とうとう五十路になりました ~ いなきち

傍観者と代弁者

人様が撮られたスナップ写真を拝見していて、感じたことがあります。

スナップ写真は、
 1.被写体を淡々と、ありのままに捉えた写真。
 2.被写体が見るものに語りかけている声が聞こえる写真。

大ざっぱに言って、その2つに分類されるような気がするのです。

e0308416_21000898.jpg
【岡町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F5.6 AE / ISO400 / RAW

e0308416_21013468.jpg
【銀座】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F4.5 AE / ISO250 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21014571.jpg
【入江】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2.8 AE / ISO640 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21015496.jpg
【岡町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F1.8 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(PROVIA)


例えば一般的な風景写真などは、前者1に相当するのではないでしょうか。
もちろん風景写真でも、壮大な風景を前にして、自然の雄大さとか神秘さなど、撮り手が伝えたいことを考えながらシャッタを切っているとは思います。
でも、後者2と決定的に違うことは、後者2が被写体を擬人化しているということじゃないかと思うのです。
被写体の視点に立つ、或いはそのものになりきる、と言うことは、明らかに自分と同等の意識を持つものとして扱っています。
被写体が人間の場合は、その人の感情を写真に納める、静物を撮る場合は、擬人化して声なき声を写真で伝える・・・
言ってみれば、被写体の代弁者になると言うことだと思います。

対して前者1は、言わば傍観者の視点、と言ってしまうとちょっと違いますでしょうか。「傍観者」には、主体性が感じられませんから。
言いたいことは、被写体に強く寄り添わず、或いは同化せず、少し離れた冷めた視線で写真を撮っているのではないか、と言うことです。
そして、写真を見る者に物語を紡がせる・・・
そんな気がするのです。


e0308416_21351597.jpg
【上】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2.8 AE / ISO400 / RAW

e0308416_21351576.jpg
【入江】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F1.4 AE / ISO400 / RAW ※トリミング


e0308416_21351555.jpg
【相生町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(PROVIA)

e0308416_21351476.jpg
【岡町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F5.6 AE / ISO640 / RAW


2つの内、分かりやすい写真は、「代弁者」の方でしょうね。
撮り手の言いたいことが間違い無く伝わるかどうかは分かりませんが、「撮り手が写真を通して何か言いたいことがありそうだ」、とは分かります。

問題は「傍観者」の方。
一見すると、たわいもない光景を写真に納めただけのように思えることが多いからです。
その理由は、撮り手に感性や技術がないのか、はたまた鑑賞者にも感性や眼力がないからか・・・

ま、ワタクシの写真に限って言えば、感性と技術の欠如以外の何物でもありません。。。
実に、実に残念です(涙)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-09-24 21:43 | 清水区散歩 | Comments(6)
Commented by mjiiji_hbaaba at 2014-09-24 23:35
今回のお写真は、どれも構図の教科書に出てくるようなお手本ではないでしょうか

感性と技術が欠如された方では撮影できないと思います

E-M1、持ち出して撮影したくなりました
スナップには仰々しいD810よりE-M1の方が周りに良さそうです^^
Commented by kame3z at 2014-09-25 00:06
スナップの解釈、とても参考になりました。
撮り手側からみると、正しくその通りだと思います。

一方で被写体側からすると、
なにか存在を主張するようなイメージ・雰囲気が感じとれるもの !
その被写体を作った、或は設置した人の意思・意識・魂が感じられるもの !!
それを切り取っているだけ ? とも言えるかもしれません。
Commented by slowhanded at 2014-09-25 20:19
ふむぅ、何やら深いお話し。。。(;・∀・)

今回のお写真などもそうですが、いなきちさんの撮られる
ものはいずれも主題がはっきりしていて「何をどう撮ろう」
という意図が伝わってまいりまする。d(^-^)!

その点でslowなどはあまり考えることなくのんべんだらり
と撮ってるなと考えさせられる次第で。。。(´_`ヽ)トホホ
Commented by inakichi88 at 2014-09-26 23:21
mjiji_hbaabaさん、こんばんは。
むむ、構図の教科書通りと言うことは、独創性に欠けると言うことですね(笑)
花を撮っていると、良くも悪くも、どうしても同じような構図になってしまいます。
そこからなかなか抜け出せないのですね(涙)

確かにスナップー特に街撮りでは、より小型のカメラが望ましいと思います。
ただ、コントラストAFは、花などのコントラストが低いものが苦手で、どうしてもピントが背景に抜ける率が高くなるのが悩みです。
Commented by inakichi88 at 2014-09-26 23:23
フォトンさん、こんばんは。

被写体からの視点、興味深く拝聴しました。
確かに、写真を「撮っている」のではなく、力のある被写体に「撮らしてもらっている」、或いは、「撮らされている」感がありますねぇ。
いずれにしろ、被写体が発しているオーラを感じることができるか・・・それに尽きるのでしょうね。
ワタクシはまだまだです(涙)
Commented by inakichi88 at 2014-09-26 23:24
slowさん、こんばんは。
理屈が先行するワタクシですから、さすがに褒めすぎっす(汗)
slowさんこそ、日常に寄り添った気負いのない写真をたくさん撮られているじゃないですか!
そのようなお写真は、ワタクシの目標とするところです。
<< XF 56mm F1.2 R ... 花散歩 >>