とうとう五十路になりました ~ いなきち

イニシエーション・ラブ

1日に2投稿するのは実に久しぶり。
今、ある小説を読んでいて、どうしても書いておきたい衝動に駆られてしまったのです。


-------------------------------

皆さんは、イニシエーション・ラブと言う、なんだか意味深なタイトルの小説、知っていますか?
映画化もされて、結構な人気だそうですね。
小説の舞台は静岡で、映画のロケもこちらでやったとのことで、ワタクシの周りでも話題になっていました。

そんな話しは聞いてはいたものの、当初、ワタクシはこの小説に全く興味が湧かなかったのです。
ところが、ひょんなことから小説本を手に入れることになり、今まさに読み進めているところなのですが、小説の随所にワタクシが正に体験した青春時代を思い起こす事柄-車やバイク、ちょっとオシャレで流行ったお店、テレカなど当時の必需品、当時の物価など-が出てきて、強い親近感と共に少しワクワクしながらページをめくっています。

今日のお題は、その作者である、乾くるみさんについてのお話しです。

例によって、写真は文章と全然関係ありません(笑)


e0308416_17275219.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F1.4 AE(+0.7) / ISO200 / JPEG(PROVIA)


乾くるみさんは、静岡市出身です。
歳は私より1つ下。
静岡大学を出て、某コンピュータメーカのソフトウェア会社(仮にN社としましょうか、笑)に入社します。
小説の中で、主人公が富士通本社の内定を蹴り、静岡にあるギフト会社に入社した設定になっていることは、富士通とN社のライバル関係を知る者にとっては笑いごとですが、ひょっとしたら乾さんご本人も、富士通の内定をもらっていたのかも知れませんね。

小説にはN社についての話題は直接出てこないのですが、主人公が入社した会社で使っているワークステーションの名前として、N社の代表的なN5200と言う機種名が出てきます。
このあたり、乾さんの経歴を知る人にとっては、思わず微笑む所ではないでしょうか。


e0308416_17275264.jpg
【長崎新田】 FUJIFILM X-T1 / XF 60mm F2.4 MACRO R / F4 AE(+1.3) / ISO200 / JPEG(PROVIA)


乾さんは、どちらかと言うと寡黙なタイプの人間に見えました。
でも、決しておしゃべりが苦手なタイプではなく、よく考えてから物を言う慎重な性格でしたね。
人付き合いも上手でしたが、逆に言えば誰ともほんの少し距離を保っていたような気もして、今考えると、彼の周りの薄いベールを誰も剥がせなかったと言うことなのかも知れません。

頭は大変良かったですね。
そして、物事を大変よく知っていました。
それに加え、論理的思考というか、物事をきちんと順序立てて温和に話す彼は、誰もが一目置く存在でした。


e0308416_17275150.jpg
【大内】 FUJIFILM X-T1 / XF 60mm F2.4 MACRO R / F4 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(VELVIA)


静岡で初任者研修を受けた後、東京のN本社に出向となり、確か製品開発系の部署に配属されたと思います。

あの当時は、バブルも終わりを迎えつつありましたが、それでもまだ景気は良くて、そのせいかかなり忙しい毎日でした。
特にワタクシは、毎晩勤務を終えるのが十時、十一時。
土日も出社することが多く、彼とは同じ独身寮だったものの、休みの日くらいしか話す機会がありませんでした。

その内、ワタクシは本社所属のまま静岡の客先に常駐することが多くなり、それ以来交流が途絶えてしまったのでした。


e0308416_17275173.jpg
【大内】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / F2.8 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(VELVIA)


ショウちゃん。
随分長い間、お目にかかっていませんね。
時の流れのせいか、はたまた歳のせいなのか、先に会社を辞めたのがワタクシか貴方か、もう分からなくなってしまいましたよ。

つい先日、スダちゃん、ゲンちゃん、マスダ、カツヨシ、ニシノと十何年かぶりに飲みましたよ。
皆、よい歳になったくせに、相変わらずちょろい奴らばかりで安心しました(笑)

スダちゃん、ゲンちゃん、ニシノは、まだ会社に残って頑張っています。
組織が大幅に変わったようで、何かと大変らしいです。

マスダは税理士になって、生意気にも自分の城を築いたようです。
飲み会はマスダのお客さんの店でやったのですが、店主の方に「先生」なんて呼ばれていて、一同ずっこけました。
店の方に聞こえるように、でかい声で昔のアホな話しをしておきましたから、今頃大切なお客さんを一人減らしたはずです(笑)

カツヨシは、外資系のISO監査法人で監査人をやっているそうです。
勤め先は横浜のランドマークにあるそうで・・・似合わんねぇ。
飲み会にも小汚いアロハと短パンで来たので、それが都会のファッションか!?と突っ込んでおきましたよ。


ショウちゃん、
小説と映画、大ヒットになっているようで、おめでとうございます。
同期入社と言うだけで、ことさら強い縁があった訳ではありませんが、それでも貴方のことを誇りに思います。
あの当時を思い起こす小説を書いてくれて、どうもありがとう。
まだ全部読んでいないけれど、湧き上がる得も言われぬ懐かしさと共に、甘くて切なかったあの頃を思い出しながら、ページをめくっていきます。

この歳になるまで、昔に戻りたいなんてこと、思ったことはありませんでしたが、イニシエーション・ラブを読んでいると、自分の中に眠っていた望郷(今も静岡に住んでるけど・・・)の念がこれ程強かったのかと、ビックリしています。


e0308416_17275072.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 60mm F2.4 MACRO R / F2.4 AE / ISO200 / JPEG(PROVIA)


ショウちゃん、
最後に謝っておきます。
さんざん色々なこと書いといて言いにくいんだけど、小説本、自分で買ったんじゃないんだ。
知り合いが読み終わったのを貸してもらってるの。

次回作は必ず自分で買うからさ。
ごめんね。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-07-22 17:44 | その他
<< リハビリ 結局、X-T1 の AF は使... >>