とうとう五十路になりました ~ いなきち

見直したぞ、60mmMicro

昆虫には少々使いにくい焦点距離だし、写りは平凡だなと感じていた、AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G
とっとと売り払おうかと思っていたのですが、フヨウなどの大型の花が咲き始めたので、近所の公園で改めてじっくり向き合ってみました。

結果・・・これは良い!
なかなかのレンズだと見直しましたよ!


同じ花を遠くから段々と近づいた形で撮ってみました。

e0308416_20365845.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G / F3.5 AE / ISO100 / RAW

e0308416_20373559.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G / F11 AE / ISO320 / RAW

e0308416_2038423.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G / F3.5 AE / ISO100 / RAW

e0308416_20382322.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G / F7.1 AE / ISO100 / RAW

いかがでしょうか、この写り。
優しく自然な印象で、端の隅々まで破綻がありません。
絞った時でも、ボケ具合は良好です。
口径食が見られるのは、ご愛敬と言うものでしょう。


e0308416_2041781.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G / F8 AE / ISO400 / RAW

上の等倍拡大
e0308416_2041922.jpg


解像度自体は、それほど高いと思いません。
しかし、実に線が細く、繊細な描写です。
1600万画素のD4ですら、この繊細さなんですから、D800Eで撮ったらどんな画が撮れるんでしょうか。
実に興味がありますね、フォトンさん!(笑)


e0308416_20433426.jpg
 【高橋公園】 NIKON D4 / AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G / F8 AE(+0.3) / ISO100 / RAW

近寄らないと大きく写せないのが、標準域マクロレンズの辛さです。
その代わり、被写界深度が深い!
普段、150mmマクロを使用しているワタクシには、合焦範囲が大変広く感じ、ピントの心配が減るのがとても嬉しいです。
このサルスベリの写真なんて、この近さ&F8で、これほどたくさんのシベにピントが当たるなんてちょっと衝撃的です(笑)


e0308416_20434166.jpg
 【高橋4丁目】 NIKON D4 / AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G / F5.6 AE(+0.3) / ISO100 / RAW

このレンズのF5.6は、素晴らしい鮮鋭度です。
開放から絞りを絞っていくと、F4までは周りの空気と溶け込んだような優しい写りに見えますが、F4を超えた辺りから、被写体の周囲の見えない層が被写体を周りと遮断し、異常なほどキリっとしたシャープな画像を結びます。
解像度が増すのでは無く、色分離が良くなる感じですね。


e0308416_20434457.jpg
 【高橋6丁目】 NIKON D4 / AF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G / F11 AE(+0.3) / ISO100 / RAW

マクロ域以外では、あまり絞るのは感心しません。
D4でさえも、小絞りボケが早めに始まるように感じます。
F8までに抑えておいた方が良さそうです。


う~む。
第一印象で決めず、何でもちゃんと使ってみるべきですね。

このレンズ、売るのは止めにしましょう。
スナップ的にも使えるし、なかなか面白そうですもの。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-09-03 20:55 | 路傍の花
<< 雨上がりの散歩 本日の虫たち(9月2日) >>