とうとう五十路になりました ~ いなきち

絞った時が凄かった ~ Carl Zeiss Touit 1.8/32

昨日に引き続きTouit 1.8/32と一緒に、清水みなとあたりをぶら~りしてきました。

このレンズ、絞った時が凄かった!
ググッと被写体が浮き出てくるような、そんな存在感を感じさせてくれます。


e0308416_20493959.jpg
 【清水魚市塲】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F8 AE(-0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_2055831.jpg
 【島崎町】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F5.6 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_20551342.jpg
 【島崎町】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F5.6 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

夕方近くに撮ったので、光の加減がドラマチックだったこともあるかも知れませんが、F5.6近辺の写りには惚れ惚れします。

以前にも書きましたが、X-T1のJPEGは、シャドーとハイライトを切り詰めて仕上げているように感じます。
最初の頃は、切り詰められた階調を取り戻すように後処理していましたが、どうもうまくいきません。
写真自体の存在感が薄くなってしまうと感じるのです。
白飛び・黒つぶれには目をつむり、下手に後処理はせず、JPEG撮って出しの方が良いと思います。


e0308416_2154746.jpg
 【清水魚市塲】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F5.6 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_213493.jpg
 【清水魚市塲】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F5.6 AE / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_2131360.jpg
 【清水魚市塲】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F8 AE(-0.7) / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

このレンズの操作性ですが、これがなかなか良いのです。
ピントリングの動きはスムースですが、ほんの少し味付けとして粘りがあり、これが絶妙なのです。
まぁ、MFで撮ることは無いでしょうが(笑)

絞り環は柔らかすぎて動きやすいという話しを聞いていましたが、ワタクシ的には全く問題なく、ちょうど良い感触です。

この作り込みの良さは写欲につながるので、大歓迎です。
ただし、デザインは「ダサい」、と思いますよ~(笑)


e0308416_21143114.jpg
 【銀座】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F4 AE / ISO400 / RAW

e0308416_21123515.jpg
 【JR清水駅東口】 FUJIFILM X-T1 / Touit 1.8/32 / F11 AE(-0.3) / ISO400 / JPEG(PRO NEG. HI)

購入前は、フジ純正の35mmの方が良いかな、と思ったこともありますが、いや~、こちらにして正解ですね。

巷では、製造元はどこだという話題で、ちょっとだけ盛り上がっていますが、もうどこでも良いですよ~。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-05-11 21:18 | 清水港散歩
<< 街歩きにはどちら? 32 or 56 ボケに感じる生活の匂い ~ C... >>