とうとう五十路になりました ~ いなきち

ニコンの露出

ニコン機の露出はどうもよくわかりません。
D4のレビューを見ると、「ほとんどのシーンで露出補正をしなくても大丈夫」などと書いてありますが、そりゃあなた、真っ赤な嘘でしょう、と思うのです。

D4を使い始めの頃(今でもそうだけど)は、「確かに!」と思うこともありました。
例えば、絞り値ごとの描写テストをする場合、絞りを段階的に変えながら同じ構図を維持しようとしても、手持ちだと毎カット少しずつ構図が変わります。
そのせいで、今までの機種だと毎カット露出がずれることなど日常茶飯事。
ところが、D4だと露出がずれることが極めて少ないのです。露出制御に安定性があるのですね。

特に街中のスナップなど、色々な輝度、色々な色がある場合、確かに露出は安定しています。
ところが、花マクロなどのクローズアップ撮影の場合、極端な色が画面の大半を占めると、途端によく分からない露出になります。
例えば、黄色の花が全面にある場合、通常はプラス補正しますよね。
ところが、花の中心部の種の部分が大きくて暗い場合は、不思議なことにマイナス補正が必要な場合もあるのです。スポット測光じゃないのにねぇ。
特に、アクティブDライティングを指定していると、もう、訳が分からない露出が出ます。

これは、91KピクセルRGBセンサーなるバケモノが、頭が良すぎるが故に考えすぎるのではないかと思うのです。
まぁ、最初からニコンを使っている方は、ノウハウがあるのでしょうが・・・
と言うことで、最近は諦めてあまり露出補正しないで撮るようにしています。

・・・あ!露出補正がいらないと言うのは、こう言うことだったのね!(爆)


e0308416_22314424.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8 AE(+1.0) / ISO400 / RAW

e0308416_22345250.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8 AE(+0.7) / ISO320 / RAW

e0308416_22345451.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F5.6 AE(+0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_22365454.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F4 AE(+1.0) / ISO200 / RAW

e0308416_22375675.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F5 AE(+0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_22375837.jpg
 【八坂北】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F5.6 AE / ISO200 / NIKON R1C1 / RAW

e0308416_22374776.jpg
 【飯田町】 NIKON D4 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8 AE(+0.3) / ISO400 / RAW


ところで、D7100の場合、D4の比じゃないほど露出制御がセンシティブです。
少しの構図のズレで、ころころ露出が変わります。
今までのカメラと同様な動きなので、こちらの方が違和感がないのが笑えます(爆)



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-06-16 22:46 | 路傍の花
<< ボケに快感・・・ 本日の虫たち(6月15日) >>