、a' を通った線は、必ず直線 b 上のどこかの点 b' に突き当たります。

今度は、c から 直線 b 上のいずれかの点に向けて直線を引きます。
上と同様、必ず直線 a 上のどこかの点 a' を通過します。

これを整理すると、
 ・ 直線 a 上のいずれかの点 a' に対応する b' が一点のみ存在する。
かつ、
 ・ 直線 b 上のいずれかの点 b' に対応する a' が一点のみ存在する。

と言う事になり、結果的に、
 ●直線 a と 直線 b 上には、過不足無く一対一に対応する点が存在する。

よって、直線 a と直線 b は同じ長さなのであ~る。

誰か文句ある??


e0308416_23134081.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / TOUIT 1.8/32 / F5.6 AE(+0.3) / ISO400 / JPEG(VELVIA)


続いて、第二問。

次の図は、車のタイヤが位置 X1 から X2 に向かって、ちょうど一回転したところを示しています。
e0308416_23505198.jpg
では、この間タイヤが移動した距離 d1 はどうやって求めますか?

そりゃあ、タイヤの円周に決まっていますよね。
つまり、「a(タイヤの直径)× 円周率」で求まります。

ところで、タイヤの内側にはホイールが付いています。
図中の灰色の部分です。
X1 地点でこのホイールの真下だった点は、X2 地点に移動後も真下に来ます。
では、この二点間の距離 d2 は、どうやって求めますか?

見たとおり、d1 と同じだろ、ですって?

違いますよぉ。
だって、ホイールもタイヤと同じようにちょうど一回転してるんですから、「b(ホイールの直径)× 円周率」に決まってるじゃないですか!

・・・あれ??


e0308416_23134143.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F4.8 AE(+0.7) / ISO400 / JPEG(VELVIA)


いかがですか?
かなり不思議でしょ?
直感的に間違いだとわかるものの、どこが間違いなのかが説明できませんよね。

この二題は、ある学問の分野では有名な問題です。
大学の先生が新入生に出題して煙に巻く、と言った使われ方をしていると思います。

さてと。
あなたはワタクシが間違えていると、説得することはできますか??

ワタクシは答えを知っているけれど、皆さんには一生教えませ~ん(笑)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-02-25 00:07 | 路傍の花 | Comments(2)

梅 ~ まだ楽しめる紅葉山庭園

駿府城公園の中にある、紅葉山庭園。
それほど大きくはありませんが、四季折々の自然が楽しめるので、時々150円の入園料を払って訪れます。

入ってすぐの東屋の裏手に、見事に管理された梅の木が数本あるのですが、あくまでも「庭」なので、それほど規模は大きくありません。
マクロレンズが無いと、背景の整理にちょっと苦しむと思います。

一昨日の昼過ぎに行きましたが、梅の種類によっては花びらがくたびれて生を感じない花もあったものの、概ねまだ撮影を楽しめるようでした。


e0308416_17032883.jpg
【紅葉山庭園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F6.3(F10) AE(+1.0) / ISO320 / RAW

e0308416_17034825.jpg
【紅葉山庭園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4.5(F8) AE(+0.7) / ISO200 / RAW

e0308416_17041188.jpg
【紅葉山庭園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F3(F4.6) AE(-0.7) / ISO400 / RAW

e0308416_17044135.jpg
【紅葉山庭園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F3.5(F5.6) AE(+0.7) / ISO400 / RAW

e0308416_17042402.jpg
【紅葉山庭園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4(F6.3) AE(+1.0) / ISO100 / RAW

e0308416_17043267.jpg
【紅葉山庭園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4(6.3) AE(+0.7) / ISO280 / RAW

e0308416_17044515.jpg
【紅葉山庭園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4(F3.8) AE(+0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_17044764.jpg
【紅葉山庭園】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4.3(F6.3) AE(+1.0) / ISO400 / NIKON R1C1 / RAW


