とうとう五十路になりました ~ いなきち

カテゴリ:昆虫たち( 122 )


またもや加齢を感じたとき

もう何度もこの内容で記事を書いていますが、またしてもネタが見つかりました。
我がことながら、ホント、やんなっちゃいますねぇ。
と言っても、大した話しではないのですが・・・


あ、例によって、写真は本文と全く関係ありません。
しかも、在庫がないので、一昨年撮ったものの蔵出しで~す。


e0308416_21213971.jpg
【撮影地不明】 NIKON D4 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR + Ai AF-S Teleconverter TC-17E II / F8・1/400 / ISO200 / RAW


時は本日の午後。
仕事先でトイレに行きました。
入って正面にある鏡に何気なく目が行くと、あらら、シャツの下に着ていたTシャツの端が、ズボンのベルト辺りからぴょろっと出ているではありませんか。
そう言えば、心なしかお腹辺りがスウスウしていた気もします。

あちゃ~。


e0308416_21241899.jpg
【高橋1丁目】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO (52BB) + KENKO MC4 DGX / F11 AE(+0.3) / ISO800 / RAW


う~む。
正面から見られると、明らかに出ているシャツが丸見えです。
これって、家を出る時からずっとこの状態だったのでしょうか。
とすると、20分ほど歩いて、電車に乗って、また5分歩いて・・・いったい何人もの人とすれ違ったのでありましょうか。
出かけた時間は通勤ラッシュを過ぎていましたから、すれ違った人が仮に30人として、さらに客先で出会った人10人を足すと、40人。
でもって、その内の1/10は気が付いたとすると・・・4、5人かぁ。

まぁ、被害が少なくて良かった、良かった(笑)

・・・良くな~い!(汗)


e0308416_21282332.jpg
【高橋1丁目】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO (52BB) + KENKO MC4 DGX / F5.6 AE(-0.3) / ISO800 / RAW


なぜ、昼過ぎまでの3時間あまり、シャツが出ていることに気が付かなかったのでしょうか。
その原因は、加齢による神経機能低下に違いありません。

若い頃なら、間違い無くすぐに気が付いていたであろうし、そもそも身だしなみには十分な注意を払っていましたもの。
歳を重ねると共に、身だしなみを整えるのが億劫になり、最低限、人様が見て不愉快でなければ良い、と思うようになってしまったワタクシ。

嗚呼。


e0308416_21294374.jpg
【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX / F9(F16)・1/160 / ISO800 / NIKON R1C1 / RAW


「歳を取るって、嫌だねぇ」
過去に何度も心で叫んだ台詞ですが、ここのところ頻繁に口にしているような気がします。

こうやって、若い子達から疎ましがれるんでしょうね(涙)


e0308416_21325335.jpg
【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX / F13(F22)・1/160 / ISO400 / NIKON R1C1 / RAW


ん?待てよ。

シャツが出ていることに気が付いたのは、トイレの鏡を見た時。
今、改めてベルトの辺りを見ると、あらまぁ、見事な腹肉の出っ張りに隠れ、ベルトは全く見えませんねぇ。

・・・なるほど、これがシャツが出ていることに気が付かなかった原因か・・・


そう言えばここ何年か、愚息の姿を見ていない気もしますな(爆)
ちゃんちゃん。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-10-06 21:42 | 昆虫たち | Comments(7)

もしかして、糖尿病?

最近、寝ても疲れが取れないのです。

元々、睡眠時間は少ない方で、ここ10年ほどは、平日の一日平均の睡眠時間は4時間半、と言ったところです。
その分、仕事がない日は、平気で昼前、いや昼過ぎまで寝ていたりします。

ここのところ、昼食を食べてしばらくすると、強烈な眠気に襲われ、仕舞いには頭がクラクラしてくる有様。
もしかしたら、何か重篤な病にかかっているのではないでしょうか。

もしかして・・・まさか・・・糖尿病?
若干慌てて病について調べましたが、どうやら糖尿病は痩せてくるらしい、と。
じゃあ、大丈夫かも(笑)

まぁ、体力が落ちている上に、普段からの寝不足が祟っているのだと思いますが、念のため、来週にでも検診を受けようと思います。


写真は、昨日、適当に撮った花や昆虫などを。
久しぶりに重量級の組み合わせでしたが、1時間もかからない散歩でしたので、それほど疲れは感じませんでした。


e0308416_20400148.jpg
【長崎】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F3.2(F4) AE / ISO100 / RAW


e0308416_20400102.jpg
【長崎】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5.6(F8) AE(+0.3) / ISO320 / RAW


e0308416_20400013.jpg
【長崎】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4(F5)・1/800 / ISO250 / RAW


e0308416_20400046.jpg
【長崎】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F2.8(3.5)・1/800 / ISO400 / RAW


久しぶりの一眼レフでしたが、やはり OVF の見え方は自然で見やすく、マクロ域では EVF の利点を上回る使いやすさですね~。
将来的には、ニコン、と言うか、一眼レフを全て処分し、フジ+オリのミラーレスコンビへ完全移行を考えていますが、まだちょっと先の話になりそうですね。


e0308416_20400054.jpg
【長崎】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F2.8(F3.5) AE / ISO720 / RAW


e0308416_20400121.jpg
【長崎】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F6.3(F8) AE(-0.3) / ISO220 / RAW


e0308416_20400037.jpg
【鳥坂】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F3.7(F5.6) AE / ISO1600 / RAW


e0308416_20502141.jpg
【長崎】 NIKON D4 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F3.5(F4) AE / ISO100 / RAW ※大トリミング


ワタクシにしては珍しく、目鼻が効いたようで、さして苦も無く、いくつかの昆虫を写真に収めることができました。

それは善しとして、問題は最後のチョウ。
巴川のすぐそばの小工場脇で見かけたのですが、これ、アサマイチモンジですよね?

