とうとう五十路になりました ~ いなきち

FUJINON XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS

X-T1用に買った2本目の純正レンズ - FUJINON XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS。
一昨日の記事で述べたように、クローズアップレンズを併用した昆虫マクロ撮影が第一の目的です。
でも、素のままでもなかなかの描写なので、何枚かご紹介したいと思います。


e0308416_21591419.jpg
 【能島】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / 200mm / F6.4 AE / ISO800 / RAW

e0308416_21591885.jpg
 【能島】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / 200mm / F6.4 AE(+0.7) / ISO800 / RAW

このレンズで一番使うのは、恐らく望遠端だと思いますが、これが思っていた以上の解像度です。
撮影距離が伸びるに従い、急速に解像感が失われるようですが、それでもそこそこ以上の写りです。
スペックを見ると、そそられる理由が一つも見つかりませんが、レンズってスペックだけじゃないですね。
もっとも、カメラのお陰かも知れませんが・・・


e0308416_2241995.jpg
 【天王南】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / 55mm / F3.5 AE(+0.7) / ISO2000 / RAW

e0308416_2243821.jpg
 【葵区・麻機】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / 55mm / F16 AE / ISO640 / JPEG(PROVIA)

望遠端の次に使うのは、やはり広角端でしょうか。
これがなかなかよろしいのです。
四隅まで均一性があり、ピシッとしています。

ズームレンズって、結局は両端しか使わないですよねぇ(笑)


e0308416_22114870.jpg
 【能島】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / 105mm / F7.1 AE(-0.3) / ISO800 / JPEG(PRO NEG. HI)

e0308416_22115068.jpg
 【相生町】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / 90mm / F7.1 AE(+0.3) / ISO200 / RAW

ズーム中間域も、相当画質は優れています。
ボケ味も嫌みが無く、使いやすいレンズだと言えます。


e0308416_2242660.jpg
 【相生町】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / 55mm / F3.5 AE(+0.3) / ISO400 / RAW

e0308416_2214408.jpg
 【天神】 FUJIFILM X-T1 / XF 55-200mm F3.5-4.8 R LM OIS / 90mm / F3.5 AE(+0.3) / ISO200 / RAW

街中のスナップでも、時々は気分転換のつもりで使ってみるのもアリだと思います。
欲を言えば、もう少し広角側が広ければ、スナップでは使いやすいのですが。。。


X-T1の操作性には、大分慣れてきました。
でも、慣れるに従い、今度は別な点が気になり出しました、色々と。
とりあえず、一番の問題は測光精度でしょうか。

な~んか、おかしいのです。
大体の場合、露出が明るく出過るのですが、たまに予想外に暗く出ることもあり、その区別が付けられず、これは慣れるのに大変そうだと感じています。

あと、かなり白飛びし易いゾ、と。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-04-22 22:32 | カメラやレンズ
<< こんなの、あり? 大発見! アブラムシサイズの猿!! >>