梅が植えられているところは、狭い通路になっていますので、三脚の設置は他のお客さんの迷惑になります。
また、カメラバッグなどが枝に引っかかりやすいので、十分注意して撮影を楽しんで下さいね~。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-02-22 17:19 | 路傍の花 | Comments(8)

河津桜 ~ 駿府城公園は三分咲き

昨日の昼過ぎ、静岡の街中に仕事で出かけたのですが、小一時間ほど時間が空いたので、久しぶりに駿府城公園を一回りしてきました。


e0308416_18341243.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / TOUIT 1.8/32 / F2.5 AE(+0.7) / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_18341366.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / TOUIT 1.8/32 / F1.8 AE(+0.7) / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_18341215.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / TOUIT 1.8/32 / F1.8 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(VELVIA)


梅は見頃を過ぎていて、枝に花は多くは残っていませんでした。

その代わり、河津桜が咲き始めており、標準レンズを1本しか持っていなかったことが悔やまれました。


e0308416_18341380.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / TOUIT 1.8/32 / F1.8 AE(+1.0) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

e0308416_18385914.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / TOUIT 1.8/32 / F1.8 AE / ISO200 / JPEG(VELVIA)


行く前に、河津桜も咲いているだろうとは思っていましたが、それほど期待はしていませんでした。
ところが、思っていたより開花が進んでおり、膨らんでいるつぼみがそこかしこに見られました。
とは言え、全体からすると三分咲き程度でしょうか。
望遠か長焦点のマクロレンズを持っていれば、十分撮影を楽しめそうでした。


e0308416_18341297.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / TOUIT 1.8/32 / F2.5 AE(+1.6) / ISO200 / JPEG(VELVIA) ※トリミング


アングルを変えながら撮影していたら、すぐ上の方から鳥のさえずりが聞こえました。
ハッとして顔を上げると、何と、すぐそばにメジロが来て、花の蜜を一心不乱に吸っていました。
その距離、およそ1メートルちょっと。
驚きです。

当然、こちらに気づいてはいるでしょうが、全くお構いなし。
こんなに近くで野鳥を見たのは初めてです。
人慣れしてる、ってこともあるでしょうが、ひょっとして、完全無音の電子シャッタを使っていたから、警戒心が緩んだのかしら?


明後日にもう一度装備を調えて行ってみようと思ったのですが、どうやら天気が崩れそう。
やはり行くなら明日でしょうか。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-02-20 18:51 | 路傍の花 | Comments(0)

春よ来い来い、春代は来るな(笑)

ワタクシの古くからの呑み友達に、春代さんという人がいまして、これがもう相当な呑兵衛。
性格の方も、豪放にして磊落。
女にしとくにはもったいない方です。
もっとも、本人は女だという自覚が無いようで、美人だと評判の居酒屋店員のことを、言うに事欠いて「女らしくない」と説教する始末。
どうやら「女」と言う定義が、ワタクシ達とは違っているようです。

男ばかりでささやかな酒宴を開いているところに、居酒屋の暖簾をくぐりながら「よっ!やってるねぇ」なんて感じで入ってくる春代さんを見ると、一同等しく酔いが覚めます。
ハッキリ言って、迷惑なんです。
呼んでもいないのに、匂いをかぎつけて来ないで欲しいのです。


e0308416_20430539.jpg
【楠】 NIKN D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM + CANON 500D / F3(F4) AE / NIKON R1C1 / ISO100 / RAW

e0308416_20430655.jpg
【長崎】 NIKN D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F3.5(F6.3) AE(+0.3) / ISO100 / RAW

e0308416_20430558.jpg
【楠】 NIKN D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM + CANON 500D / F4(F5) AE / ISO100 / RAW

e0308416_20430615.jpg
【長崎】 NIKN D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F3.2(F5) AE / ISO100 / RAW