いつも見かけるタテハチョウ達とは違う模様に、見つけた時は興奮しましたが、本当にこんなに近くにいるのかなぁ(疑)
本当は違う種類のチョウなんじゃないかしら・・・
だんだん自信が無くなってきましたよ(笑)


前回記事に頂いたコメントへの返信、ならびに、皆さまのブログへのご訪問は、申し訳ありませんが明日以降にさせてください。
強烈な眠気に襲われておりますので、とりあえず寝ます(爆)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-10-04 21:05 | 昆虫たち | Comments(8)

己を奮い立たせて

そもそも、己を奮い立たせてまで、このクソ暑い中、外へ出て写真を撮る必要は無い訳で、じゃあ何故そこまでするかっつ~と、自分でもよく分からないのでありました、てへ。

とにかく、先日撮ったチョウの写真です。
重い D4 を持ち出すのはまっぴらご免だし、かと言ってちょうど良いサイズの X-T1 では、ピントで苦労するからもっと嫌。
じゃあ、これしかないですね~。


e0308416_23362585.jpg
【大内】 PANASONIC FZ1000 / 679mm(35mm換算) / 1/1250 AE / ISO320 / JPEG(VIVID)


e0308416_23362535.jpg
【大内】 PANASONIC FZ1000 / 959mm(35mm換算) / 1/1250 AE / ISO320 / JPEG(VIVID)

↑の等倍拡大
e0308416_23480358.jpg
この2枚は、S-AF モードでの連写です。
かなり強い風が吹いていたにも関わらず、被写界深度が深いためか、嬉しいことにかなりの確率でバチピン。
ボケ味もキレイで、とても満足できる出来映えです。

ファイルサイズを小さく設定することにより、下の写真では35mm換算で959mmと言う、驚愕の画角が得られました。
それでもピクセルサイズは5メガあり、A4 サイズ位までなら印刷に耐えられそうです。
等倍に拡大すると粗が見えますが、それでも十分許容範囲内ですよね~。


e0308416_23374499.jpg
【大内】 PANASONIC FZ1000 / 583mm(35mm換算) / 1/1600 AE / ISO640 / 4Kフォト(VIVID)

↑の等倍拡大
e0308416_23374422.jpg
もちろん、このカメラの最大の売り(と言っても良いですよね?)である 4K フォトも健在。
見て下さいよ、この等倍画像を!

線が太いとか、翅の描写がちょっと塗り絵っぽいとか、そんなことはどうでも良いじゃありませんか。
何と、うっすらとですが複眼まで再現されています。
ピーカン日和の下では、ISO640 でもノイズの問題はそれほど深刻じゃありません。

もしこれが X-T1 だったら、この日のように花が大きく動いている強風下では、絶対に1枚も撮れないカットです。
また、D4 だったとしても、恐らく風が止んだ瞬間にしか写せないと思います。


e0308416_00040831.jpg
【大内】 PANASONIC FZ1000 / 750mm(35mm換算) / Pモード(F4・1/640) / ISO125 / 内蔵フラッシュ / JPEG(VIVID)


FZ1000 の Pモードの露出決定ロジックは、十分な光量下でも絞り込まない制御です。
と言うことは、高速シャッタを得やすいですし、何より絞り込みによる回折現象を避けることができます。
これって、小さなセンサー機では当たり前だと思うのですが、何故かオリンパスはダメ。
TG-3 や XZ-2 などでは、平気で F8 なんて絞りが選択されます。
まぁ、絞り優先で撮れば良いのですが、オリンパスさん、あれは何とかした方が良いと思いますよ~。


e0308416_00040888.jpg
【押切】 PANASONIC FZ1000 / 149mm(35mm換算) / Pモード(F3.9・1/160) / ISO125 / 内蔵フラッシュ / JPEG(VIVID)

e0308416_00040870.jpg
【押切】 PANASONIC FZ1000 / 149mm(35mm換算) / Pモード(F3.9・1/160) / ISO125 / 内蔵フラッシュ / JPEG(VIVID)

久しぶりに変形菌を見つけました。
しかも、桜の幹にたくさんの塊がぶら下がっており、ちょっと異様な風景でした。
一度で良いから菌が動いているところを見てみたいなぁ・・・待たずに(爆)


e0308416_00041053.jpg
【大内】 PANASONIC FZ1000 / 149mm(35mm換算) / Pモード(F3.9・1/800) / ISO125 / JPEG(VIVID)

う~ん、久しぶりにちゃんと写真を撮った気がします。
これを機に、写真生活を復活・・・ってなことにはならないんだな、これが(爆)

早く涼しくならないかしら。。。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-08-18 00:25 | 昆虫たち | Comments(14)

