とうとう五十路になりました ~ いなきち

SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM

今日は一日中曇り空でした。

「花曇り」と言う言葉を思い出しましたが、正確には「桜の咲く頃の曇りの日」を指すようで、今の時期とは少し違うようですね。
とは言え、花マクロを撮るには絶好の日和。
それほど気温も上がらないので、メタボには有り難くもあります(笑)

夕方前の2時間ほど、シグマの105マクロをD7100に付けて、近所を一周してきました。



e0308416_20182811.jpg
 【飯田町】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F4.2 AE / ISO200 / RAW

e0308416_2019493.jpg
 【飯田町】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8 AE / ISO400 / RAW

e0308416_2019771.jpg
 【飯田町】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8 AE / ISO800 / RAW


このレンズ、ボケが自然で美しいですね。
最近のシグマのマクロレンズは、ボケ味を重視しているように思います。
解像度も全く問題ありませんね。

同じシグマの150マクロより軽い分、格段に取り扱いがしやすいです。
ただ、D7100と組み合わせる場合、ボディーが少々軽すぎて、フレーミングが安定しません。
ワタクシは縦グリ派なので、常時バッテリを入れた縦グリ(本体内のバッテリは無し)を付けていますが、それでも少し軽く感じます。
手ブレ防止のためには、本体と縦グリの両方にバッテリを入れた方が良いかも知れません。

D7100の手ブレには、最初の試写で嫌と言うほど煮え湯を飲まされた(笑)ので、遠慮無くISOオート(下限値200、上限値6400)を使用しました。


e0308416_20271260.jpg
 【高橋3丁目】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / 1/500 AE / ISO200 / RAW

e0308416_20271416.jpg
 【八坂北】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F8 AE / ISO320 / RAW

e0308416_20271569.jpg
 【高橋1丁目】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F3.3 AE / ISO280 / RAW


このレンズの唯一の欠点は、APOレンズでは無いことです。
少なくともD7100との組み合わせでは、色収差が思ったより大きく出ます。
色収差は、ハイライトボケの輪郭部に色にじみの形で出てくるので、せっかくのボケ味を殺してしまい、少々鬱陶しく感じます。(アップした写真は、後処理で色収差を消してあります)
これさえ無ければ、タムロンの代名詞であるSP90の良きライバルになれると思います。


e0308416_20333256.jpg
 【飯田町】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F5 AE(+0.3) / ISO200 / RAW

e0308416_2033344.jpg
 【飯田町】 NIKON D7100 / SIGMA MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM / F5 AE(+0.3) / ISO200 / RAW


色収差が気になりつつも、ハイキー調を試してみました。
これはイイですねぇ。
このレンズは柔らかな写りが得意なのか、なかなかの質感だと思います。

シグマの写りと言えば、どちらかと言えば男性的なイメージでしたが、それを改めさせる写りだと感じました。
これからしばらくは常用レンズになりそうです。
少なくとも、注文してあるシグマの150マクロが来るまでは・

・・・いつになったら来るのかしら?



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-05-28 20:39 | 路傍の花
<< D4に期待していたこと プロ機の画質とは >>