とうとう五十路になりました ~ いなきち

高感度はレンズを選ぶ、多分。

オールドレンズ遊びをしていると、よほど悪いレンズでなければ、驚くほど画質が良いのを感じます。
特に解像度については、現代の普及版レンズより良いのではないでしょうか。
もちろん、そうじゃ無いレンズもたくさんありますが。。。

ところが、画質の良さには一つ注釈が付きます。
それは、「低感度で撮る」こと。
高感度になると解像感が失われ、突然画質が乱れるようです。
D7100の場合は、だいたいISO800を超えると、もうオールドレンズは全滅という印象です。


e0308416_20153696.jpg
 【高橋3丁目】 NIKON D7100 / TAMRON 300mm F5.6(CT-300) / F8・1/500 / ISO1400 / RAW ※対DX1.3xモード

e0308416_20153978.jpg
 【高部みずべ公園】 NIKON D7100 / TAMRON 300mm F5.6(CT-300) / F11・1/400 / ISO1100 / RAW

e0308416_20154078.jpg
 【能島】 NIKON D7100 / TAMRON 300mm F5.6(CT-300) / F11・1/800 / ISO900 / RAW

このレンズは、フォトンさんから頂いたものですが、アダプトール2が出る以前のアダプトール対応レンズです。
タムロンのホームページによると、「1976年販売開始~1979年販売終了(推定)」と言う,昔のレンズにしてはかなり短命なレンズです。
「推定」と言うことは、タムロンにさえ正確な記録がないのですね~(驚)

D7100は高画素機ですので、高感度にはそれほど強くありません、と言うか、弱い(笑)
とは言え、何と比べるかにもよるので、「弱い」と言い切るのは可哀想かも。。。
現に、新しいレンズ-例えばシグマの35/1.4などで撮ると、がんばればISO3200までいけます。

ところが、このレンズを付けると、高感度域ではどうやってもピントが合いません。
いや、正確に言うと、「ピントは合っているかも知れないが、それが分からない」と言うべきか・・
高感度域では、ノイズのせいで解像度が乱れて、合焦判断が付かないのですよ。

このレンズの低感度は、少々線は太いものの解像度はかなり高く、抜けの良い画像が得られるのです。
この辺りが他のレンズも含めて、オールドレンズ使用の難しいところでしょうか。


e0308416_20312338.jpg
 【能島】 NIKON D7100 / TAMRON 300mm F5.6(CT-300) + KENKO DG EXTENSION TUBE(36mm) / F8・1/800 / ISO1400 / RAW ※対DX1.3xモード

e0308416_20312533.jpg
 【能島】 NIKON D7100 / TAMRON 300mm F5.6(CT-300) + KENKO DG EXTENSION TUBE(36mm) / F8・1/800 / ISO1000 / RAW ※対DX1.3xモード

e0308416_20312761.jpg
 【高部みずべ公園】 NIKON D7100 / TAMRON 300mm F5.6(CT-300) + KENKO DG EXTENSION TUBE(36mm) / F8・1/800 / ISO720 / RAW ※対DX1.3xモード

このレンズの最短撮影距離は2.5メートル。
全然、寄れません(笑)
そこで、花を撮る時はいつもエクステを付けるのですが、それでもかなり離れないといけません。
これが良いのか悪いのか、微妙なところです。

背景の状況にも依りますが、タムロン伝統のボケ味の良さを感じます。


最期に奇跡の一枚を(笑)

e0308416_20371332.jpg
 【能島】 NIKON D7100 / TAMRON 300mm F5.6(CT-300) / F11・1/800 / ISO720 / RAW ※対DX1.3xモード

上の等倍拡大
e0308416_20371578.jpg



午後5時ころ、巴川沿いを散歩していたら、川の上をなにやらヒラヒラ舞っているものが。。。
一瞬チョウかとおもいましたが、そんなはずはありませんね(笑)
よくよく見ると、コウモリでした。

コウモリは家の周りで普通に見られますが、まだ陽が高い時間に見ることは希で、何かに追われているようなめちゃくちゃな動きをしばらく観察していました。

ん?
無理だと思うケド、ちょっと挑戦してみるぅ~?

と、自分に問いかけて、挑戦開始。

被写体までは、近くて10メートル、遠くて30メートル。
なにせフラフラ飛んでいるので、全然軌道が読めません。
換算450mmのファインダ像で追うのは、思っていた通りかなりの難行です。

それでも、連写している内に当たりは出るもので、合計30枚撮った内で、4枚はまあまあ、そしてこの1枚がベストカットでした。

等倍画像を見ると、そこそこコウモリの構造が分かるので、これは大きな成果と言って宜しいかと思います。
ちなみに、ノートリで~す。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2014-03-15 20:47 | 路傍の花
<< 待ちに待った春、間近 やっぱり大きく写したいなぁ >>