とうとう五十路になりました ~ いなきち

桜の命、短し

やっと桜が満開になったと言うのに、今週後半は雨模様。
雨風のせいで散ってしまう前に、何とか撮りに行きたいと思うのですが、ここにきて名刺の注文が殺到し、なかなか外へ出られない始末。
それでも今日、たまたま静岡市街へ納品が1件ありましたので、その後に少しだけ駿府城公園の桜を撮ってきました。

ただでさえ荷物が多かったので、マクロレンズを持って行くのはキッパリ諦め、選んだのは X-T1 と 23mm だけ。
ただ、23mm は寄れないレンズなので、クローズアップレンズも携行しました。
ちなみにX-T1 は、4月始めに保証期間が終了するので、今日の撮影を最後に、メーカでローパス清掃&点検に入る予定です。


e0308416_20354278.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

e0308416_20354221.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F1.6 AE / ISO200 / JPEG(VELVIA)

駿府城公園にはたくさんの桜が植えられていますが、格好な撮影場所として誰もが思い浮かべるのが、西門にあるこの老木。
今日もたくさんの人がカメラを向けていました。


e0308416_20354217.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE / ISO200 / JPEG(ASTIA)

園内も、平日だというのになかなかの盛況ぶり。
お花見を楽しむ方も、たくさんいました。
さすがに午後の早い時間だと、気勢を上げて宴会芸を披露する人はいませんでしたよ(笑)


e0308416_20424288.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R+ CANON 500D / F2 AE / ISO400 / JPEG(PROVIA)

e0308416_20424240.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R+ CANON 500D / F11 AE / ISO400 / JPEG(VELVIA)

クローズアップを2発。
優秀な CANON のクローズアップレンズ 500D も、このレンズと組み合わせるとイマイチな感触です。
ある程度絞らないと、良い画質とは思えませんでした。


e0308416_20471316.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F1.4 AE(-1.0) / ISO200 / JPEG(PROVIA)

幹の上の方にちょろっと咲いた桜を目立たせたかったため、思いつきで露出を詰めてみました。
離れた小さな被写体を、構図だけで目立たせたくても、ボケ表現が苦手な広角レンズがお供では、いささか難しいですね。
明暗差、それから、白い花色と濃い背景の色の対比で、少しは目立たせられたでしょうか?


e0308416_20470262.jpg
【駿府城公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F9 AE(+0.7) / ISO400 / JPEG(ASTIA)

少し前、ブログ仲間のslowさんが、同じような構図を望遠レンズで切り取られていました。
そのお写真をパク・・・いや、インスピレーションを得て、撮ってみました(爆)


e0308416_21012548.jpg
【駿府町】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(+1.0) / ISO400 / JPEG(PROVIA)

公園から、少し離れた場所にある桜並木。
このレンズの逆光下での性能低下の少なさには、驚くしかありません。

ちなみに、ワタクシ的には、ゴーストの発生は少しもマイナス要因にはなり得ません。
それよりも、フレアによるコントラストや解像感の低下が問題です。
そう言った意味で、このようにコントラストを維持できるレンズが、逆光に強いレンズだと感じています。

あ、ゴーストはプロテクトフィルタのせいかもしれませんね。
それから、日頃からこのレンズにフードは付けていません。
だって、付属フードは格好悪いんだもの(笑)


さて、どうやら今日が、桜の撮り納めとなりそうです。
今日は時間もなかったし、もう少しだけ、いや、お腹いっぱいになるまで撮りたかったなぁ。


「命短し 恋せよ乙女」

昔の流行歌の文句じゃありませんが、ワタクシの命は物理的にそれほど長くないはずで、かと言って、今さら色恋に走る訳にもいきません。
毎年可憐に咲き誇り、散り際も見事な桜を手本とし、せめてみっともない死に方だけはしたくないと思う、今日この頃。
問題は、「あと一花」をどうやって咲かせるかでしょうかねぇ。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-31 21:14 | 路傍の花
<< 雨の中、今年の桜は撮り納め SP90 は楽ぅ~ >>