とうとう五十路になりました ~ いなきち

X-T1 いまだ苦戦中

X-T1を買ってから、一ヶ月以上が過ぎました。
画質にはかなり満足していますが、やはりこのカメラの用途はオールマイティからは程遠く、スナップ向きのカメラだと思います。
特に生き物を撮るのは、かなり難しいと感じています。


e0308416_192247.jpg
 【飯田町】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F5.6 AE / ISO200 / JPEG(PROVIA)

e0308416_1932479.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F4.8 AE / ISO800 / JPEG(VELVIA)

チョウを撮るには、手持ちのレンズでは今のところ55-200mmズームしか選択肢がありません。
レンズはなかなか良いとは思いますが、カメラのレスポンスが褒められたものではありません。
望遠端ではAFが遅く、チョウ相手だと不安を感じます。

被写体にもよりますが、AF精度も「後一歩」といったところでしょうか。
いや、「精度」と言うよりも、「思ったところにやや当たりにくい」と言った方が良いかも知れません。
像面位相差にかなり期待していたのですが、技術的にまだまだ熟れていないんでしょうかねぇ。


e0308416_1995116.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F7.1 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PROVIA)

e0308416_19101434.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS + CANON 500D / F5.6 AE / ISO1600 / JPEG(PROVIA)

e0308416_19101462.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS + CANON 500D / F7.1・1/2000 / ISO6400 / JPEG(PROVIA)

クローズアップレンズを付けた接近戦は・・・かなり厳しいものがあります。
もちろん被写体にもよりますが、ちょこまか動いているミツバチなどは、運頼みの感が拭えません。
EVFの反応速度はまあまあとしても、動き物に関してはOVFには敵いません。
「連写で盲撃ち」しか方法が見つかりませんね。


e0308416_20284010.jpg
 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F5.6 AE(+1.3) / ISO400 / JPEG(PROVIA)

e0308416_20284245.jpg
 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F7.1 AE(+1.0) / ISO1600 / RAW

住宅地の真ん中でコゲラを見つけました。
望遠端でも被写体までの距離が近いと、なかなかの解像度ですね。

ただ、このシーンもAFが合わなくて苦労しました。
光線状態が木漏れ日による逆光だったからだと思うのですが、このようなシチュエーションでは、やはり従来の位相差AFには敵わないようです。


e0308416_20325476.jpg
 【高橋3丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F6.4 AE(+0.3) / ISO200 / RAW

おとなしく花でも撮っているのが、このカメラの正しい使い方かも・・・


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-05-19 20:34 | 昆虫たち
<< Zeissのコク、Fujiのトーン ナミアゲハ接近戦 >>