リハビリ

夏バテ、なんでしょうか。
ここのところ身体がだるく、全然写真を撮る気になれません。
だるさだけでなく、何と言うか、体温調節がうまくいかず、体内に蓄えられた熱が逃げない感じです。
手のひらとか足の裏とか、身体の末端部がほてった感じがずっと続いていて、仕事に支障はないものの、休みの日に外へ出て写真を撮ることが、億劫でたまらないのです。

まぁ、別に写真を撮らなくても生きていけますから構いませんが(笑)、このまま家にこもってばかりでは精神的によろしくないかと思い、またぞろレンズを買ってみました。
買ったのは、X-T1用の標準ズーム XF 16-55mm F2.8 R LM WR です。

言い訳に聞こえるかも知れませんが、それほど欲しいレンズではなかったのですよ。
ただ、他に欲しいレンズが無いので、リハビリのために必要だっただけなんです(爆)
1万円のキャッシュバックもありますしね~。

で、昨日から旅に出た、と。

まずは、磐田市にある竜洋昆虫自然観察公園に寄ってみました。
狙いは、まだ見たことが無いチョウトンボです。

D4 を持って行くか悩みましたが、X-T1 だけでどこまで撮れるか試したくて、結局持って行きませんでした。
さて、X-T1 だけでどこまで昆虫を写せるのか・・・
楽しみ、ではなく、不安を覚えながらの出発でした。


e0308416_21535136.jpg
【竜洋昆虫自然観察公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / F5 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(PROVIA)


ええ、一応撮れましたよ、チョウトンボ。
翅の色も綺麗に出ていて満足・・・できないっつ~の!!
恐れていたとおり、もう嫌になるほど AF が思ったところに当たらないのです。

この時撮った写真の合焦率がどの程度かというと、次の PCキャプチャ画面を見て頂ければ一目瞭然かと。

e0308416_21535189.jpg



ちょっと見にくいかも知れませんが、うっすらグレーアウトしているのが合焦していないカットです。
これ以外にも、その場で消去したカットもありますから、恐るべき非合焦率です。

このような背景が離れたカットで、黒っぽいトンボに AF が当たらずピンが背景に抜けるなんて、ちょっと使い物になりません。
AF スポットの大きさを変えても、結果は似たようなもの。
こりゃダメですわ。

そもそも、絞り開放時のセンサー出力を表示する EVF では、直前に撮影した被写体と距離が違うものを狙う場合、ファインダを覗いたとき被写体がボケて写ることがあります。
そのボケた状態で被写体にフォーカスポイントを合わせようとしても、被写体から微妙にずれしまうこともあり、そうすると AF が背景に抜ける確率が上がってしまいます。

対して、OVF ではファインダ像がボケることはなく、最初から思った位置にフォーカスポイントを合わすことができるので、AF 性能がフルに活かせます。
センサー出力がファインダ表示される EVF のメリットは多々ありますが、同時にデメリットもあるってことでしょうね。

また、X-T1 はフルタイムマニュアルフォーカスができません。
もしフルタイムマニュアルフォーカスができれば、あらかじめ MF でアバウトにピントを合わせておき、それから AF を作動させれば、ピンズレの確率がぐっと減ると思うのです。
前々回のファームアップで、AF 後のピント微調整が可能になりましたが、そこじゃないんですよねぇ・・・

もっとも、最初から MF にしておいて、ワンプッシュAF を使うという手はあります。
でも、小さな筐体故、ボタンが押しにくい位置にあり、使う気がしないんですよね‥‥。
しかし、こうなったら慣れるしかないのかも‥‥。

フォーカスエリアの中で、より後ろにピントが合う動作も相変わらずだし、は~あ、これじゃあ花や昆虫には安心して使えませんよ(涙)


e0308416_21531216.jpg
【竜洋昆虫自然観察公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 60mm F2.4 MACRO R / F4 AE(-0.3) / ISO320 / OLYMPUS FL-600R / RAW

出かける直前にカメラ付属のフラッシュを探したのですが、どこを探しても見つからず、仕方なくオリンパスの小型(中型?)フラッシュを持って行きました。
マニュアル発光で撮る分には、特に不具合はないようです。


e0308416_21531271.jpg
【竜洋昆虫自然観察公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / F2.8 AE(-1.0) / ISO200 / RAW


e0308416_21531123.jpg
【竜洋昆虫自然観察公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 60mm F2.4 MACRO R / F3.6 AE(+0.7) / ISO200 / JPEG(PROVIA)


e0308416_21531196.jpg
【竜洋昆虫自然観察公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 60mm F2.4 MACRO R / F5.6 AE / ISO200 / JPEG(PROVIA)


しばらく粘って園内の昆虫を狙いましたが、ことごとく合わないピントにほとほと嫌気が差し、被写体を園内に咲いている花に変えましたが、一度失ったやる気を回復させるにはあまりに気温が高すぎて、早々に退散することにしました。

あ~あ、やっぱり D4 を持って行くべきだったなぁ。



あ、そうそう、おニューのレンズがあったのでした。
あまり出番は無かったのですが、なかなかの鮮鋭度でしたよ~。

e0308416_21531411.jpg
【新東名・掛川SA】 FUJIFILM X-T1 / XF 16-55mm F2.8 R LM WR / 55mm / F8 AE(+0.7) / ISO200 / JPEG(PROVIA)


ただ、ちょっと線が太いかな・・・



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-08-09 22:36 | 昆虫たち | Comments(10)

