とうとう五十路になりました ~ いなきち

X-T1 いまだ苦戦中

X-T1を買ってから、一ヶ月以上が過ぎました。
画質にはかなり満足していますが、やはりこのカメラの用途はオールマイティからは程遠く、スナップ向きのカメラだと思います。
特に生き物を撮るのは、かなり難しいと感じています。


e0308416_192247.jpg
 【飯田町】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F5.6 AE / ISO200 / JPEG(PROVIA)

e0308416_1932479.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F4.8 AE / ISO800 / JPEG(VELVIA)

チョウを撮るには、手持ちのレンズでは今のところ55-200mmズームしか選択肢がありません。
レンズはなかなか良いとは思いますが、カメラのレスポンスが褒められたものではありません。
望遠端ではAFが遅く、チョウ相手だと不安を感じます。

被写体にもよりますが、AF精度も「後一歩」といったところでしょうか。
いや、「精度」と言うよりも、「思ったところにやや当たりにくい」と言った方が良いかも知れません。
像面位相差にかなり期待していたのですが、技術的にまだまだ熟れていないんでしょうかねぇ。


e0308416_1995116.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F7.1 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PROVIA)

e0308416_19101434.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS + CANON 500D / F5.6 AE / ISO1600 / JPEG(PROVIA)

e0308416_19101462.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS + CANON 500D / F7.1・1/2000 / ISO6400 / JPEG(PROVIA)

クローズアップレンズを付けた接近戦は・・・かなり厳しいものがあります。
もちろん被写体にもよりますが、ちょこまか動いているミツバチなどは、運頼みの感が拭えません。
EVFの反応速度はまあまあとしても、動き物に関してはOVFには敵いません。
「連写で盲撃ち」しか方法が見つかりませんね。


e0308416_20284010.jpg
 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F5.6 AE(+1.3) / ISO400 / JPEG(PROVIA)

e0308416_20284245.jpg
 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F7.1 AE(+1.0) / ISO1600 / RAW

住宅地の真ん中でコゲラを見つけました。
望遠端でも被写体までの距離が近いと、なかなかの解像度ですね。

ただ、このシーンもAFが合わなくて苦労しました。
光線状態が木漏れ日による逆光だったからだと思うのですが、このようなシチュエーションでは、やはり従来の位相差AFには敵わないようです。


e0308416_20325476.jpg
 【高橋3丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F6.4 AE(+0.3) / ISO200 / RAW

おとなしく花でも撮っているのが、このカメラの正しい使い方かも・・・


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-05-19 20:34 | 昆虫たち | Comments(8)
Commented by slowhanded at 2014-05-19 21:19
お?X-T1は像面位相差AFだったのですか。。。
てっきりコントラストAFのみかと思っておりました。( ̄▽ ̄;)ゞ
α99もTLMによる位相差と像面位相差をWで稼働させており
ますが、あまり良い評判も聞かなかったりしますので。。。(;・∀・)

それにしてもラス前のコゲラちゃんとラストのチロリアンランプは
見事なまでの描写ですなぁ。o( ̄ー ̄;)ウゥム…
Commented by bariv_vb at 2014-05-20 07:09
レスポンスは悪くないですよぉ~(^。^;)
SD1やDPmに比べたら…(笑)
D4と比べたらかわいそうだしねぇ。
私が使う分には十分です。
あっ
スナップしか、とらんけんか(*´Д`*)
Commented at 2014-05-21 19:41
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 海牛 at 2014-05-21 20:04 x
この類の鳥はAF合い辛いですよ。
保護色っぽい色は、カメラには樹皮と同化して見えるんじゃないでしょうか。
コントラストが低いこのような場所では、余計に合焦し辛いんだと思います。
なので自分は、やたら打ちまくりです(笑
いつも現像が大変ですよ(泣

Commented by inakichi88 at 2014-05-21 21:52
slowさん、こんばんは。
そうそう、像面位相差+コントラストなんです。位相差は、中心付近の狭いエリアだけですけどね。
ただ、マニュアルを見ても、2つのAFの作動条件がさっぱりわかりません。
AFに関しては、な~んか微妙な感じです。
Commented by inakichi88 at 2014-05-21 21:55
カモさん、こんばんは。
う~ん、D4と比べなかったとしても、操作性&レスポンスは今一つだと感じています。
スナップならOK、と言いたいのですが、そうとも言えない気が・・・
立ち位置が今一ハッキリしないカメラかな、と。
Commented by inakichi88 at 2014-05-21 21:55
鍵コメさん、こんばんは。
大変ですね!
頑張って下さい!!
Commented by inakichi88 at 2014-05-21 22:06
海牛さん、こんばんは。
個人的には、このシチュエーションでAFが合ってくれないと悲しいです。
これは、被写体の場所が暗く、ターゲットのコントラストが低いことに加え、逆光により高輝度の光がセンサーに当たると、測距不能になるのだと思います。
位相差にしろコントラストにしろ、像面AFは逆光に弱いですねぇ。

たくさん撮ると、セレクトはホント、大変ですよね。
D4で連写かますと、AFが優秀でほとんどのカットが合焦しているため、後から選ぶのが大変なことになります。
<< Zeissのコク、Fujiのトーン ナミアゲハ接近戦 >>