とうとう五十路になりました ~ いなきち

チャレンジ

半ば諦めていた X-T1 での手持ちマクロですが、どうしてもあの色で桜を撮りたい・・・
桜が咲くまで、もう少しだけチャレンジしてみましょうか。

今までは、ボディーとレンズの重量バランスを考え、SP90(52BB)のみ使ってきましたが、古いレンズのせいかEVFの見え方にキレがなく、ジャスピンを得るのがなかなか大変でした。
また、手ブレ補正がないせいで、構図がすぐ動いてしまうのも難点でした。

ワタクシはシグマの150マクロがメインの機材ですが、今まで X-T1 で試したことはありません。
重いレンズですので、まともに撮ることは端から無理だろうと思っていたのですが、一応試してみました。


e0308416_19270526.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5.6位?・1/950 / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_19270619.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F8位?・1/640 / ISO400 / JPEG(VELVIA)


おや?
意外とまともに撮れるようですよ。
縦グリに予備バッテリを入れ、レンズヘビーにならないようにしましたが、そのせいでしょうか、どうやら思ったより安定性に優れているようです。
軽量の SP90 に比べると、格段にブレには強そうです。
また、今回、電子シャッタを試しましたが、ブレ抑制にかなり貢献してくれたような気がします。


e0308416_19270562.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F5.6位?・1/280 / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_19270602.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4位?・1/280 / ISO400 / JPEG(VELVIA)


等倍域も試しましたが、ピントの歩留まりもまずまず。
ただし、D4で撮る時と違い、ピントが合うかはかなり運任せな所があります。

それにしても、VELVIAモードのステキなこと!
色がとても綺麗です。
綺麗過ぎる気もしますが(笑)


e0308416_19534275.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F11位?・1/210 / ISO1600 / RAW

e0308416_19534223.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F4位?・1/450 / ISO400 / JPEG(VELVIA)


う~ん。
微妙だけれど、ギリギリ手持ちマクロができそうな感じ・・・
これからは、「この色が欲しいから、頑張ってみよう」と思えた日には、持ち出すのもアリかもしれませんね~。


今日はもう一つレンズを持っていきました。
寄れる広角レンズ、シグマの35mmです。
倍率稼ぎに、12mmのエクステを付けてみました。


e0308416_19453000.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO DG EXTENSION TUBE / F4位?・1/5800 / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_19453177.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO DG EXTENSION TUBE / F2.8位?・1/6000 / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_19453095.jpg
【鳥坂】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 35mm F1.4 DG HSM + KENKO DG EXTENSION TUBE / F5.6位?・1/3200 / ISO400 / JPEG(VELVIA)


ご覧の通り、正に大口径、って感じの写りが気持ち良いですね。
12mmのエクステだと、被写界深度はそれほど浅くならないので、150マクロと比べると、圧倒的に勝手が良いです。

梅の花がこの大きさに写せるなら、桜相手でも十分でしょうね。
これは良い組み合わせになりそうです。

どちらかと言うと、桜を撮るには35mmと組み合わせた方が、良い画が撮れそうな気がしますね~。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2015-02-28 20:01 | 路傍の花 | Comments(4)
Commented by ヘンデル at 2015-02-28 21:59 x
接近戦ですね。
35mm+エクステのほうが柔らかく感じます。
FUJIFILM X-T1 の発色は恐るべし。

うちも真似してクローズアップということで
ED50F2.0Macro+EC-14×デジタルテレコンかしら。
デジタルテレコンは微妙な曲線が表現できない模様です。
ファームアップしたから少しでも改善されているといいなぁ。
Commented by mjiiji_hbaaba at 2015-03-01 10:10
X-T1、本当にいい色です
2枚目は、枝のグリーンが全体にとてもいい印象を与えてると感じました たいへん好きな画のひとつです

FXレンズも付けれるのですね
前に書かれてるようにフジには望遠域のレンズが無いのですよね そういう方針なのでしょうか 
デジカメ購入の時にネットで調べまくりまして、フジのカメラは高評価だったので候補に上がったのですが、ミラーレスしかなかったこととレンズの種類が少なそうだったことで選択しませんでした

写真、忠実に残すことを目的とすると綺麗過ぎるのは目的に反するかもしれませんが、写生の一つの考えるとフジもしくはオリの発色が私には第一選択になるなと思いました
Commented by inakichi88 at 2015-03-02 12:53
ヘンデルさん、こんにちは。
マクロ好きなワタクシとしては、これからのマクロシーズンが楽しみで仕方がありません。

デジタルテレコンですか。
画像を拡大する際の弊害で、どうしても直線がギザギザになるので、特に細い線の描写は相当乱れると思います。
Commented by inakichi88 at 2015-03-02 12:59
mjiiji_hbaabaさん、こんにちは。
なかなか思ったように撮れなくて、悪戦苦闘しています。

ミラーレス機の規格は、レンズ後端からセンサーまでの距離(フランジバック/マウントごとに長さが決まっています)が極端に短いので、フランジバックが長い規格のカメラ用レンズは、マウントアダプタを付ければ基本的に撮影が可能です。
マウントアダプタは、マウントの物理的形状の変換と共に、フランジバックの差を埋めるスペーサとしての役割があります。

富士Xマウントのレンズは、かなりおごったものが多いのですが、ややマニアックな印象を受けます。
好き者向けのカメラマウント、って感じでしょうか(笑)
<< いささか地味に見えますが・・・ スナップ撮影の実際 >>