とうとう五十路になりました ~ いなきち

X-T1でのマクロ撮影、本格始動っ!。。。あれれ?

さて、X-T1のマクロ撮影についてです。

とにかくJPEGの色が綺麗なので、花マクロに使わずして何に使うんだ~。
と言う意気込みで、朝から勇んで出かけて来ました。

レンズはとりあえず、タムロンのSP90(52BB)をアダプタ経由で使用しました。
AFが効くXマウントのマクロレンズは、まだ買う決心がついていませんから。
いえ、買うことは既に決めていますが、純正にするかZEISSにするか、悩みに悩んでいるので~す。


※以下、絞り値は推測です。何に設定したか、覚えてないんだもの(爆)

e0308416_20213471.jpg
 【飯田町】 FUJIFILM X-T1 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO(52BB) / F5.6 AE(-0.7) / ISO400 / JPEG(VELVIA)

取り出してすぐ、あれれれれ・・・
ピントが全然合いません。
歩留まりが、もの凄~く悪いのです。
いきなり空一面に暗雲が立ちこめてきた感じです。

ワタクシの撮り方としては、基本的に拡大表示は使いません。
確かに拡大表示はピントを合わせるには便利ですが、合焦させた状態でシャッターを押すと、通常表示に戻ってからシャッターが切れます。
この表示が一旦戻るタイムラグが、大変鬱陶しいのです。
気持ち的に鬱陶しいと言うだけではありません。
そこそこの倍率の撮影だと、表示が戻る間に、ピントがどうしてもずれてしまうのです。
(あ、もちろん、手持ちの話しですよ~。)

と言うことで、通常表示のままピントを探るのですが、被写体によって、ピントの山が全く掴めないことがあるのです。
X-T1のEVFは、一見素晴らしい見え方をするのですが、マクロ撮影の薄いピントの山を通常表示のまま掴むとなると、D4クラスのOVFには当然としても、中級機のそれにすら敵わないと思います。
もっとも、この辺りは慣れによる勘が働く部分もありますから、結論を出すのはもう少し先で良いかもしれません。

上の写真、黒いシベの手前部分にピントを合わせましたが、この部分は暗く、コントラストが低いので、ピントを合わせるのが非常に難しかったです。


e0308416_2040451.jpg
 【飯田町】 FUJIFILM X-T1 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO(52BB) / F8・1/500 / ISO200 / OLYMPUS FL-600R / RAW

何とかピントを合わせやすくしたくて、無理だと思いつつもピーキング機能を使ってみました。

この写真の場合だと、花びらの表面に付いた小さな突起には反応して表示されましたが、ピントを合わせたいイソギンチャク(笑)の部分には無反応でした。
ピントを当てたい部分のコントラストが高ければ、それなりに使える可能性もありますが、マクロ撮影では精度的にジャスピンは無理かも知れませんね。

ところでこの写真、花のこちら側が少し影になっていたので、フラッシュを焚いて撮りました。
フジの純正フラッシュは持っていません(と言うか、買うつもり無し)ので、オリンパスの比較的小型のフラッシュをマニュアルで微発光させました。
実は、純正フラッシュを買わないのには、ちゃんとした理由があるのです。

X-T1を買ってから、良くも悪くもビックリしたことがたくさんありますが、シンクロスピードが1/180だったのには悪い意味でビックリしたことの一つです。
これでは、フラッシュを焚いたとしても、高倍率撮影時での手ブレがちょっと不安です。
また、絞りを開けた場合の補助光としての運用に、少しだけですが制限ができてしまいます。
ハイスピードシンクロ(HSS)ができれば、純正フラッシュを買う大きな理由になりますが、どうやらX-T1はHSSに対応してはいないようなんです。

そこで、社外品の出番です。

純正フラッシュを使う時は、当然1/180以上の早いシャッターを切れません。
ところが、社外品ならノーマーク。
どれほど早いシャッター速度でもシャッターは切れ、フラッシュはちゃんと発光します。
でも、当然シャッター幕でケラレが生じますが、ワタクシが試したところ、どうやら1/200まではケラレなく撮れます。

ん?上の写真のシャッター速度は、1/500ですよね。
なぜケラレがないのか・・・
実はこの写真、ケラレているのですが、それが目立たないだけなのです。

撮影時の露出(F8・1/500・ISO200)は、定常光だけでほぼ適正露出と言って良い値です。
その状況でフラッシュを微発光させているので、ケラレた部分が見た目では全く分からないのですね。
少々裏技的な使い方ですが、ま、こんな使い方もあると言うことで。


e0308416_21142435.jpg
 【高橋3丁目】 FUJIFILM X-T1 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO(52BB) / F4 AE(-0.3) / ISO200 / RAW

このような写真は、ピントの問題はありません。
拡大表示で安心して撮ることが出来ますから。
被写体までの距離が長く、被写界深度も十分稼げるので、拡大表示から戻る時のタイムラグの影響はありません。
ちなみに、この被写体だと、(恐らくですが)ピーキングは機能しないか、機能したとしても精度が怪しいと思います。


e0308416_21183690.jpg
 【能島】 FUJIFILM X-T1 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO(52BB) / F5.6 AE(-0.3) / ISO500 / JPEG(VELVIA)

とても意外だったのが、ツツジの長いシベの先には、拡大表示しなくてもピントがドンピシャリでした。
それも、何度やってもバチピン。偶然じゃあなさそうです。
それほどコントラストが高いとは思えませんが、花びらの白い色とシベのピンクの対比が見やすかったのでしょうかねぇ。


そろそろ文章を書くのが面倒くさくなってきました(笑)
適当に写真を上げて、お仕舞いにしま~す。


e0308416_21244982.jpg
 【能島】 FUJIFILM X-T1 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO(52BB) / F4 AE(-0.3) / ISO320 / JPEG(VELVIA)

e0308416_21245146.jpg
 【天王南】 FUJIFILM X-T1 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO(52BB) / F8 AE(+0.3) / ISO200 / JPEG(VELVIA)

e0308416_21245314.jpg
 【高部みずべ公園】 FUJIFILM X-T1 / TAMRON SP 90mm F2.5 MACRO(52BB) / F5.6 AE(-0.3) / ISO800 / RAW


やっぱり、X-T1の色合いはステキです。
花の色を、実に情感たっぷりに表しているように思えます。
本当の色かどうかはわかりませんが(笑)
それに、APS-C機のくせに、高感度にとても強いのです。

じゃあ、マクロ撮影に最適かと言うと、そうとは思えません。
どちらかと言うと不向きかもしれません。
少なくともMFでは・・・

今日撮った写真の一部を、サムネイルでお見せします。

e0308416_2130674.jpg


ちょっと分かり難いのですが、写真がグレーアウトしているのが、ピントが外れていたボツ写真です。
ワタクシの技術の稚拙さを差し引いたとしても、驚くほど歩留まりが悪いでしょ?

実は、ボツ写真の大半は、昆虫を狙った写真です。
明日のブログで詳しく書くつもりですが、とにかく昆虫を撮るには全然ダメ。
と、今のところはダメ出しをしておきます。


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-04-12 21:34 | 路傍の花
<< X-T1での昆虫撮影 X-T1でレンズが化けたお話し >>