とうとう五十路になりました ~ いなきち

X-T1での昆虫撮影

昨日今日と、X-T1でのマクロ撮影を試みました。
今日はその中の昆虫マクロをご紹介しつつ、使用感などについてお話ししたいと思います。

昆虫撮影は、自然光で撮る場合とフラッシュを使う場合の2通りがあります。
ワタクシの場合は、絞り込んでのフラッシュ撮影が多いです。
小さな昆虫の隅々までシャープに撮りたいので、絞り込むことによる小絞りボケは覚悟して、被写界深度を優先させたいからです。

とは言え、昨日の花マクロの記事でも少し触れましたが、フジ純正のクリップオンフラッシュを所有していないので、他社製フラッシュをマニュアル発光させて使いました。

まずは、フラッシュを使わない写真からご覧頂こうかと思います。

※※以下、絞り値は推測です。ワタクシ所有のニコンレンズ用アダプタは、絞り開閉が可能ですが、クリックストップがないため、実際に設定した絞り値がわかりません。


e0308416_190415.jpg
 【飯田町】 FUJIFILM X-T1 / TAMRON SP 90mm F2.8 MACRO(52BB) / F8 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

e0308416_1923551.jpg
 【八坂東】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F11 AE(+0.3) / ISO800 / RAW

e0308416_1923148.jpg
 【飯田町】 FUJIFILM X-T1 / TAMRON SP 90mm F2.8 MACRO(52BB) / F8 AE / ISO1600 / RAW

一番最初に申し上げることと言えば、やはりMFでのピント合わせの問題です。
とにかく、ピントが合わせにくい。
これに尽きます。

大抵の昆虫は、悠長に写真を撮る時間はありません。
例えばチョウなどは、止まっていたとしてもすぐに飛び立ってしまうので、パッと近づいてササッと撮らなければいけません。
また、テントウムシなどは、絶えず動いていることが多く、微妙にファインダで動きを追いながら、ピントが合った瞬間、いや、ピントが合うタイミングを見越してシャッターを押さなければ撮れません。

と言うことは、拡大表示を使っている暇はなく、通常表示のままピントを合わせなければいけません。
ところが、これが辛い。
この2日間では、ピントが合う打率は1割以下。
これでは話しになりません。

EVFの遅延表示については、実はそれほど気になりませんでした。
それよりも、単純に液晶EVFの見え方が問題です。
被写体のコントラストにもよりますが、少なくともテントウムシでは全くと言って良いほど、ピントの山がわかりません。
ピーキングも当てになりません。
スプリットイメージ?・・・全然見えませんね。

ここに上げた3枚の写真は、数多くの犠牲の上に得られた奇跡の写真、と言ってもよろしいかと(笑)

念を押しておきますが、これはあくまでピントが非常に薄く、被写体が昆虫の場合のマクロ撮影でのことです。
通常のスナップなどでは、よほど絞りを開けない限り、ピントは問題ありません(多分)。


続いて、フラッシュ撮影です。


e0308416_19203460.jpg
 【八坂西】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F16・1/180 / ISO1600 / NIKON SB-910 / JPEG(PROVIA)

e0308416_1920378.jpg
 【八坂西】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG OS HSM / F16・1/180 / ISO1600 / NIKON SB-910 / JPEG(PROVIA)

e0308416_1934789.jpg
 【能島】 FUJIFILM X-T1 / TAMRON SP 90mm F2.8 MACRO(52BB) / F11・1/180 / ISO400 / 付属フラッシュ / JPEG(VELVIA)


社外製フラッシュだと、設定が少し難しいです。
と言っても、別にマニュアル調光が難しい訳ではありません。
ワタクシはニコン機でも、時々はマニュアル調光を使っているせいで、設定値はそれほど苦も無く求めることができます。
ところが、フラッシュに設定する焦点距離、これが意外と曲者なのです。

フラッシュに設定する焦点距離は、フラッシュ光の広がり具合に関わってきます。
短い焦点距離だと、フラッシュ光は横に広がって発光し、長い焦点距離では、光が広がらずに発光します。
と言うことは、長い焦点距離を入力すると、被写体に当たる発光量が増えるんですね。

これだけのことならまだ良いのですが、光を回すためのディフューザを使い、場合によっては、フラッシュに付いているワイドパネルも併用したので、うまく光をコントロールできませんでした。
テントウムシの頭のテカリが強すぎて、解像感が喪失しているのは、フラッシュの設定が悪かったせいだと思います。

対して、シジミチョウの写真は、上手に調光できています。
この写真は、X-T1に付属するフラッシュを使って撮りました。
さすがは純正品ですね。
さらに、写りも大変上等で、社外品のフラッシュを使った時よりは、かなり鮮鋭度を感じる写真になっています。
もしかしたら、社外品のフラッシュを使った場合、微妙な調光ムラや、発光タイミングのズレなどにより、写りに影響が出ているのかも知れません。


e0308416_1941143.jpg
 【飯田町】 FUJIFILM X-T1 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED / F11・1/180 / ISO400 / OLYMPUS FL-600R / RAW

e0308416_1941344.jpg
 【飯田町】 FUJIFILM X-T1 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED / F16・1/180 / ISO1600 / OLYMPUS FL-600R / RAW

