とうとう五十路になりました ~ いなきち

VELVIAだけじゃないのよ~

ここのところX-T1では、VELVIA ばかり使ってきたので、あの高彩度と高コントラストには、少々食傷気味です。
ハッキリ言って、飽きてしまったのです(笑)
でも、X-T1には、他にも色々なフィルムシミュレーションがあるので大丈夫。


e0308416_21240422.jpg
【草薙北】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F9 AE(+0.3) / ISO400 / JPEG(ASTIA)

e0308416_21244389.jpg
【吉川】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(ASTIA)

e0308416_21244344.jpg
【吉川】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(ASTIA)

個人的には、ASTIA が面白いと思うのですが・・・使いどころが分からん!

色々と試行錯誤しながら使っていますが、「これぞ ASTIA!」と言う写りを楽しむのには、どんな被写体、シチュエーションが良いのか、皆目見当が付きません。
上に載せた3枚の内、一番最初のビルの写真は、他のどのモードとも違った独特な描写が ASTIA っぽいと思うのですが、他の2枚からは、それほど特徴ある写り・色を感じませんよねぇ。


e0308416_21334658.jpg
【草薙】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F1.4 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21334710.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21334711.jpg
【楠】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F2 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PROVIA)

なんやかんや言って、事実上の標準モードである PROVIA で撮ることが一番多いのですが、個人的にはちょっと納得いかないことが・・・
なんとなく、コントラストが強すぎるように感じるんですね~。
こんなに白飛びや黒つぶれが頻発するようでは、ちょっと使いづらいんですよ。

コントラストなどの味付けもイマイチしっくりきませんが、それ以外に、AEとの相性が悪い気もします。
PROVIA のときは、なぜか訳の分からない露出補正を強いられることがしばしば。
AEも含めて、もう少しニュートラルな画作りにしても良かったのではないかと思います。


e0308416_21433183.jpg
【長崎新田】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F5.6 AE(-0.3) / ISO4000 / RAW

ブログに載せる写真は、他のカメラより圧倒的に JPEG が多いのですが、RAW 現像しても印象的なな色が出るのは、独特なセンサーのお陰でしょうか。
コントラストのスライダを上げていくと、スッと空のグラデーションが映える感じは、なかなか気持ちが良いですね。



e0308416_21424358.jpg
【草薙】 FUJIFILM X-T1 / XF 23mm F1.4 R / F16・1/8 / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

フィルムシミュレーションの話しではないのですが、最近、ちょっと面白いかも、と思っているのが電子シャッタ。
ご存じの通り、物理的なシャッタがないため、数万分の一の高速シャッタが切れる代わりに、高速移動する被写体は歪みます。
で、試しに低速シャッタで流し撮りをしてみました。

電車が止まってないのはご愛敬(爆)
たまたま電車の前面に、星のイラストが描かれていたので、その星が電車の脇へ流れるような不思議な写真になりました。

これ、面白いですねぇ。
露光間ズームなんてやったら、どうなるんでしょうか?
今度試してみ~よぉ、っと。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-03-17 21:52 | 清水区散歩 | Comments(2)
Commented by slowhanded at 2015-03-17 22:44
色んなフィルムシミュレーションが楽しめるのもX-T1の
特徴の一つですな。飽きてしまわれたようですが、以前
よりFUJIのカメラではコテコテの高彩度の画質が気持ち
よく決まるのがいいところなのかと。d(^-^)!

ラストは電子シャッターは動きものが御法度とされている
のを逆手にとって面白い仕上がりなりましたねぇ。
そういえばGM1も電子シャッター搭載機なのでコンニャク
現象を使って遊んでみようかな♪
Commented by inakichi88 at 2015-03-19 21:37
slowさん、こんばんは。
ええ、飽きました(爆)
なんか、綺麗すぎると、見ていて疲れちゃうんですよね~。
今後はASTIAを極めてみたいなぁ、と思っています。

コンニャク現象というのですか?
なかなか面白いですね。
でも、やっぱりすぐに飽きそう(爆)
<< ビビったこと 悩ましいなぁ・・・ >>