人に言わせるとツキがあるワタクシ

先日、FZ1000 用に外部マイクを購入したのですが、買ったお店で購入者の中から抽選でスマホスタンドが当たるキャンペーンをやっていて、見事ワタクシが当選しました。
まぁ、当たったのはそれほど高い商品ではなさそうですし、当選者が何人いるか分かりません(購入者全員だったりして)が、やはり嬉しいことには変わりませんね~。

ところで、不肖いなきち、昔から景品に良く当たる人生を送ってきたのですよ。


e0308416_22572173.jpg
【長崎】 PANASONIC FZ1000 / 650mm(35mm換算) / iAオート(F4・1/125) / ISO125 / JPEG


覚えていることで一番古いのは、えぇと、多分小学校高学年の頃でしょうか。
近所のスーパーで福引きがあって、一人でお使いに行ったワタクシが引き当てたのが、日東のティーパックがたくさん入っているヤツ。
これをお袋がえらく喜びまして、ワタクシも嬉しかった記憶があります。


e0308416_22572049.jpg
【長崎】 PANASONIC FZ1000 / 819mm(35mm換算) / F4 AE / ISO125 / JPEG
※白いモンキチョウ、初めて見ました(喜)


その後、大人になるまでは、特に何かに当たった記憶はないのですが、35歳を超えたくらいから、色々なものが当たるようになりました。

当たったものを列挙すると・・・

一番高額なのがプレーステーション3。
何のキャンペーンだったのか全然覚えていませんが、当時出たばかりのゲーム機が当たりまして、これには大喜びしました。
と言っても、ゲームには全く興味が無いワタクシは速攻で売り払い、結構な小遣いをせしめたのでありました(笑)


e0308416_22572054.jpg
【長崎】 PANASONIC FZ1000 / 719mm(35mm換算) / F4 AE / ISO125 / JPEG


プレステの他は、比較的小物ばかりでしょうか。

特に印象的なのは、オリンパスのフォトパスパーク。
フォトパスにはオンラインショップで使えるポイントがあるのですが、そのポイントを使って懸賞に応募できるのです。
ポイントは、オンラインショップの商品購入はもちろん、写真投稿サイトへのアップロードやゲームなどで手に入るのです、
ところが、いざオンラインショップで使うとなると、ポイント使用の上限があるため、結局使い切ること無く溜まる一方なのです。
で、懸賞にせっせと応募していたのですが、かなり当たりましたよ~。

・スペースプロジェクト記念のレンズキャップ&ストラップ(http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090724_304593.html
・「PENハンドブック」みたいな名前の本
・岩合さんのカレンダー
・冷蔵庫に付けるマグネット

などなど、他にもあったような気がしますが、覚えていません。


e0308416_22572191.jpg
【楠】 PANASONIC FZ1000 / 382mm(35mm換算) / F4 AE / ISO125 / JPEG


他のカメラメーカやカメラ雑誌の懸賞にも当たったことがあります。

SONY
・何とか言うブランドの青いオシャレなバッグ(α77購入キャンペーン?)

FUJI
・X-T1 の純正バッテリ

CAPA
・何かの本(忘れた) 2回/2冊


e0308416_22572142.jpg
【楠】 PANASONIC FZ1000 / 240mm(35mm換算) / F4 AE / ISO125 / JPEG


他にも色々当たりましたが、あまり覚えていません。
もらうとすぐにオークションに出しちゃいますから(笑)

でも、オリンパスのスペースプロジェクトのレンズキャップ&ストラップは、まだ手元に残してあります。
いずれ価値が出た頃合いを見て、オリンパスマニアに高く売りつける予定だったのですが・・・

昨年末の引っ越し時、久しぶりに押し入れから出してみると、外箱に盛大なシミが!
中身は平気ですが、結構価値が落ちちゃったかも(涙)

だいたい、オリンパスがフォーサーズから撤退し(ましたよね?)マイクロに移行した今、いくら一般販売しなかった限定品だったとしても、フォーサーズのレンズキャップに値が付くかどうか・・・甚だ疑問ですねぇ。

どなたか欲しい方がいらっしゃいましたら、どうぞお申し出下さい。
安く譲りまっせ。
ひひひ。


人に言わせると、「ツイてる」などとうらやましがられることが多いのですが、当たったって言ったって、所詮は上に上げた程度。
宝くじに当たった訳ではあるまいし、所詮はこの程度のツキで人生他に大損しているかも知れないと思うと、それほど儲けた気はしませんね~(笑)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-06-15 23:33 | 昆虫たち | Comments(12)

ボケ味の良さが活きてま~す

FZ1000のレンズには、「LEICA」って書いてあります。

な~んだ、パナライカじゃん、って人は放っておくことにしますが、このレンズ、名ばかりじゃなさそうですよ。
今まで撮った写真を見返してみると、かなりボケ味に優れているように感じます。
解像感はそのものズバリの解像度に加え、背景ボケとの相対的な見え方に依るところもあるでしょうから、ボケ味の良さが画質全体を底上げしている気がしますね。


e0308416_21034366.jpg
【大内】 PANASONIC FZ1000 / 517mm(35mm換算) / iAオート(F4.5・1/800) / ISO125 / JPEG


e0308416_21034062.jpg
【大内】 PANASONIC FZ1000 / 1004mm(35mm換算) / 1/1000 AE / ISO125 / JPEG


e0308416_21034504.jpg
【鳥坂】 PANASONIC FZ1000 / 1004mm(35mm換算) / 1/1000 AE / ISO125 / JPEG


