とうとう五十路になりました ~ いなきち

X-T1/ファームアップアナウンスを聞いて疑心暗鬼に陥る(※訂正あり)

※訂正(2015.05.20)
下記記事中に、動画撮影中は無条件でAFが効かないと取れる記事がありましたが、正しくは、
 ○AF-Sモードでは、録画開始時にピントを合わせに行き、以降はAFが作動しない
 ○AF-Cモードでは、常にピント合わせを行う。

でした。
謹んで訂正し、関係者の皆様にお詫びします。
申し訳ございませんでした。

ご指摘を頂いた「通りすがり」さん、ありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------


X-T1の大幅な機能強化を含んだファームウェアアップデートが、来月末に行われるそうです。

昨年末でしたか、前回のファームアップは。
その時も大幅な機能強化という触れ込みでしたが、いざ蓋を開けてみると「そこじゃねぇよ」と言う、どうにもかゆいところに手が届かない内容で、期待外れもいいところでした。

さて今回はどうかな?

以下、アップデートの内容は、FUJIのホームページから拾いました。


e0308416_23330907.jpg
【楠】 NIKON D4 / NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F4.8(F8) AE(+0.7) / ISO100 / RAW



(1)動いている被写体の決定的瞬間を捉える「ゾーン」、「ワイド/トラッキング」が登場
「新AFシステム」では、全49点のAFエリアから任意に選択した1エリアでAFを行う、従来の高速かつ高精度な「シングルポイント」に加え、全77点のAFエリアを用いて、動いている被写体の決定的瞬間を捉える「ゾーン」、「ワイド/トラッキング」を新搭載。動体撮影性能が大幅に進化しました。


まず、「従来の高速かつ高精度な」ってところが引っかかります。
十分な光量下でチャートを撮れば、そりゃあ高精度ってことになるでしょうが、ビックリするほど中抜けが頻発し、当てたいところに当たらないAFを称して「高精度」なはずがありません。

速度に関してはレンズの要因も大きいのでしょうが、ワタクシの感覚からすると、D4に比べるまでもなく「十分に遅い」です(笑)
誤解なきように申し添えますが、中央の3×3エリアは像面位相差なので、AFはそこそこ早いです。
ところが、ワタクシのメインの被写体である花などでは像面位相差が動作せず、コントラストAFになることが多く、結果的に遅いと感じるのです。
そもそもXマウントレンズは、AF速度を犠牲にして描写を追求しているんじゃなかったかしら?
それならば、「高速」を謳う必要ないじゃん!

肝心のアップデートの内容ですが、「現状の49点のAFエリアが77点に増える」と読めますが・・・

現状の49点と言うのは、実は縦7点×横7点なんです。
3:2の横長センサーに7×7??
どうりで、AFエリアを小面積(面積を中~大にすると、面積が広すぎて当てたいところに当たらないので、ワタクシは小で撮ることが多いです)にしていると、ポイントがスカスカに感じるのも無理ないことですよね(笑)
それが77点(11×7)になることは、今さらながらセンサーの縦横比に準じる訳で、単純に考えれば○ですね。

ん?縦方向のポイント数は変わらないのね・・・


e0308416_23331082.jpg
【楠】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F3(F5.3) AE(+0.3) / ISO100 / JPEG


ゾーンやワイド、トラッキングについては、AF-Cの精度と速度が上がらなければ意味ないですよね。
と思ったら、AF精度の改善も内容に含まれていました。


(2)AF精度の改善
「シングルポイント」では、フォーカスエリア内をさらに分割し、被写体までの距離を正確に測ることで、より高精度なピント合わせが可能になりました。また、像面位相差AFの明るさ追従範囲が従来の2.5EVから0.5EVまで拡大。より暗いシーンやコントラストの低い被写体でも位相差AFによる高速なピント合わせが可能になりました。


「被写体までの距離を正確に測る」?
ワタクシはこの手の話しには詳しくありませんが、どうやって被写体までの距離を測るのでしょうか?
もし、レンズの距離エンコーダ(XFレンズに積んでるの?そりゃ積んでるよなぁ)を使っているとしたら、ZEISSレンズ(積んでるよなぁ・・・?)は大丈夫でしょうね?

