とうとう五十路になりました ~ いなきち

X-T1で撮るチョウ

X-T1での操作にも大分慣れ、徐々にではありますが、自分で撮りたいように撮ることができつつあります。

毎年、この時期に撮りたいものと言えば、チョウ。
すぐ逃げられてしまうので、なかなか上手に撮ることは難しいのですが、今日は数枚、何とか写真に納めることができました。


e0308416_2025531.jpg
 【飯田町】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F8?・1/250 / ISO200 / RAW

e0308416_2026374.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 56mm F1.2 R + CANON 500D / F5.6 AE(+0.3) / ISO400 / RAW

上の写真がアゲハ、下がキアゲハです。

アゲハチョウは大きくて見栄えが良いので、やはり撮りたいチョウの第一候補です。
でも、なかなか止まってくれないので、追いかけ回してチャンスを狙うか、止まりそうな花に待ち伏せするしか撮ることが出来ません。

ニコン用の150mmマクロレンズと、XF 56/1.2+クローズアップレンズを試しましたが、どちらも素晴らしい写りです。
でも、解像度という意味では、マクロレンズが勝っていますね。
対して、運用のしやすさは、56mmの圧勝です。


e0308416_2036253.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55mm-200mm F3.5-4.8 R LM OIS + CANON 500D / F6.4・1/800 / ISO2500 / JPEG(VELVIA)

チョウはチョウでも、シジミチョウクラスの小さなチョウが相手では、クローズアップレンズを付けたとしても、56mm/1.2では満足のいく大きさに写せません。
そこで、55-200mmズームにクローズアップレンズを付けてテレ端で撮影すれば、この写真の大きさで写せます。
このヤマトシジミを撮った時は足場が悪く、これ以上近づくと体の安定が保てませんでしたが、本当はもう少し寄れたので、さらに大きく写すことが可能です。


e0308416_20434589.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55mm-200mm F3.5-4.8 R LM OIS + CANON 500D / F7.1・1/500 / ISO400 / JPEG(VELVIA)

e0308416_20434847.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55mm-200mm F3.5-4.8 R LM OIS + CANON 500D / F8・1/500 / ISO640 / RAW

すぐ上の写真が、だいたい最大倍率で撮った写真です。
シジミちゃんをこれ位大きく写せれば、とりあえずチョウが相手では不足は無いと思います。

2つ上の写真では、逆光気味のシチュエーションなので、ワタクシなどはすぐフラッシュを弱めに焚きたくなりますが、残念ながらX-T1はハイスピードシンクロに対応していないのです。
う~ん・・・残念と言うよりは、何故?と言う疑問が先に浮かびますね。


e0308416_2051627.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55mm-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F5.6 AE / ISO400 / RAW

e0308416_2051630.jpg
 【秋葉山公園】 FUJIFILM X-T1 / XF 55mm-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / F4.8 AE(+0.3) / ISO400 / JPEG(VELVIA)

チョウもコミスジほどの大きさになれば、クローズアップレンズを付けなくても、テレ端でそこそこ大きく写せます。

本来、チョウが相手の時は、あまり近寄れないのが普通なので、寄れる望遠ズームで撮るのが一番です。
クローズアップレンズを付けると、撮影距離が限られてしまうので、あらゆる状況に対処できませんから。

このレンズはあまり寄れないので、もう少し寄れるズーム(200 OR 300mmの単焦点でも良いけれど)を出して欲しいですね。



もうすぐゴールデンウィークですね。
ワタクシも仕事の予定がないので、思う存分、昆虫や花マクロを楽しみたいと思っています。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-04-27 20:58 | 昆虫たち | Comments(8)
Commented by slowhanded at 2014-04-27 21:09
やはりFuji Filmの色はきれいだなぁ。(・∀・)イイ!!

ピンもクッキリハッキリで気持ちいいくらいですな。
フラッシュの使い勝手についてはいわゆる2強が
秀でているようですね。その辺りも含めてプロ対応
ができているってことなのでしょうな。( ̄-  ̄ ) ンー
Commented by kame3z at 2014-04-27 23:30
発色が素晴らしいですね !
記憶色にも近いような気がします。
ここまで持ってくるのに、かなり苦労されたのでは。。。
構図で一番好きなのは、最後のお写真です。
蝶の(羽の)面に対して、
カメラ・レンズを限りなく水平になるように構え、
絞りを開き気味(と言うか開放)にしていますね !
私の好きな撮り方です。

ところで、手持ちフォーサーズレンズのうち、
ED50Macroと、VE14-150を処分しようかと思っています。
50Macroはマクロプラナー50と被るし、
VE14-150は、出張以外の出番が少なくなりました。
出張用には、ED12-40が良いのかなぁ〜と。。。
あと、ついポチってしまった○○○○が(汗)

Commented by 海牛 at 2014-04-28 22:05 x
チョウチョは甲虫と同じく許せる昆虫です(笑
でも、蛾はダメ。
特に白くて大きい蛾は、夜、カブトムシを獲りに電灯周りに行った時、眼鏡にバサッと止まったのがトラウマで。。。orz
さて、
富士は、赤の飽和はどうなんでしょうか?2枚目はなんかそんな気配がしますが、どうでしょう?

最後の蝶は見たことないですね。
目を向けると、色んな蝶が居るんですね。
Commented by inakichi88 at 2014-04-28 23:09
slowさん、こんばんは。

フジの色は、なんでしょう、単純な高彩度とはちょっと違う気がします。
ポジフィルムっぽいかというと、そうでもないようですし、「記憶色重視」と聞きますが、そもそも人によって記憶色なんて違うでしょうし・・・

ま、綺麗ならいいか(笑)
Commented by inakichi88 at 2014-04-28 23:15
フォトンさん、こんばんは。

>ここまで持ってくるのに、かなり苦労されたのでは。。。

それがねぇ、最後の写真なんて、JPEG撮って出しなんです。
D7100などに比べると、同じAPS-Cでも白飛びに弱い、と言うか、わざとハイライトを飛ばす画作りのようでして、そのような画像はRAW現像しております。
露出を少し控えめにしたJPEGは、そのままでも十分使える画質です。

>あと、ついポチってしまった○○○○が(汗)

今度は何でしょうか?
フォトンさんに足りないと言えば、75-300の望遠ズームかなぁ。
全然そそられないのでしょうが、背に腹は代えられませんものねぇ。
と、勝手に想像しています(笑)
Commented by inakichi88 at 2014-04-28 23:19
海牛さん、こんばんは。

あら?蛾はダメですか?
昼間はあまり見かけないので、ワタクシは是非にも撮りたい被写体です。
特に大きなヤツに出会えたら、大興奮すると思います(笑)

フジ機は赤系には大変強いと思います。
と言うか、他社機が弱いのかも。
特にマゼンタは、他社機では色相がずれることが多いのですが、フジではとても良い色が出ると感じています。
少なくとも今までは、一度も色飽和を感じたことはありません。

最後のチョウはコミスジと言うのですが、確かに見かけることはそれほど多くありません。
この種類のチョウは、羽を動かした後、しばらく滑空することを繰り返すので、遠くからでもすぐ分かります。
Commented by bariv_vb at 2014-04-29 14:52
X-T1と SIGMA 150mm ですかぁ…
こんな作例、他では見れませんね。
いいなぁ…


Commented by inakichi88 at 2014-04-29 17:16
カモさん、
ははは、「ビバ使い回し!」って感じです。
やっぱり使い勝手は悪いですよ~。
<< フジのフィルムシミュレーション D4入院中につき >>