この優しいボケ味なら、少しぐらい解像度が低かったり、描写が乱れたりしていても、十分満足のいく写りに感じると思います。
ただし、ボケの輪郭部分の滲みが綺麗なグラデーションにならず、混ざり合って別の色になるのはちょっといただけませんね。
・・・まぁ、小さなセンサーだから仕方無いかなぁ。


それにしても、FZ1000 がここまで昆虫に強いカメラだとは・・・
購入前はそれほど期待していなかっただけに、一気にお気に入りのカメラになりましたよ~


e0308416_21110823.jpg
【長崎南町】 PANASONIC FZ1000 / 274mm(35mm換算) / iAオート(F4・1/640) / ISO125 / JPEG

e0308416_21110870.jpg
【長崎南町】 PANASONIC FZ1000 / 310mm(35mm換算) / iAオート(F4・1/200・+0.3) / ISO125 / JPEG


e0308416_21110888.jpg
【長崎南町】 PANASONIC FZ1000 / 365mm(35mm換算) / F4 AE / ISO125 / JPEG


e0308416_21110704.jpg
【長崎南町】 PANASONIC FZ1000 / 206mm(35mm換算) / Pモード(F4・1/640) / ISO125 / JPEG

センサーサイズが小さく、レンズの望遠域の絞りは F4 ~ F8 と幅が少ないので、絞りでボケを変化させることは得意ではありません。
しかし、被写体までの距離とズーミングによる焦点距離の変化で、ボケはある程度コントロールできます。


このカメラの素晴らしい所は、画質以外にも色々ありますが、構図に専念できることが一番有り難く感じています。

自分の構図下手を認識しているワタクシですが、例えばマクロ撮影だと、ピントとブレ防止に意識を集中させることが、構図がおざなりになっている理由の一つだと思います。
本当は三脚でも使えば良いのでしょうが、手持ちに拘る、と言うよりも、三脚の持ち出しが億劫なワタクシにとっては、どうしても構図が鬼門になります。
ところがこのカメラだと、AF でもピントの心配はほぼ無く、構図に専念できるのが有り難いのです。


さ~て、これで少しは構図取りが上達するのであろうか・・・
しませんね、きっと(笑)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-06-10 21:36 | 昆虫たち | Comments(9)

好感度、下がったかしら?(笑)

昨日のエントリで、D4 がサブ機だなんて、ちょっと生意気なことを言ったので、好感度が下がったかも。
もっとも、元々、好感度なんて感じて頂けていたか分かりませんが(爆)

だから、って訳ではありませんが、もう少し D4 を使ってみました。
ホント言うと、昨日今日と、暑くなかったですからね~(笑)


e0308416_22101732.jpg
【大内】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F9.5(F16)・1/500 / ISO6400 / RAW


e0308416_22101769.jpg
【大内】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F4(F5.6)・1/400 / ISO720 / RAW


e0308416_22101746.jpg
【大内】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F6.5(F11)・1/500 / ISO560 / RAW


e0308416_22101691.jpg
【大内】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F9.5(F16)・1/500 / ISO800 / RAW


e0308416_22101773.jpg
【大内】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F4.2(F5.6)・1/640 / ISO1250 / RAW


e0308416_22101847.jpg
【鳥坂】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F3.1(F4) AE / ISO100 / RAW


e0308416_22101821.jpg
【鳥坂】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F10(F13)・1/1000 / ISO1400 / RAW


やっぱり良いですね~(笑)
フルサイズ機は FZ1000 と違って、「こ~ゆ~ふうに撮りたい」と言うアイデアを活かせるカメラ、懐が深いカメラ、ってことでしょうか。

好感度、ちょっとは上がったかしら?
ホント、下がるのは(高)感度だけにして欲しいで~す。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-06-08 22:21 | 昆虫たち | Comments(10)

第1回 ベスト4Kフォト大賞

さあやって参りました、第1回ベスト4Kフォト大賞。
さっそく各賞の受賞作品をご紹介していきましょう。
この中で見事大賞のいなきち杯に輝くのは、果たしてどの作品か、注目が集まります。


エントリナンバー1番。
ベストタイミング賞」の受賞作です。

e0308416_17101006.jpg
【鳥坂】 PANASONIC FZ1000 / 275mm(35mm換算) / 1/2000 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(4Kフォト)

まさに今、足が離れた瞬間を切り取った作品ですね。
チョウの体がブレなく写っているのが好印象です。


エントリナンバー2番。
大きく撮れましたで賞」の受賞作です。

e0308416_17130265.jpg
【鳥坂】 PANASONIC FZ1000 / 783mm(35mm換算) / 1/2000 AE / ISO160 / JPEG(4Kフォト)

おお、これは大きく撮れましたねぇ。
ですが、大変残念なことに、肝心な眼がシャープじゃありません。
これ、ブレなのか被写界深度が足りないのか・・・その辺りの判断は付けられませんね。


エントリナンバー3番。
こちらは、「ギリギリ賞」受賞作です。

e0308416_17141582.jpg
【鳥坂】 PANASONIC FZ1000 / 275mm(35mm換算) / 1/2000 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(4Kフォト)

先ほど同じような写真を見た気がしますが・・・気のせいでしょうか?
これは、チョウの触覚がギリギリフレーム内に収まっていると言うことなんでしょうね。
う~む、果たしてこんな賞に意味があるのかどうか、疑問を感じますね。