春代さんには二人の子どもがいます。
男の子と女の子、一人づつ。
お兄ちゃんは高校生、下の子は中学生だったかしら。

旦那さんとはだいぶ前に別れたようで、女手一つで子どもを育てているのには頭が下がります。
以前、酔いに任せて「なぜ別れたの?」と聞いたことがあるですが、「あたしが三行半を突きつけてやったんだ」みたいな、勇ましくも全然答えになっていないことを言っていました。
それは逆じゃないか、と言うのが、呑み仲間の統一見解です。
誰も面と向かって言えませんが。


e0308416_20430618.jpg
【能島】 NIKN D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5(F5.6) AE(+0.3) / ISO100 / RAW ※トリミング

e0308416_20430656.jpg
【能島】 NIKN D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F3.2(F4.5) AE(+0.3) / ISO100 / RAW

e0308416_20430566.jpg
【長崎】 NIKN D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5(F5.6) AE / ISO100 / RAW

e0308416_20430724.jpg
【長崎】 NIKN D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4.8(F8) AE / ISO100 / RAW


なんか今日あたり、春代さんから呼び出しが掛かりそうだなぁ。
・・・と思ってたら、本当に電話が鳴ったよぉ。
気が弱くて断るのが苦手なワタクシだけど、まだ仕事も残ってるし、よ~し、今日は絶対断るゾ。


「もしもし、気弱ないなきちです。・・・いや、今日はちょっと・・・え?奢ってくれるの??・・・すぐ行きます!」



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-02-17 21:07 | 路傍の花 | Comments(2)

ホトケノザをフラッシュで

ワタクシの大好きな花、ホトケノザ。
毎年、写真に撮るのが楽しみですし、この花を見かけるようになると、春間近、と感じます。
この時期はまだ、つぼみの花も多いのですが、昨日の日曜日、待ちきれずに撮影を楽しんできました。

今回の記事は、小さな花を絞り込みフラッシュを併用して撮る場合のちょっとしたコツを、少々長くなりますが、フラッシュ初心者の方に説明したいと思います。

※以下の説明は、フラッシュはTTL調光を使用し、絞り・シャッター速度・ISO感度を全てマニュアルで設定する場合を前提にしています。

-------------------------------------

ホトケノザを撮る場合、ワタクシはフラッシュを多用します。
小さな花をなるべく詳細に撮るために、かなり絞ることが多いので、たとえ晴天下でもフラッシュが頼りです。
ところが、何も考えずに撮ると、「いかにもフラッシュ焚きました」と言った不自然な描写になりがちで、いくらかのコツ、と言うかお作法が必要になってきます。
私自身、フラッシュマスターへは途半ばどころか四分の一の身ですが、毎年試行錯誤をしながらホトケノザを撮っている中で得た経験を、今からお話ししたいと思います。


フルサイズでホトケノザを相手にする場合、等倍では少々倍率不足です。
そこで、テレコンやエクステを併用し、倍率を稼ぐ必要があるのですが、昨日はキャノンのクローズアップレンズ 500D を使用しました。
テレコンやエクステと違って、クローズアップレンズには露出倍数が掛からないので、高倍率撮影時には非常に有り難いのです。
CANON 500D については過去に何度か紹介していますが、このクローズアップレンズは相当優秀です。
クローズアップレンズと言うと、初心者が使うものだと言う印象から、皆さん「なんだぁ」と敬遠しがちですが、ぜひ一度お試し下さい。
こいつだけは自信を持ってお勧めできますよ~。


e0308416_22103307.jpg
【楠】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM + CANON 500D / F16(F32)・1/160 / ISO100 / NIKON R1C1 / JPEG ※後処理あり


フラッシュは、ニコン純正のツインフラッシュ R1C1 を使用することにしました。
撮るアングルによっては、クリップオンフラッシュにディフューザを噛ませても綺麗に光が回りますし、その方が運用が楽なんですが、ツインフラッシュを使いこなすことが、ワタクシの長年の課題であるのです。
・・・いつになったらマスターできるのでしょうか?(涙)

ま、そんなことは置いといて、とりあえず肩慣らしにF16(実効絞り:F32)を試しました。
このアングルだと、花の上部にはピントが当たっていて、とげ状のものがシャープに描けており、顔を覗かしているシベも被写界深度内に収まっていますが、下部の独特な花びら?はアウトフォーカスになっています。

