とうとう五十路になりました ~ いなきち

しばらく桜が続きます

今日は仕事が休みだというのに、間の悪いことに朝から雨。
ゆっくり起きて、午後から過去の写真の整理などをしておりましたが、ふと3時過ぎに外を見ると、すっかり雨が止んで綺麗な青空が出ているじゃありませんか!
急いで支度をして、近所の公園へ直行しました。

機材は、D4と純正105マクロです。
いつもシグマ150マクロばかり使っていると、ちょっと可哀想だし、へそを曲げられても困りますもの(笑)


今回から、写真の下に示してある撮影情報中の絞り値を、今までの露出倍数を加味した「実絞り」表記から、露出倍数を抜いた「設定絞り」表記に変更します。
また、実絞り値については、カッコ付きで絞り値の後に載せてあります。
ニコンは、伝統的に露出倍数を加味した実絞り値をEXIFに記録しておりますが、露出倍数を抜いた設定絞り値を示した方が、他社機をお使いの方のみならず、皆さんのご参考になるかと思うからです。
また、両方の絞り値の差からマクロ時の撮影倍数がわかるので、これも皆さんのご参考になるのではないかと思います。
「設定」という言葉が正しいかどうか、疑問は残りますが・・・



e0308416_21465690.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED / F3.6(F4) AE / ISO400 / RAW

家から歩いて3分の公園は、雨上がりの清々しさに満ちあふれていました。
普段は撮らないこんな構図も、後に桜の木ががあるからこそです。


e0308416_21505442.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F2.8(F4) AE(+0.3) / ISO400 / RAW

今日は少し意識して、遠景も撮るように心がけました。
とは言え、題材をどこに求めるか、とても悩みました・・・
と言うのはウソで、いつも通り適当に撮りました(爆)


e0308416_2212792.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED / F4.5(F5) AE(+0.3) / ISO400 / RAW

この純正マクロは、なかなかの性能だと思っていますが、色収差が多めなのが欠点です。
例えば、この写真の中央から左やや上に伸びる2本の細い枝をご覧下さい。
ボケが緑色をしているのがお分かり頂けるかと思います。
これ、非常に見苦しいですし、解像感の消失にもつながります。

困ったことに、緑色以外にも紫色の色収差も多めに発生するので、色収差が嫌いな方はむやみに飛びつかない方がよろしいかと思います。
色収差以外は、解像度、ボケ味とも、なかなかのレンズだと思います。


e0308416_2253811.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED / F2.8(F3.2) AE(+0.3) / ISO400 / RAW

桜の花を現像する時、ワタクシの場合、コントラストをかなり下げることが多いです。
桜が持つ、淡くてはかない清楚なイメージを表すには、コントラストは不要だと思うからです。
その代わり、他の花では滅多に行わない、彩度を上げることを基本方針としています。


e0308416_229449.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED / F2.8(F4.2) AE(+0.3) + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / ISO400 / RAW

e0308416_2294642.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED / F2.8(F3.5) AE / ISO400 / RAW

でも、たまには高コントラストもよろしいかと(笑)
ちょっとポジ風な濃い表現もまた、桜には似合うのかも知れませんね。

今日は風が強かったので、花の形が崩れることが多く、なかなか綺麗な形に撮れなかったです(涙)


e0308416_22151939.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED / F5.6(F6.3) AE(+0.3) / ISO400 / RAW

e0308416_22152114.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED / F3.2(F4.5) AE(+1.0) / ISO400 / RAW

逆光に透ける花も、なかなか趣があってよろしいですね。
逆光で撮るなら、太陽が低く光が斜めに差す方が、表情豊かな画になると思います。


今日は慌てて出かけたので、ISOが400になっていることにずっと気が付きませんでした(笑)


*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-03-30 22:27 | 路傍の花 | Comments(6)
Commented by kame3z at 2014-03-31 00:17
Nikkor 105mmは、なかなか良いですね !
発色も自然な感じがします。
と言うか、段々、Nikonの発色に馴らされてきた ??
最近、あまり不自然に感じなくなってきました。
これが本来の色なんですかねぇ〜

シグマのマクロレンズも良いのですが、
レンズがデッカくて重いのが欠点ですね !
特に180Macroは、超望遠並みの大きさ・重さです。
SP90Macroの方が軽くて小さいので、出動回数が多いです。
Nikkor 105mmも、手頃な大きさでは ?

Commented by 海牛 at 2014-03-31 00:18 x
写真で、いなきちさんやフォトンさんと違うと感じたことは、
お二方はボケを撮っているのに対して、そんなのお構いなしに日の丸構図一本で撮ってる自分です。
鳥でボケは難しいと思いますです。
Commented by bariv_vb at 2014-03-31 07:23
普段撮られない、そんな構図が大好きです(笑)
色収差ってこういうコトなんですね。
よく言葉は見かけるのですが
気にもせず…(;´Д`)
意味もあまり分からず…(;´Д`)

こちらは桜は3分咲きですかね。
今週末までおあずけです。
Commented by inakichi88 at 2014-03-31 22:07
フォトンさん、
純正150ミリは優秀なレンズだと思います。
が、シグマ150ミリと比べると、やはりシグマの方が素晴らしい写りです。
純正は色収差が酷いんですよ。
これならタムロンの新型SP90を選んでおいた方が、幸せになれそうな気もします。

ところで、2枚目の画像は、いわゆる「グルグルボケ」っぽくないでしょうか?
今見直すと、そのように感じたものですから。

ワタクシも、段々とニコンの色に慣れてしまったようです。
ただ、やはり緑色がうまく出ない場合が多いですね。

シグマ180マクロの写りの良さは、フォトンさんが実証済みですが、確かに重さがネックですね。
特に昆虫撮りでは、苦労しそうな感じです。
Commented by inakichi88 at 2014-03-31 22:11
海牛さん、
マクロだと、ぼかしたくないのに勝手にボケてしまうんです(笑)
ボケのおかげで主題がハッキリする、ってことはあると思いますが、特に昆虫を撮る時はなるべく全体をシャープに写したいので困ります。

ワタクシの場合、ボケを意識すると言うよりは、被写界深度優先で撮っています。
ボケ具合ではなく、どこまでピントを当てたいかによって、絞りを選択します。
ほとんどの場合、背景のボケは成り行きまかせです。
Commented by inakichi88 at 2014-03-31 22:14
カモさん、こんばんは。
そちらはまだ三分咲きですか。
東京は既に満開宣言が出たようで、こちら静岡より早いようです。

色収差は後処理で直すことができる場合もあるのですが、このレンズは少し出過ぎで、後処理でも撮りきることが難しい場合が多いです。
<< ちょびっとだけ昆虫を これって何ですか? >>