続きまして、エントリナンバー4番。
4Kフォト初心者が対象の、「わたし、初めてなので賞」受賞作です。

e0308416_17175376.jpg
【鳥坂】 PANASONIC FZ1000 / 481mm(35mm換算) / 1/2000 AE / ISO160 / JPEG(4Kフォト)

おお!これは良いのではないですか。
チョウのフォルムが綺麗だし、ピタリと止まった飛翔写真は見ていて気持ちが良いですね。

え?少々お待ち下さい。
え~とですね、たった今情報が入ってきまして、どうやらこの写真に不正疑惑が上がっているようです。
え~、なになに・・・背景の右側にある枝が消えちゃってる?
あ、本当です!
これはいかん!明らかな不正行為です。

それにしても、随分下手くそな消し方ですね。
あ!
それでレタッチが「初めてなのでしょう」、ってことなんでしょうか・・・(呆)


段々と、変な方向に行っている気がしますが、気を取り直して参りましょう。
最後のエントリ作品です。
エントリナンバー5番、「行かないでウルトラマン賞」・・・なんですか、これ?

e0308416_17204982.jpg
【鳥坂】 PANASONIC FZ1000 / 443mm(35mm換算) / 1/2000 AE / ISO125 / JPEG(4Kフォト)

・・・なるほど、何となく分かる気がします。
動画の音声には、カラータイマーがピコピコ鳴ってる音が入ってたのでしょうね。
ジュワッチ!


さて、以上でエントリ作品のご紹介は終わりました。
この中からいなきち杯の栄冠は、どの作品の頭上に輝くのか!

じゃかじゃかじゃかじゃかじゃ~~~~~ん。

それでは発表します。
第1回ベスト4Kフォト大賞・いなきち杯は・・・・

・・・・・・・・・・・該当者無しです!


これは驚きです。
このような残念な結果となるとは、誰が予想したでしょうか。
どの作品もそれなりによろしかったと思うのですが・・・

え、何ですか?
ふむふむ。

皆さんお聞き下さい。
審査員一同から、全ての作品に特別賞を授与するとのことです!

何と!全ての作品にですよ!
いや~、良かったですねぇ。
一時はどうなるかとハラハラしましたよ。


それでは改めて、エントリの全作品に対し、栄えある審査員特別賞を授けます。
発表します。
審査員特別賞は「背景が残念でしたで賞」です!!!
おめでとうございま~す。

なお、審査員からは、同時に第2回ベスト4Kフォト大賞の開催は無い、との発表もありました。
それではこれで!
皆さん、良いフォトライフを~。



我ながらアホらし。。。

まぁ、昨日撮ったたくさんの 4K動画中では、次の2つがベストかなぁ、と思っています。


e0308416_17223038.jpg
【鳥坂】 PANASONIC FZ1000 / 481mm(35mm換算) / 1/2000 AE / ISO160 / JPEG(4Kフォト)


e0308416_17223015.jpg
【鳥坂】 PANASONIC FZ1000 / 369mm(35mm換算) / 1/2000 AE / ISO160 / JPEG(4Kフォト)



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-06-07 17:27 | 昆虫たち | Comments(6)

多彩な撮り方をお気軽に

チョウやハチを撮る時、FZ1000 なら気軽に色々な撮り方を試せます。
デジイチやミラーレスでも、色々な撮り方がありますが、「気軽に」ってところがミソ。
特に夏のギラギラした陽差しの下では、少しでもお気楽に撮れることは大歓迎ですね~。


e0308416_20082895.jpg
【楠】 PANASONIC FZ1000 / 568mm(35mm換算) / F4 AE / ISO125 / JPEG

e0308416_20371031.jpg
【長崎】 PANASONIC FZ1000 / 481mm(35mm換算) / F4 AE / ISO125 / JPEG

まずは定番、絞り優先AE

センサーサイズが小さな FZ1000 では、絞り値によってそれほど写りは変わりません。
開放絞り付近でも、十分な被写界深度と画質が得られるので、ワタクシは基本的に F4 以外は使いません。
絞りの考慮をする必要が無いので、構図やシャッタタイミングに専念できるのが有り難いです。


e0308416_20163359.jpg
【楠】 PANASONIC FZ1000 / 528mm(35mm換算) / 1/1000 AE / ISO320 / JPEG

続いて、シャッタ速度優先AE。動き回るクマバチに対応するため、高速連写でコマを稼ぎ、ベストカットを抜き出しました。
この組み合わせは、ワタクシがハチやチョウ相手に多用している撮り方です。

実は今まで、デジイチではシャッタ速度優先モードを使ったことなど、全くと言ってよいほどありませんでした。
マクロ撮影では高速シャッタを切りたい場合も多々ありますが、開放気味の絞り値が選択された結果、被写界深度が浅くなったり、画質的にイマイチになるのが怖かったからです。
ところが FZ1000 では、開放絞りでもピンボケの不安がほとんど無く、画質的にも問題無いので、積極的にシャッタ速度優先AEが使えるのです。
また、ハチのホバリングを撮る場合など、翅のブレ加減を自在かつ簡単にコントロールできるので、とても使い勝手がよいモードです。


e0308416_20244986.jpg
【葵区・瀬名川】 PANASONIC FZ1000 / 969mm(35mm換算) / 1/1250 AE / ISO125 / OLYMPUS FL-600R / JPEG