一方、AFの対応輝度範囲の拡大は、大いに期待するところです。
コントラストが低い花などで、どれほど効果が上がるのか、大変注目しています。
・・・ガッカリしないと良いのだけれど(笑)



e0308416_23330966.jpg
【楠】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F3(F4) AE(-1.0) / ISO100 / RAW



(3)「瞳AF」を搭載
人間の瞳を自動で検出し、ピントを合わせる「瞳AF」を搭載。当社レンズの明るい開放F値を活かして背景を美しくぼかすポートレート撮影など、ピント合わせが難しいシーンでも、手軽に瞳にピントを合わせることが可能です。

ポートレイトは撮らないので、どうでも良いです。
女房の瞳にピントが当たっても、ねぇ(笑)



e0308416_23330833.jpg
【楠】 NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F2.8(F3.5) AE / ISO100 / JPEG



(4)「オートマクロ」を搭載
被写体との距離に応じて自動でマクロモードに切り替わる「オートマクロ」を搭載。近接撮影時に、その都度「マクロボタン」を押す必要がなく便利です。従来、「マクロボタン」の機能が割り当てられていた操作ボタンには、新たに任意のファンクション機能を割り当てることができます。


ははは。
これには笑いましたよ。

X-T1のマクロモードって、多分誤解されている方が沢山いると思います。
マニュアルを見ると、

マクロ(近距離撮影)
被写体との距離が近いときは、マクロモードを使用します。
マクロモードを設定する距離の目安はレンズによって異なります。


これしか書いてありません。

これを読むと、「マクロモードに切り替えると、最短撮影距離が短くなるんだ」と思いませんか?
実際、レンズ(例えばXF18-55mmF2.8-4 R LM OIS )のマニュアルを見ると、

撮影距離範囲
標準:0.6 m~∞(ズーム全域)
マクロ:[広角]30 cm~ 10 m
   :[望遠]40 cm ~ 10 m


と、はっきり書かれています。
でもこれ、大嘘なんです。

X-T1は、マクロモードに切り替えなくても、レンズの仕様上の最短撮影距離までAFでピントが合います。
じゃあ、一体何のためにマクロモードがあるかと言うと、AFのサーチ範囲を狭くすることで、結果的にAFが早くなると言うことなのです。
何のことは無い、レンズのフォーカスリミッタと同じ。
このことは、FUJIのカスタマサービスに質問した時、対応してくれたおね~ちゃんが、実に言いにくそうに教えてくれました。

このアップデートは、被写体までの距離を計測することが可能になったことにより、マクロ域かどうか判定できるようになり、自動的にマクロモードに変わると言うことらしいのですが、ワタクシが撮りたい被写体が、ある面積を持った一つのAFエリアの中のどこか、ってことが分からないと、マクロ域かどうかの判定はできないでしょ?
結局、背景に抜けることが直らないと、アップデートの意味が全然無いですよね。

実際に使ってみないと分かりませんが、アップデートの意味、あるのかなぁ・・・


e0308416_23330969.jpg
【楠】 NIKON D4 / NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F4.5(F5.6)・1/400 / ISO160 / RAW



(5)動画モードのAF改善
アルゴリズムの最適化により、動画撮影中のAFがより自然でスムーズになりました。


・・・あのぉ、違っていたら教えて下さい。
X-T1の動画って、撮影開始時に一発、AFでピントを合わせたら、以降撮影中はAFが効きませんよね・・・

動画撮影中にもAFが効くようになったってこと?
それじゃあ、書き方が違うんじゃないのかしら。

ホント、意味分かりませんわ。


※出だしの文章をご覧ください(2015.05.20)

e0308416_23331003.jpg
【楠】 NIKON D4 / NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F8(F13) AE(+0.7) / ISO1800 / RAW


その他、操作性の改善も図られるようで、その中では次の二つが、正にワタクシが待ち望んでいたものです。

マニュアル露出時の露出補正
フレーミングガイドの細線化

これは本当に有り難い!
このことだけは、素直にFUJIを褒めてあげたいと思います。

でもどうせなら、AFフレームの枠も細くするか、いっそのことシャッタ押下中はフレーム枠を消して欲しいなぁ。
ピントが合っているかどうかを判断する時に、あの枠は非常に邪魔になりますからね~。


e0308416_23331020.jpg
【楠】 NIKON D4 / NIKON D4 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD / F8(F13) AE(+0.7) / ISO1800 / RAW



まぁ、依然として使いにくいカメラだと言う印象は変わらず、他にも色々と改善要望はありますが、恐らく今後のファームアップが望めないD4と比べると、全然よろしいかなぁ。

あ、D4は完璧だから、改善の余地が無いのか。
いや、そんなことはないゾ、と。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************


[PR]

by inakichi88 | 2015-05-12 00:46 | 路傍の花
<< 気力なし 今年初トンボ >>