とうとう五十路になりました ~ いなきち

本家 PROVIA

先週、1本だけ撮ったポジフィルムが、現像から上がってきました。
フィルム機を持ち出したのは、実に久しぶりだったので、1本だけとは言え、そこそこ楽しめました。

レンズは、新型 SP90 と、シグマの35mmです。
SP90 の手ブレ補正は、F5 でも問題なく効きました。

フィルムは、FUJI の PROVIA 100F です。

e0308416_22303309.jpg
【長崎】 NIKN F5 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (F004) / RDP3(PROVIA 100F)


e0308416_22304565.jpg
【長崎】 NIKN F5 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (F004) / RDP3(PROVIA 100F)


e0308416_22304657.jpg
【長崎】 NIKN F5 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (F004) / RDP3(PROVIA 100F)

e0308416_22304697.jpg
【長崎】 NIKN F5 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (F004) / RDP3(PROVIA 100F)

撮った当日は風が強く、マクロレンズでの撮影は、なかなか骨が折れました。
また、あまり綺麗な花が見つけられず、撮影時は気が付かなくても、今こうして写真で見ると、結構痛んでいる花が多かったですね。

こうして見ると、X-T1 の PROVIA モードの色は、本家フィルムととかなり似ていますね。
ただ、何と言うか・・・フィルムの方がより自然で、かつ艶めかしい写りだと感じます。


e0308416_22305271.jpg
【長崎新田】 NIKN F5 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (F004) / RDP3(PROVIA 100F)


e0308416_22305268.jpg
【長崎新田】 NIKN F5 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (F004) / RDP3(PROVIA 100F)


e0308416_22305266.jpg
【長崎】 NIKN F5 / TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (F004) / RDP3(PROVIA 100F)


e0308416_22304521.jpg
【長崎】 NIKN F5 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM / RDP3(PROVIA 100F)

フィルム機と新型 SP90 との相性は抜群です。
手ブレ補正がよく効くし、ホールディングに無理がないせいか、きっちりピントが来ています。
過去、シグマ150マクロでフィルムを何本も撮りましたが、ピントの歩留まりはこちらの方が断然上です。
もちろん、被写界深度が深いことも、かなり有利に働いているでしょうね。


やっぱり、フィルムで撮るのは楽しいです。
でも、パソコンへの取り込みがかなり面倒くさく、考えただけでも嫌になります。
スキャニング自体は機械がやるので、こっちは待っているだけですが、その後のスポッティングが・・・(ハァ~)
いくらブロワで丹念に吹き飛ばしても、必ず大小併せて十数ヶ所の埃が見られます。
何故、あんなに埃がつくのでしょうか。
今回も、大きな糸くずだけ取って、後はほったらかしです。

などと愚痴っていたら、タイミング良く今日のデジカメ watch に、驚きの6000 dpiでのスキャニングサービスが始まったと言う記事が載りました。
記事中のリンク先を見ると、なかなか興味を覚える話しでした。
料金は、135フィルムだと、ポジ・ネガ問わず1コマ800円(税別)
3コマからの受付で、料金にホコリ除去も含むけれど、別途送料1000円がかかるとか。

う~ん・・・微妙。

普通のアマチュアにはスペックが高すぎます。
6000 dpi なんていりませんもの。
ワタクシの場合、効率を考えて3200 dpi(48bit)で取り込んでいますが、これで十分です。
そもそも、プリントしないし(笑)

1コマ 800円 と言うのは、手間を考えたらそれほど高額ではないと思うのですが、やっぱり気軽には頼めません。
3200 dpi で 500円にして、ホコリ除去をうまくやってくれれば、そこそこ頼むと思いますよ~。
無理だとおもいますケド(爆)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-04-07 23:10 | 路傍の花 | Comments(4)
Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-04-08 11:02
どれも色がいいですね

最初の1枚目で、えっ!と度肝を抜かれました
フィルムースキャンなので・・・と記事を読んでいた先入観があったにしても、凄い!

3200dpiで取り込めばモニターでも綺麗に見れるのですね
参考になりました


それにしても、1枚目のは、特にいいです、これ好きです
Commented by greenfiddler at 2015-04-09 00:08 x
銀塩、やっぱり色乗りとか奥行き感が全然違う…
ちょっとショックですらあります。。
デジタルの方がいいって被写体も無論、たくさんあるんでしょうが。

実はフィルムカメラ、触ったことすらありません。
フィルムとの接点は少年時代、昆虫採集用でフィルムケース常時携帯してたくらいです。

それほどボケてないのに、立体感を感じるって凄いですね。
(最後の一枚とか)
過去記事のように、1枚だけ銀塩風に加工したデジタルが混じってるなんて事は…
今回はなさそうですね(笑)
Commented by inakichi88 at 2015-04-09 19:09
mjiiji_hbaabaさん、こんばんは。
今日はとても寒いのですが、お体の調子はいかがですか?

フィルムはデジタル化がとても面倒くさいのですが、それだけの価値はあると思います。
独特なコントラストや色合いは、自分がうまくなったような錯覚を覚えます(笑)

>3200dpiで取り込めばモニターでも綺麗に見れるのですね

大伸ばしプリントや等倍鑑賞を目的としない場合は、1200dpiでも十分です。
また、繊細なグラデーションを再現したい場合は、2400dpi以上が望ましいと思います。
Commented by inakichi88 at 2015-04-09 19:12
greenfiddlerさん、こんばんは。

フィルムで撮る理由は、その優れた描写を得る以外にも、フィルムで撮るお作法を楽しむ、ってこともあります。
今はフィルム機が安いので、一度挑戦されることをお勧めします!

>過去記事のように、1枚だけ銀塩風に加工したデジタルが混じってる

え?そんなことしてましたか?
全然覚えてません(笑)
<< 桜の残り香 清水みなとあたり >>