ここは少し暗い場所だったので、フラッシュを使いました。
飛び上がりを狙うつもりもあって、シャッタ速度優先AE で早めのシャッタを設定しました。
今日、フラッシュ撮影を色々試したのですが、どうやらFZ1000 はシャッタ速度に全速同調するようで、知らずに買ったワタクシには儲けもの!
昨日のエントリでは、「FP 発光だ」と述べましたが、どうやら間違いでした。スミマセン。

ところで、FZ1000 の泣き所の一つが高感度画質です。
想像より遙かに高感度に強い印象とは言え、なるべく低感度で撮るに越したことはありません。
そこで積極的にフラッシュを使用し、高画質をキープするようにしています。
また、この写真のように iAズームを使用する時は、フラッシュを焚いた方がシャープに写せます。

何でもかんでもフラッシュを焚けばよいという話しではありませんが、今までフラッシュを使ったことが無い方には、一度試してみることをお勧めします。
自然さを失わずに綺麗に撮るのは、結構難しいんですけどね(爆)



e0308416_20563034.jpg
【楠】 PANASONIC FZ1000 / 603mm(35mm換算) / 1/1250 AE / ISO125 / OLYMPUS FL-600R / JPEG

e0308416_20445078.jpg
【楠】 PANASONIC FZ1000 / 538mm(35mm換算) / 1/1250 AE / ISO125 / OLYMPUS FL-600R / JPEG

この2枚の写真も、高速シャッタでのシャッタ速度優先AEフラッシュの組み合わせですが、目的が上の写真とは違います。
これの場面は十分な光量があったものの、補助光的にフラッシュを当ててみました。
特にすぐ上のクマバチの写真は、このまま撮ると明るい背景に AE が引っ張られ、ただでさえ黒いハチの身体が真っ黒に写ってしまうのです。
そこで、補助光的にフラッシュを焚く、と言う訳です。
いわゆる、デイライトシンクロですね~。

今回は、補助光以上となる強めの光を当てて、明るく印象的な描写を狙ってみました。
また、フラッシュ光を当てることにより、超望遠域(特にiAズーム時)で若干画質的に甘くなる弱点を補い、非常にシャープに写っていることがお分かりかと思います。



さて、最後は真打ち、4Kフォトです。
やっぱりこれが無きゃ~ねぇ。

e0308416_20542262.jpg
【長崎】 PANASONIC FZ1000 / 888mm(35mm換算) / 1/2000 AE / ISO800 / JPEG(4Kフォト)

4Kフォトを目的とした場合、切り出し画像のブレ防止のため、動画は高速シャッタの設定で撮らなければいけません。
そのせいで、上の写真はISO感度が800まで上がりました。
背景がノイジーではありますが、それにしてもこの解像感!
レンズが相当良いのと、画像処理-特に超解像技術ってやつが効いていると思います。


e0308416_21031641.jpg
【長崎】 PANASONIC FZ1000 / 695mm(35mm換算) / 1/800 AE / ISO125 / JPEG(4Kフォト)

シジミチョウは、時々花の上で小さな足を動かして、その場でよちよちと回ることがあります。
それを動画で撮っておいて、構図が決まった瞬間を後から切り出す・・・ナイスですね~。


e0308416_20542240.jpg
【長崎】 PANASONIC FZ1000 / 585mm(35mm換算) / 1/2000 AE / ISO320 / JPEG(4Kフォト)

求愛のためにメスのモンキチョウを訪れたオス。
しつこいぐらいにまとわりついていたので、離れた場所からそっと、と言うよりググッと迫ってみました。
いくら D4 の連写性能がよくても、このように両者にピントが合った写真が撮れるかどうか・・・


いや~、良いカメラを手に入れました。
しばらくこれで遊べそうです。

これからの暑い間、D4はお蔵入り。
・・・いや、もう要らないかも(笑)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-06-04 21:32 | 昆虫たち | Comments(11)

とりあえず 4K フォトから

昨日と今日、じっくり FZ1000 を使ってみましたが、良いことも悪いことも書くことがありすぎて、何から始めて良いか分かりません(笑)
とりあえずは、このカメラを購入した第一目的である 4K フォトからご覧頂くことにします。

4K フォトは、4K 動画の中の1フレームを写真として抜き出したものですが、800万画素とプリントにも十分な画素数があるのがミソです。
また、決定的瞬間が動画の1シーンとして写っていれば良い訳で、鳥や昆虫の飛翔や飛び出しを狙うには、絶好の撮影法とも言えます。


まずは画質から。
これについては少々心配がありましたが、それは無用でした。

e0308416_17460045.jpg
【楠】 PANASONIC FZ1000 / 591mm(35mm換算) / F4・1/1600 / ISO200 / JPEG(4Kフォト)

【↑の等倍拡大】
e0308416_17460120.jpg
いかがでしょうか?
センサーサイズの割には、良い感じですよね~。
さすがに等倍だとちょっと粗が目に付きますが、十分許容範囲内の写りだと感じています。

ところで、上の写真の焦点距離は、35mm換算で591mm。
あれ~? FZ1000 ってテレ端は 400mm までじゃなかったの~?
実は、クロップ機能とデジタルズームを併用して撮りました。

