とうとう五十路になりました ~ いなきち

筆下ろしはあいにくの曇り空

先日頼んでおいた新レンズが、今日の午前中届きました。
外はあいにくの雨。
昼過ぎには天気が回復する予報でしたので、雨が上がるのを今か今かと待ち続け、仕舞いには我慢できずに小雨の中を外へ飛び出しました。


e0308416_21110602.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / 140mm / F4 AE(+0.7) / ISO200 / JPEG(VELVIA)


e0308416_21110640.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / 91mm / F4 AE(-0.7) / ISO200 / JPEG(PROVIA)


XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR は、Xマウントの中では新しい、ニッパチ通しの望遠ズームです。
X-T1 の AF で使い物になるのか、と言う疑問を抱えつつも、すこぶる良い巷の評判に触れている内、我慢できずに買ってしまいました。

ご覧の通り、評判は嘘では無かったようです。
1枚目の写真、空と白い花が、まるでフラッシュを当てたようにクリアに分離されています。
典型的な素晴らしい大口径レンズの写りですね~。
また2枚目は、下の方の葉のゾクゾクする解像感と共に、ボケの均一性にも注目です。


e0308416_21312063.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / 134mm / F2.8 AE(-0.3) / ISO200 / RAW


e0308416_21312049.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / 140mm / F5.6 AE(+0.7) / ISO400 / JPEG(VELVIA)


開放では、拡大するとほんのちょっとだけ滲みが見られますが、これが写りに優しさを加えていて、良い塩梅です。

望遠端でF4まで絞ると、合焦部はパキパキになります。
ちなみにF5.6だと、パッキパキです(笑)


e0308416_21371671.jpg
【長崎】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / 140mm / F2.8 AE(-0.3) / ISO200 / RAW


e0308416_21371576.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / 140mm / F5.6 AE(-0.3) / ISO200 / RAW


e0308416_21371680.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / 140mm / F4・1/1000 / ISO640 / JPEG(PROVIA)


このレンズの使用目的は、ずばりチョウ。
倍率が35mm換算で0.18倍なので、ちょっと足りない予感がしましたが、物欲には敵いませんでした(笑)

で、結果ですが・・・やはり倍率不足でしょうか(涙)
アゲハチョウなど大型のチョウでは良いでしょうが、今日撮った中型のチョウ(上から、キタテハ、モンキチョウ、キタキチョウ)では、あと半歩寄れるとグッと大きく写せるはずです。
こうなると、俄然テレコンが欲しくなります。
FUJIさん、早く出してくれないかなぁ。

もう一つ心配だったAFですが、まぁまぁでしょうか。
相変わらず後へ抜けることも多いのですが、他のレンズよりAF速度が若干速く感じました。
と言っても、声を大にして喜ぶまではいきませんねぇ。
来月末のファームアップに、疑いながらも期待してしまいます(笑)


e0308416_21495314.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / 140mm / F4・1/400 / ISO200 / JPEG(PROVIA)


e0308416_21495359.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR / 140mm / F4 AE / ISO640 / RAW


このレンズ、皆さんが仰るように、優秀なことはわかりました。
でも、XF56mmのように、何を撮っても誰もがハッと息を呑む異質な画が撮れるかというと、やはりそうではないようですね。
目的意識をちゃんと持って、構図を工夫して撮らないと、せっかくの写りの良さを生かすことができなさそうです。

そう言った意味で、ちょっと今後が心配なワタクシ。
思ったより倍率が低い点も、ワタクシにとっては大きな問題です。

もう少し色々と撮ってみますが、意外と短命に終わる気がしないでもないですな(爆)



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-05-19 21:59 | 路傍の花
<< やはり花がメインになるのだろうか 機材の重みに負けるとき >>