とうとう五十路になりました ~ いなきち

AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED の絞りによる変化

引き続き、AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDのお話しです。
今日は、絞り値による描写の変化を確かめてみます。

題材は昆虫ではなく花を選びました。
ワタクシが花を撮る場合、それほど高倍率な写真は撮りません。
ランタナ(七変化)を、ワタクシが好んで撮るアングルで撮ってみました。


撮影データ :
【飯田町】 NIKON D7100 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED / 絞り優先AE / RAW

ISO感度 :
F3.2 ~ F9 ・・・ ISO200
F14 ・・・ ISO250
F20 ・・・ ISO500
F29 ・・・ ISO1000
F36 ・・・ ISO1600

e0308416_21503053.jpg

e0308416_21502692.jpg

e0308416_21503262.jpg


手持ちですので、構図が微妙にずれていますが、いかがでしょうか?

ボケ味に関しては、いずれの絞りでも大変良好だと思います。
大きく絞った時でさえとても滑らかなボケですが、これは背景が被写体から距離があったと言う理由もありますね。

開放と1段絞った描写に関しては、それほど大きく変わらない印象です。
ややソフトな描写と思われがちですが、恐らく被写界深度が浅いため、ふんわりとした印象になっているだけだと思います。
また、出やすい色収差が、シャープさを阻害していることもあるのでしょうね。
いずれにしろワタクシの見立てでは、花を撮る場合は、開放から充分な解像度を持っていると思います。
昆虫では・・・微妙でしょうか。

上の写真で絞りの変化を見ていくと、F6.3(無限遠ではF5.6)で急に像が立ち上がったような、パキッとした印象を受けます。
上で述べたように、いずれの絞りでも解像度は充分ですが、中でも2段絞ったこの辺りの解像度が、一番高いのでしょうね。

ウエブ上の写真では分かり難いかも知れませんが、絞り込むにつれ、画像から滑らかさが失われやや硬調になります。
これは、RAW現像時にコントラストの制御が効きにくくなる、すなわち、階調が失われているということだと思います。
また、花のピンク色が濁り、汚くなってきます。
この程度の倍率だと、それほど絞ることはないとは思いますが、やはりそこそこの絞りで止めておいた方がよろしいようですね。

この写真を見る限り、開放付近でのシャープさは、断然シグマ150マクロの勝ちです。
しかし、その分絞った時の画質の良さは、このレンズの圧勝です。
絞りこんだ写真をうるさい目で見れば、もちろん画質の劣化が見られますが、シグマ150マクロに比べると、拡大して見ないという条件付きながら、充分に鑑賞に堪えられる画質だと思います。


e0308416_22281140.jpg
 【飯田町】 NIKON D7100 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F9 AE / ISO280 / RAW

e0308416_22281376.jpg
 【飯田町】 NIKON D7100 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED / F5.6 AE / ISO200 / JPEG

このレンズ、昆虫より花を撮る方がより似合っているかも知れません。
なかなかの質感だと思うのですが、いかがでしょうか?



e0308416_22321858.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D7100 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F16・1/200 / ISO200 / NIKON R1C1 / RAW ※対DX1.3xモード

e0308416_22322162.jpg
 【飯田町】 NIKON D7100 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED + Ai AF-S Teleconverter TC-14E II / F10 AE / ISO200 / RAW

e0308416_22322362.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D7100 / AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED / F8 AE / ISO200 / RAW

シグマの150マクロと比べると、当たり前ながら取り回しがかなり楽です。
このことは、素早く撮ることが要求される昆虫撮りには、とても大切なことです。
より離れて大きく撮れる150マクロの方が、使い勝手が良い部分もありますが、テレコンとの相性が思った以上によろしかったので、105ミリという焦点距離はそれほどマイナスにはなりません。

今度の撮影では、D4との相性と、x1.7テレコンを付けた場合の描写を見てみたいと思います。
・・・が、急に仕事が忙しくなり、出かけられるのはしばらく後になりそうです(涙)



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-10-29 22:40 | 路傍の花
<< ニコンでM42レンズ その2 AF-S VR Micro-N... >>