ちなみに、クロップ機能のことを「EX 光学ズーム」と呼ぶらしいのですが、どう考えてもズームじゃないと思います(笑)
また、画素をデジタル処理で間引く補完する擬似ズームには2種類あって、それぞれ「iAズーム」と「デジタルズーム」と名付けられていますが、どちらもデジタルズームには変わらないのがややこしく、最初に調べた時は「はぁ~?」って感じでした。
じゃあ「iAズーム」は何が違うかというと、「超解像技術」ってのを使っているところがスゴイのだ、とパナは威張っています。

だいたい世の中で、「超」なんて形容詞を信用しても碌なことになりませんが・・・驚いたことに、これがなかなかのものでした。
恐らく、輪郭強調系の処理なんでしょうが、エッジの検出が相当正確で、いまのところ妙にデジタル臭い画作りとは感じませんねぇ。


では、画質に満足したところで、早速チョウの飛び出しを 4K で狙ってみました。


e0308416_18213742.jpg
e0308416_18213752.jpg
e0308416_18213773.jpg
【楠】 PANASONIC FZ1000 / 591mm(35mm換算) / F4・1/1600 / ISO200 / JPEG(4Kフォト)


上の3枚は、連続した3フレームの抜き出しなんですが・・・ありゃりゃりゃりゃ。

FZ1000 の 4K 動画は30fps、すなわち、1秒に30回シャッタが切られます。
秒30コマとは、カメラとしてはスゴイ連写機能ですが、当然メカシャッタでは実現不可能な訳で、電子シャッタを使用しています。
となると、お決まりのコンニャク現象が出るのは仕方がありません。
タイミングによって、現象が出ない(目立たない?)こともあるようなので、これは数打つしかないですね~。

そんなことよりも、ピントが来てない!

チョウの飛び出し方向は、大ざっぱに言えば上方向なので、飛び出しを狙う時は若干上を開ける構図にしておきます。
それは良いのですが、このチョウのように、ピント面よりカメラに近づく方向に飛び上がると、ピントが合う確率が急速に落ちます。
このあたり、風向きを読んだりして工夫してはいますが、所詮は運頼みの感が強く、この点でも数打つしかないのが現状です。

どうしても合焦確率を上げたい場合、ズーム倍率を抑えるか、少し離れて撮るのが現実的な解決策です。
次の2枚は、ズーム倍率を抑えて撮りました。


e0308416_18401564.jpg
【山原】 PANASONIC FZ1000 / 186mm(35mm換算) / F4・1/1600 / ISO1250 / JPEG(4Kフォト)

e0308416_18401580.jpg
【山原】 PANASONIC FZ1000 / 186mm(35mm換算) / F4・1/1600 / ISO1000 / JPEG(4Kフォト)

2枚目は AE がおかしいのか少し飛び気味ですが、見事にバチピン!・・・なんですが、やはりこの大きさでは満足感が無~い。
だいたい、この大きさで良いなら、D4 に 70-400/F4 を付けて10連写した方が、よっぽどマシな写真が撮れると言う残念な結果に・・・(爆)

ちなみに、チョウの飛翔写真を撮るには、シャッタ速度を最低でも1/1600程度にする必要があります。
飛ぶ速度が遅いチョウなら、1/1000で止まる時もありますが、やはり少しでも高速シャッタを切りたい。
今回は 4K 動画で撮りましたが、動画だろうと静止画だろうとシャッタを切って画像を記録しているのに変わりは無く、動きものを止めるにはシャッタ速度を高速にする必要があります。
となると、必然的に ISO感度が上がってしまう、と。
ピーカンの下では問題無いとしても、すぐ上の2枚は薄曇りの下で撮ったので、明るめのLEDライトを併用(少し距離が離れていたので、効果については若干疑問)しても、高感度撮影になってしまいました。

小さなセンサーサイズでの高感度撮影。
非常に不安でしたが、これが思ったより良く撮れていたのです。
あくまでも「思ったより」ってことなので、先入観無しで見たら「ダメ」ってことですけどね~(笑)

それでも、次の写真のように、ISO800なら問題にならない場合が多いようです。
ただし、光量がそこそこの場所で、シャッタ速度を稼ぐ場合の高感度はOKってことで、かなり暗い場所での高感度撮影には期待しない方が良いですよ。


e0308416_19200294.jpg
【山原】 PANASONIC FZ1000 / 588mm(35mm換算) / F4・1/1600 / ISO800 / JPEG(4Kフォト)

それから、高感度で撮る時は、iAズームやデジタルズームはなるべく併用しない方が、画質的に良いと思います。



e0308416_19251239.jpg
【楠】 PANASONIC FZ1000 / 1184mm(35mm換算) / F4・1/1600 / ISO250 / JPEG(4Kフォト)


e0308416_19251171.jpg
【楠】 PANASONIC FZ1000 / 1184mm(35mm換算) / F4・1/1600 / ISO320 / JPEG(4Kフォト)

飛行速度が遅いミツバチの場合、かなりの確率で成功します。
やったね!

ミツバチの飛翔は、一眼レフでもそれほど難しくありませんが、この大きさで撮るのはやはり大変です。
小さなセンサーサイズの面目躍如、って感じでしょうか。

あ、等倍に拡大しちゃダメですよ~(笑)
iAズームのせいで、酷いことになってますから・・・



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-05-31 19:34 | 昆虫たち | Comments(6)