とうとう五十路になりました ~ いなきち

さらばゴールデンウィーク

明日で終わりですね、お休みも。

ワタクシはちょっとした仕事が入ったりして、結局どこへも行けませんでした。
そして明日も仕事の関係で、家からそれほど離れることができません。
まぁ、日頃が休みみたいなもんだから、仕方が無いと諦めるしかありませんね~。


e0308416_21105383.jpg
 【江尻台町】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F5.6 AE(-0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_21115820.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + CANON 500D / F2.8 AE(+0.7) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

e0308416_2114931.jpg
 【高橋1丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F2 AE(+0.7) / ISO400 / RAW

e0308416_2114625.jpg
 【高橋公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F5.6 AE(+1.0) / ISO400 / JPEG(VELVIA)


当初は違和感を覚えた換算85ミリの画角にも、段々と慣れてきました。
慣れてくると、街中でも意外と使いやすいのですが、それでももう少し広角よりの方がワタクシには合っているように思えます。


e0308416_2118690.jpg
 【高橋1丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + CANON 500D / F1.2 AE(-1.0) / ISO400 / RAW

e0308416_2118980.jpg
 【銀座】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + CANON 500D / F1.2 AE(+0.7) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

e0308416_21181154.jpg
 【高橋1丁目】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R / F4.5 AE(-0.3) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

e0308416_21181349.jpg
 【天神】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + CANON 500D / F1.2 AE / ISO6400 / JPEG(VELVIA)


クローズアップレンズを付けても、マクロレンズに比べれば驚くほど被写界深度が深いので、ピント合わせにもそれほど不安は覚えません。
画質も全くと言って良いほど乱れを感じないので、花を撮る時はマクロレンズがいらないと思います。

が・・・、やはり何となく違和感を覚える画です。

それが何なのか、自分でもよくわかりません。
何となく「不自然さ」を感じてしまうんですよねぇ。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-05-05 21:27 | 路傍の花 | Comments(6)
Commented by 海牛 at 2014-05-05 22:00 x
仕事だったんですか。
自分もです。
釣りに行く約束してたのにな~。

5枚目は印象的な、これからの夏の日を感じさせるような図柄ですね。
まるで花火が上がってる感じです。
これ、キマシタ。
Commented by kame3z at 2014-05-05 22:30
1枚目と6枚目がとても印象的です。
構図が素晴らしいです。
特に6枚目は、何も無い空間の描写がゾクッとしますよ !

私は、不自然さと言うよりは、
非自然さを感じますね(笑)
ナチュラルな発色ではなく、クリエイティブな発色と言うか、
感性に訴えるようななにかがあります。
FUJIFILMの絵・色作りに、昔からファンが多いのも、
なんとなくわかるような気がします。
Nikonとは対局にあるのでしょう !
Nikonには色がありませんので(汗)
Commented by inakichi88 at 2014-05-06 21:00
海牛さん、こんばんは。
大したことないやっつけ仕事でしたけど、急に頼まれちゃって。
データ作成はすぐに終わったものの、印刷に回した後、緊急事態に備えしばらく待機している必要があるので、遠出ができないのです(涙)

5枚目、気に入って頂けましたか。
この写真、拡大するとビックリする描写なんです。
滲んだボケとシャープなボケが相まって、独特な描写になっています。
レンズがすごいんでしょうね。
Commented by inakichi88 at 2014-05-06 21:03
フォトンさん、こんばんは。
何も無いところに感じるなんて、フォトンさんは変態なんですね(笑)
な~んてうそうそ。分かります、その気持ち。


非自然については、色のことを仰っているようですが、ワタクシは何となくボケ味が自然じゃ無いと感じるんです。
ピント面は被写界深度が深いくせに、そこから少し外れると急速にボケる・・・みたいな。。。
色については、フジは高彩度を上手にまとめていますよね。
若干被写体を選ぶ気もしますが、概ね花には良いのではないでしょうか。
Commented by bariv_vb at 2014-05-07 10:00
JPEG(VELVIA)ってのはJPEGに何種類か
色合いが備わってるんですかね?
これだったらRAWいらんかなぁ…
JPEG撮って出しで十分ぽい


Commented by inakichi88 at 2014-05-07 23:05
カモさん、

VELVIAとは、富士フイルム製ポジフィルムの製品名です。
高彩度・高コントラストが特徴です。
要するに、VELVIAとは、VIVIDモードのことなんです。

フジのポジには、他にも中庸な写りのPROVIA、人肌再現に優れたASTIAがあり、デジカメにこれを冠したモード名を付けることにより、フィルム時代のオヤジ達のノスタルジーに訴える、と言う手をフジは使っているんですね~(笑)
<< 幅10メートルの世界 ナミアゲハの産卵 >>