これでも悪いことは無いのでしょうが、ワタクシはど~しても、全体にピントを当てたいのです。
だから絞り込んでフラッシュを使うのです。
「何故?」と言われても困ります。
答えはワタクシの DNA に聞いて下さい。

あ、マイクロフォーサーズやコンデジを使え、ってのはここでは無しで(笑)


e0308416_23415848.jpg
【楠】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM + CANON 500D / F22(F45)・1/160 / ISO1600 / NIKON R1C1 / JPEG ※後処理あり


アングルを変えて、レンズの最小絞り F22 で撮って、やっとこさ望んだ被写界深度が得られました。
高感度にしたこともあって、画質は相当乱れますが、ワタクシにとっては画質よりもピント範囲が命なのです。
「何故?」と言われても困ります。
答えはワタクシの亡くなったお袋に聞いて下さい。

あ、母はまだ存命であった。
お袋、すまん(爆)

ま、要するにワタクシの場合、花を綺麗に撮ると言うことよりも、花の構造への興味が先立って、人様にお見せする写真と言うより図鑑的に撮りたい、ってことなんだと思います。


e0308416_21560817.jpg
【楠】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM + CANON 500D / F11(F22)・1/160 / ISO100 / NIKON R1C1 / JPEG ※後処理あり

F11だとこんな感じ。
恐らく皆さんは、ボケ具合が良い塩梅だ、なんて仰ると思うのですが、ワタクシにはまだ絞り足りないのです。

しつこいようですが、絞る。
絞りきるのでありま~す。


e0308416_21560897.jpg
【楠】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM + CANON 500D / F22(F45)・1/160 / ISO100 / NIKON R1C1 / JPEG ※後処理あり

で、花や葉の構造にぞくぞくする、と。
我ながら、変態ですな(笑)

ところで、上のF11と比べると、写真から受ける印象が随分と違います。
絞りきった方は、一見して暗い印象ですが、よく見ると花の部分のハイライトは十分な露光量です。
この撮影条件でも、恐らくフラッシュは最大発光していません。
TTL調光が、これ以上の発光量だと被写体が明るすぎると判断したからでしょう。
実際に、花のハイライトは、白飛びする寸前です。
また、背景の暗い部分は、ツインフラッシュンの光軸から外れており、フラッシュ光は届きません。

と言うことは、これ以上フラッシュ光量を上げたとしても、背景は明るくならず、それどころか花が白飛びしてしまいます。

また、写真からは、暗い印象以上に、何と言うか、ドギツイ感じを受けると思います。
これはコントラストが高いからです。
高コントラストは、花の色が濃く出ている理由の一つにもなっています。

これはこれで、印象的な描写と言えないことはないでしょうが、もう少し自然に撮りたい場合はどうするか。
振り返って、何故このような描写になってしまったのか。
それを説明したいと思います。


撮影データを見ると、いずれもISO100で撮っています。
この写真を撮ったのは、ピーカン日和の午後三時過ぎ。
向かって右側から強い太陽が当たっているのですが、ISO100で実効絞り値F45まで絞り込めば、フラッシュなしではさすがに画像は真っ暗です。
と言うことは、露光のほとんどをフラッシュ光が担っている訳で、それが証拠にフラッシュ光が届かない背景部分は暗く落ち込んでいます。
そのためコントラストが強く出ると同時に、色的にニュートラルなフラッシュ光のせいで、冷淡な色合いになったのです。

対して上のF11の写真は、自然光成分の影響がまだ残っており、フラッシュ発光量はそれほど多くありません。
そのため、自然光による暖かみのある色合いが残っており、コントラストもより自然に近く、フラッシュ臭さが緩和された、と言う訳なんですね。

マクロ撮影でフラッシュを使用する場合、自然な描写を望むのであれば、如何にフラッシュ発光量を抑えるかが肝になります。
上で述べたこと以外にも、発光量の抑制は、近距離発光による被写体表面でのテカリを軽減することにも繋がります。