いやぁ、どうにもしっくりきません。
ピントを合わせるのが難しく、ほとんど勘に頼って撮るのは、撮っていてあまり楽しいものではありません。

また、シャッターを押してから実際にシャッターが切れるまでの時間が少し長めに感じ、テンポ良く撮ることを阻害しています。
いや、ひょっとしたら、カメラ設定で表示させていたEVFのポストビューを切れば、少しはテンポが保てるかも知れません。
今度やってみましょう。


e0308416_19491710.jpg
 【飯田町】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 35mm F1.4 + KENKO 1.4X TELEPLUS MC4 DGX / F16・1/180 / ISO800 / OLYMPUS STF-22 / RAW

e0308416_19491911.jpg
 【八坂北】 FUJIFILM X-T1 / SIGMA 35mm F1.4 + KENKO 1.4X TELEPLUS MC4 DGX / F16・1/180 / ISO640 / OLYMPUS STF-22 / RAW

X-T1は、いっそのことこのような広角レンズを用いたマクロ?専用とした方が、幸せなのかも知れません。
いや、それじゃあつまらないなぁ。。。


まぁ、こんな感じで、結論を出すのは先送りしますが、少なくともMFでのマクロ撮影は、快適な撮影とはほど遠く、少々厳しい感じです。
問題は、純正レンズのAFがどこまで効くのか、と言うことに尽きます。
もし、昆虫相手の高倍率撮影でも、かなりのピント精度が得られるのなら、話しは変わってきます。
積極的にX-T1を使っても良いかなぁ、となりますもの。

でも、MFを強いられるとなると・・・う~ん、マクロ好きとしては、X-T1を買ったことを後悔することになるでしょうね。


ちなみに、X-T1での昆虫マクロに嫌気をなし、今日の午後からはD4を持ち出しました。

見えまくるピントの山。
MFで当たりまくるピント。(ちょっとウソ)
小気味よいシャッターフィーリング。

まるで別次元の満足感でしたよ~。


e0308416_2003252.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II /
F16(F32) AE / ISO500 / NIKON SB-910 / RAW

e0308416_2003064.jpg
 【八坂西】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II /
F22(F45) AE / ISO3200 / NIKON SB-910 / RAW


使いやすくテンポ良く撮れる撮影機材だと、構図のバリエーションなどを考える余裕が生まれ、このことが写真に幅を与えてくれると思います。

ピント合わせだけで精一杯だと、結局撮っていて楽しくないですね~。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-04-13 20:07 | 昆虫たち | Comments(6)
Commented by 海牛 at 2014-04-14 00:01 x
いなきちさん、プロ機には敵いませんよー(笑
比べるのが酷です。
遠い被写体の目に合わせる鳥なんかで考えると、望遠でのMFのピント合わせも難しいでしょうね。X-T1。
高感度が良好だったり、EVFの表示遅延が世界最小値との謳い文句だったから、長玉が出たら面白いかもと考えていましたが。。。
黄色いテントウムシは見たことないですね。
何というのですか?
アカハネナガウンカを撮影出来ましたら、是非とも教えてください。
ずーっと、撮影したいと思っておりまして。。。
Commented by inakichi88 at 2014-04-14 00:23
海牛さん、こんばんは。

>プロ機には敵いませんよー(笑

いや~、そうなんでしょうけど、つい(笑)
期待が大きいと、ガッカリも大きいですねぇ。
いつも通り、宣伝文句に踊らされました(爆)

超望遠のMFはどうでしょうねぇ。
マクロよりは拡大表示を活用できそうです。
ボルグなんて面白そうですが、やはり三脚前提になると思います。
オリンパスのように手ブレ補正があれば別ですが・・・
E-M1の方が、鳥には向いているんじゃないでしょうか。

下から2番目の子は、ナミテントウの紅型です。
今回のブログに載せた子は、一番最後を覗いた全部がナミテントウです。
ナミテントウは模様の種類がたくさんあるんです。

一番最後は、ナナホシテントウです。
色が少し黄色に見えますが、実際はもう少し赤かったです。
Commented by kalak at 2014-04-14 09:30
2日続けてのマクロ、ありがとうございました。
私には辛抱できません。X-T1への憧れが少し減りました。
それにしても大変なご努力でしたね。
X-T1とD4の画像には違いがありすぎますね。
Commented by kame3z at 2014-04-14 22:02
人柱、お疲れさまです(笑)
このカメラは、写りは素晴らしいと思いますが、
まだ、システムとして熟れていないのでしょうね。。。
純正の本数が少ないし、レンズメーカーは皆無 ??

マクロが難しいということは、海牛さんの言う通り、
望遠系もピント合わせが難しそうですね !
用途が、当分、スナップに限定されるとなると、
Nikonからは離れられませんね。。。

マクロでMF撮影は、確かに疲れます !
苦労が多い割には、ピンボケが多いので、
エネルギー・精力を無駄使いしているようで、
時々、腹が立ちますよ !
Commented by inakichi88 at 2014-04-14 23:38
kalakさん、こんばんは。
色々文句を書いていますが、じつはかなり気に入っています。
画質、特に色合いが素晴らしいので、操作性の悪さは我慢できそうです。
シグマのSDシリーズに通じるものがあるかも知れませんね。

ぜひ!(笑)
Commented by inakichi88 at 2014-04-14 23:43
フォトンさん、こんばんは。

>まだ、システムとして熟れていないのでしょうね。。。

その一言に集約されると思います。
ファームアップで直せるところは直すのでしょうが、それなら最初から直して出せ、と言いたくなります。

純正レンズは、高性能な単焦点に絞っているようです。
純正以外はZEISSがあります。しかも、それほど高くないのです。
本数は少ないけれど、なかなかそそるものがたくさんあって、今後の選択に非常に悩んでいます。

仰る通り、用途はスナップメインになりますね。
それならば、こんな一眼タイプのボディーは要らない訳で、X-E2と言う小型タイプにしても良かったかなぁ(爆)

MFはD4に任せることにします(笑)
<< X-T1 - 一週間使ってみて X-T1でのマクロ撮影、本格始... >>