とうとう五十路になりました ~ いなきち

新しい楽しみ

新しい楽しみを見つけてしまいました。
それは、「スクエアフォーマットによるマクロ撮影」です。

きっかけは、大好きなレンズの一つであるCarl Zeiss Distagon T* 2.8/25 (ZS)のE-M5での使い途について考えていた時です。
このレンズをE-M5に付けると、被写体に17cmまで寄れる焦点距離50mm相当のマクロレンズになります。
ところが、この50mmという焦点距離が、マクロレンズとして中途半端だとずっと感じていたのです。

ワタクシは背景を入れて撮る「広角マクロ」も好きな分野の一つなのですが、50mmだと中途半端な範囲しか写らず、「広角」とは言えません。
また、最短撮影距離まで近づいたとしても、ある程度は背景が入ってしまうので、「クローズアップ」と言う感じでもないのです。

で、ふと思いついたのが、余計な背景を入れないために、横をカットしてしまえばどうか・・・すなわち、スクエアフォーマットで撮ると言うことです。

早速試してみました。


e0308416_19504629.jpg
 【高橋1丁目】 OLYMPUS OM-D E-M5 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 (ZS) / F8 AE / ISO200 / RAW

e0308416_19505632.jpg
 【高橋3
丁目】 OLYMPUS OM-D E-M5 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 (ZS) / F4 AE(+0.3) / ISO200 / RAW


撮影時にスクエアフォーマットで撮ることは初めての経験です。
とりあえず、画面一杯に被写体を入れて撮ってみました。

縦横に余白がなく、圧迫されるイメージがあるため、迫力を感じますね。
花マクロとしては、これ以上単純な撮り方はなく、素材の造形、色をストレートに伝える撮り方だと思います。
悪くないですね。


e0308416_1951590.jpg
 【下野緑町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 (ZS) / F5.6 AE / ISO200 / RAW

e0308416_1951785.jpg
 【下野緑町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 (ZS) / F2.8 AE(+0.7) / ISO200 / RAW

次に、被写体を端の方に寄せてみました。
主題と副題という関係が、四角の中に凝縮されています。
3:2フォーマットより、背景にある程度意味を持たせないといけないように感じます。


e0308416_19511470.jpg
 【下野緑町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 (ZS) / F2.8 AE / ISO200 / RAW

e0308416_2042237.jpg
 【下野緑町】 OLYMPUS OM-D E-M5 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 (ZS) / F5.6 AE / ISO200 / RAW

画面上の対角線で主題と背景を分けると、とてもバランスが取れた構図になるようです。
これが分かったのが、今日一番の収穫でしょうね。


e0308416_19512897.jpg
 【高橋6丁目】 OLYMPUS OM-D E-M5 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 (ZS) + RAYNOX 250 / F2.8 AE / ISO200 / RAW

e0308416_19512630.jpg
 【天王南】 OLYMPUS OM-D E-M5 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 (ZS) + RAYNOX 250 / F4 AE / ISO200 / RAW

RAYNOXのマクロアダプタも試してみました。
RAYNOX 250はマスターレンズとの相性がとても大事で、相性が悪いと元がいくら素晴らしいレンズでも、画質的に満足できない場合があります。
この点、Distagon 2.8/25との相性はバッチリで、今までも何かと重宝していました。

ただし、このレンズでRAYNOX 250を使う場合、用途は撮影倍率を上げるためではありません。ボケ味を柔らかくするために使うのです。
ワタクシの感覚では、アダプタ装着により約1段強、強いボケが得られるので、背景が近くにある場合、二線ボケを避けることが出来ます。
これは大変便利です。

e0308416_19514927.jpg
 【高橋3丁目】 OLYMPUS OM-D E-M5 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 (ZS) / F5.6 AE / ISO200 / RAW

e0308416_1951475.jpg
 【天王南】 OLYMPUS OM-D E-M5 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 (ZS) / F5.6 AE / ISO200 / RAW

e0308416_19515181.jpg
 【高橋3丁目】 OLYMPUS OM-D E-M5 / Carl Zeiss Distagon T* 2.8/25 (ZS) / F2.8 AE / ISO200 / RAW

ワタクシお得意の構図も試してみました。
横に狭いためか、目線がさまよいませんね。
とても居心地が良く思います。


今日一日、スクエアフォーマットでたくさんのカットを撮ってみましたが、非常にワタクシと相性が良いと感じました。
何より画面が狭いので、構図をきちんと考えてから撮っている自分に驚きました(笑)

「写真は引き算」とよく耳にしますが、意味は知っていても実戦はなかなか難しいですよね。
そこで、スクエアフォーマットにより強制的に「引き算」をせざるを得なくする、ということもありかと(笑)


今日は、久しぶりに撮影しながらワクワクした一日でした。
しばらくスクエアフォーマットを追求してみようと思います。



*****************************************************************
旧ブログ「私、ボケたくございません。」はこちら → http://minarai39.blog112.fc2.com/
*****************************************************************
[PR]

by inakichi88 | 2013-05-05 20:36 | 路傍の花
<< カラダは丸いが、真四角劇場 ~... 下克上? >>