では、発光量を抑えるにはどうするか?
自然光成分を増やせば良いのです。
そう、シャッター速度を落とすか、ISO感度を上げるしかありません。

シャッター速度を落とすと、発光量が減るのは良いのですが、今度は手ブレや被写体ブレの危険が増します。
通常、フラッシュ撮影では、ほとんどブレることはありません。フラッシュの発光時間が数千~数万分の一と、とても短いからです。
ところが、露光量全体における自然光成分が占める割合が大きくなると、やはりブレの問題が出てくるかもしれない・・・
なので、シャッター速度はある程度は確保したい。
となると、ISO感度を上げるのが、現実的な解決策になるのですね~。
ワタクシが内臓フラッシュがついていない(=リモート発光用のコマンダー機能がない→クリップオンタイプのコマンダーが別途必要)D4を愛用しているのは、実は高感度に非常に強いことが理由の一つなのです。

高倍率で絞り込む場合、通常ISO100のような低感度では撮りません。
絞り込むのにしたがって、ISO感度を上げて対応します。
ISO感度を800に上げて、F22(実効絞り:F45)で撮ったのが次の写真です。


e0308416_21560836.jpg
【楠】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM + CANON 500D / F22(F45)・1/160 / ISO800 / NIKON R1C1 / RAW


ついでに、葉の色を春らしく調整してみました。
ISO100と比べると、随分描写が自然になったことがお分かり頂けたかと思います。

ちなみに、フラッシュ撮影をマニュアル露出で行う場合、シャッター速度の設定は、あまり低速でなく、かつ同調速度より遅ければ適当で構いません。
ワタクシの場合は、1/160~1/200 位が多いです。


e0308416_00024862.jpg
【楠】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM + CANON 500D / F16(F32)・1/160 / ISO400 / NIKON R1C1 / RAW ※トリミング


今回は、マニュアル露出での撮り方を説明しましたが、もちろん絞り優先AEで露出補正をしながら撮る方法もあります。
ただし、AE撮影をする場合、ニコン機では一つ注意しなければならないことがあります。
カスタムファンクションの「e4:フラッシュ使用時の露出補正」の設定内容によって、撮り方が大きく違ってきます。
この辺りについては、いずれまた説明したいと思います、多分(笑)


以上、長々と説明してきましたが、百聞は一見にしかず。
色々とご自分で楽しみながら試されるとよろしいと思います。

あ、もちろん自然光で撮るのも、それこそ自然な写りが素晴らしいと思いますし、基本の撮り方だと思います。
ただ、フィルム時代と違って、今は格段にフラッシュ撮影が簡単にできる時代ですから、自分の趣味や表現を追求する一つの手段として、もっとフラッシュを活用しても良いのではないか、と、常々思っている次第で~す。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-02-16 15:01 | 路傍の花 | Comments(4)

オールドレンズで撮る梅 ~ VIVITAR 135mm F2.8

昨日に引き続き、オールドレンズで撮った梅の花をご覧頂きます。

今日のレンズは、M42マウントの VIVITAR 135mm F2.8 です。
どうやら富岡光学製のようですね。

e0308416_17363218.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / VIVITAR 135mm F2.8 / F8? AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

とりあえず遠景気味に撮ってみましたが、これでほぼ最短撮影距離です。
あまりに寄れないレンズなので、昨日同様、2倍テレコンを付けて見ました。


e0308416_17391549.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / VIVITAR 135mm F2.8 + Vivitar Automatic Tele Converter 2X / F5.6? AE(+0.3) / ISO320 / JPEG(VELVIA)

e0308416_17391452.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / VIVITAR 135mm F2.8 + Vivitar Automatic Tele Converter 2X / F4? AE(+0.3) / ISO500 / JPEG(VELVIA)

e0308416_17391528.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / VIVITAR 135mm F2.8 + Vivitar Automatic Tele Converter 2X / F5.6? AE(-0.3) / ISO640 / JPEG(VELVIA)

e0308416_17391503.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / VIVITAR 135mm F2.8 + Vivitar Automatic Tele Converter 2X / F8? AE(-0.3) / ISO640 / JPEG(VELVIA)

e0308416_17391599.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / VIVITAR 135mm F2.8 + Vivitar Automatic Tele Converter 2X / F5.6? AE(+0.7) / ISO500 / JPEG(VELVIA)


最後の最後に安いネガみたいな色が出て、満足まんぞく。
でも、そこら中に見られるセンサーダストにはガッカリです。
先ほどD4でホトケノザを撮るために絞り込んでみたら、こちらも酷いことになっていました。

全くもう・・・うんざり。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-02-15 17:46 | 路傍の花 | Comments(2)

オールドレンズで撮る梅 ~ SMC MACRO-TAKUMAR 6x7 135mm F4

刻一刻と暖かくなるこの時期。
一週間も経つと、梅の木の風情もがらりと変わり、随分と花で賑やかになります。

今日はオールドレンズを数本持ちだして、近所の梅の花をじっくり撮ってきました。
とりあえず、マクロレンズからご紹介しましょうか。

レンズはペンタックス中判(6x7)用のマクロレンズ、SMC MACRO-TAKUMAR 6x7 135mm F4 です。
面倒くさいので「SMC」と略しましたが、レンズにはわざわざ「Super-Multi-Coated」と略さず書かれてあるので、よく見聞きする「SMC」銘柄より前のモデルだと思います。(未確認)


e0308416_18424163.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / SMC MACRO-TAKUMAR 6x7 135mm F4 / F5.6? AE(+1.0) / ISO250 / JPEG(VELVIA)

e0308416_18424403.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / SMC MACRO-TAKUMAR 6x7 135mm F4 / F5.6? AE(+0.3) / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_18414733.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / SMC MACRO-TAKUMAR 6x7 135mm F4 / F5.6? AE / ISO200 / JPEG(VELVIA)


e0308416_18423327.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / SMC MACRO-TAKUMAR 6x7 135mm F4 / F8? AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(VELVIA)


このレンズ、相当前に買ったのですが、中判用のため大きく重いので、あまり持ち出す機会はありません。
今回、久しぶりにじっくり使ってみましたが、X-T1との相性は良いようです。

ただし、倍率が低く(0.25倍程度?)、マクロレンズとしては少し物足りません。
そこで、2倍のテレコンを噛ませてみました。

テレコンは、(恐らく)M42マウントの VIVITAR 135mm F2.8用に設計された小さなヤツです。
全然期待しないで手に入れたのですが、思ったより画質劣化が少ない優れものです。


e0308416_18555076.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / SMC MACRO-TAKUMAR 6x7 135mm F4 + Vivitar Automatic Tele Converter 2X / F8? AE(+0.3) / ISO1250 / JPEG(VELVIA)

e0308416_18413828.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / SMC MACRO-TAKUMAR 6x7 135mm F4 + Vivitar Automatic Tele Converter 2X / F8? AE(+0.3) / ISO1000 / JPEG(VELVIA)

e0308416_18555075.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / SMC MACRO-TAKUMAR 6x7 135mm F4 + Vivitar Automatic Tele Converter 2X / F5.6? AE(+0.3) / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_18555037.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / SMC MACRO-TAKUMAR 6x7 135mm F4 + Vivitar Automatic Tele Converter 2X / F8? AE(+0.3) / ISO800 / JPEG(VELVIA)

2倍のテレコンを噛ませたわりに、いかがでしょうか、この写り。
思ったより輪郭に滲みが見られず、解像度の低下もそれほど感じません。
ただし、色収差が盛大に出て、後処理しても消しきれないのが悩みの種。
まぁ、仕方ないかと思います。


明日は別のレンズの写りをご紹介する予定です。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-02-14 19:05 | 路傍の花 | Comments(8)